オンライン診療対応クリニック病院検索・クリニック動画紹介のイシャチョク

ファイザーの新型コロナワクチン、初回投与190万人でのアレルギー反応は/CDC

  • TOP
  • コラム
  • ファイザーの新型コロナワクチン、初回投与190万人でのアレルギー反応は/CDC
2021年1月15日

 米国で2020年12月14~23日間に接種されたファイザー・ビオンテック製COVID-19ワクチン189万3,360回のうち、21例(11.1例/100万回)にアナフィラキシーが発現し、71%は15分以内に発症した。2021年1月6日、米国疾病予防管理センター(CDC)が発表した。

 米国では2020年12月23日の時点で、189万3,360人(女性117万7,527人、男性64万8,327人、性別不明6万7,506人)に行われたCOVID-19ワクチン1回目の接種者の中で、4,393例(0.2%)に有害事象が報告された。有害事象からアナフィラキシーを含む重度のアレルギー反応の可能性がある175例を調査した結果、21例(11.1例/100万回)がアナフィラキシーと判断、うち17例はアレルギーまたはアレルギー反応の既往、7例はアナフィラキシーの既往があった。

 ワクチン接種から症状発現までの中央値は13分(範囲:2~150分)で、15分以内が21例中15例(71%)、15~30分が3例(14%)、30分以降は3例(14%)であった。21例中19例(90%)がアドレナリン(エピネフリン)による治療を受け、内訳は皮下注1例、筋注18例であった。入院は21例中4例(19%)で、救急治療は17例(81%)だった。その後の経過をたどることのできた20例は治療により全員回復、退院した。

 なお、アナフィラキシーではないと判断された154例中、86例は非アナフィラキシー性のアレルギー反応、61例は非アレルギー性の有害事象と判断され、7例は調査中であった。

←戻る