笑顔が素敵な人になるためのトレーニング
(画像=naka/stock.adobe.com)

美しくあるためにも、コミュニケーションを円滑にするにも、お顔の表情は大事なポイント。微笑みひとつで、仲良くなれたり、親しみを持ってもらえたりします。しかし、笑顔にも練習が必要です。具体的なトレーニング方法を解説します。

目次

  1. 外見は内面の表われ、美を育くむ心の在り方
  2. チャレンジすると顔の形が変わる?
  3. 顔にはたくさんの筋繊維がある
    1. 豊かな表情に、美しさが宿る
  4. 顔もトレーニング次第
    1. 顔をリフトアップする
    2. 微笑みがすべてを包み込む

外見は内面の表われ、美を育くむ心の在り方

美は女性にとって、永遠のテーマ。いつまでも綺麗でありたい、世の女性は、そう思っています。

とかく、化粧品やスタイルに目が向きますが、本当に大事なのは「こころ」です。意地悪ばあさんは、意地悪だから、そのような表情になるのです。

20歳の顔は自然の贈り物。
50歳の顔はあなたの功績。
Nature gives you the face you have at twenty;
it is up to you to merit the face you have at fifty.


ココシャネルのこの言葉にもあるように、顔は、もって生まれた造作でなく、功績です。どんな表情で過ごしてきたで、骨格まで変わってきます。

チャレンジすると顔の形が変わる?

頭やお顔の形は、変わるのでしょうか?「変わります」が正解です。

例えば、イライラカリカリしやすい人は、頭のハチがとがっています。リラックスできるようになると、不思議と、頭の形がまぁるく変わります。ものの数分で変わることもあるほどです。

  • 新しいことにチャレンジする
  • 何か普段と違う脳の回路を使う

こんなことを試した翌朝、鏡をよく覗き込んでください。お顔の様子が変化しているはずです。おでこが、せり出ていませんか?

気が付いていないだけで、骨格やお顔は、案外、毎日変化しているものです。3Dプリンターのようなもので日々計測できたら、変化が分かり易いのかも知れません。

このような微妙な変化を見逃さずに、自分のコンディションを把握できたら、休息が必要なのか、良いコンディションだからこのままガンガン行こう!など、見極めることできます。

自分と向き合う時間を、ぜひ、大事にして欲しいです。

顔にはたくさんの筋繊維がある

顔にはたくさんの筋繊維があります。会話をすることでも、筋肉をしっかり動かしているのです。

もし、この筋繊維にハリがなくなれば、お顔がタルミます。何もしなければ、顔は下に向かって広がります。2cmほどの変化があるとも言われます。お顔だけで2cm変わるので、印象はかなり変化します。

しっかりと、毎日の暮らしの中でトレーニングできたら、それだけでお顔はリフトアップします。パソコンやスマホとの付き合いが深くなる中、目の周りの筋肉も、しっかり動かせるように、心掛けてください。

豊かな表情に、美しさが宿る

表情が豊かな人は、とても魅力的に映ります。しかし、外国人に比べると、日本人は表現が大きくありません。表情筋を使わなくても話しやすいという日本語の特徴も関係しているかもしれません。英語やフランス語は、頬の動かし方、口周りの筋肉も、大きく使います。

人間関係に悩まれる方も多いのですが、コミュニケーションを円滑にするにも、表情は大事なポイントになります。微笑みひとつで、仲良くなれたり、親しみを持ってもらえたりします。

笑顔にも、練習が必要です。笑顔のパターンを4つくらい持っていると、さまざまな場面で使えます。

顔もトレーニング次第

お顔の筋肉も、トレーニング次第で変わります。目の周りは、特に、疲れが溜まりやすいものです。

簡単にできるトレーニングに「時計の文字盤を追う」という方法があります。

  • 時計回りに、12時、1時、2時、3時・・・と目で追います
  • 2周してみましょう
  • 次は、時計と反対周りに、12時、11時、10時、9時・・・と目で追います
  • これも2周します

これを行うだけで、眼の周りの筋肉がスッキリし、瞳の輝きも増します。場所を選ばずどこでもできるので便利です。1時間パソコンに向かったらやってみる。移動時間の隙間を利用してやってみる。メイクの前のお顔のトレーニングとしてもおすすめです。ぜひ一度、試してみてください。

顔をリフトアップする

お顔のリフトアップに興味がある方もとても多いです。特に、40代、50代なると、たるみやほうれい線が気になってきます。

月に一度の特別なエステよりも、日々のケアです。毎日、口角を上げるだけで、表情はまったく変わります。

「あえいおうおあお」「かけきくけこかこ」としっかり声に出すだけで、口周りの筋力アップができます。ささやかな積み重ねですが、5年後、10年後、やっている人とそうでない人の違いは歴然です。

バスタイムを利用して、あるいは、朝起きた時のルーティーンに、簡単なトレーニングとして加えてみてください。

微笑みがすべてを包み込む

赤ちゃんを見て、嫌な印象を受ける人はいないと思います。あの柔らかな表情は、誰をもほっこりさせる、魔法のような微笑みです。人間関係に悩む人は非常に多いのですが、まずは、微笑むことが大事です。

周知の相手に対してだけでなく、スーパーのレジで、ランチをしたレストランで、ニッコリと微笑む。これ、実は案外みなさんがしていないことです。だから「微笑みの人」として印象に残ります。

人とのコミュニケーションを、微笑みからスタートできれば、人間関係はスムーズに運ぶことが多いです。微笑みの習慣にすること、これを日々心掛けていきましょう。

高橋智子
髙橋 智子(たかはし・ともこ)
1969年生まれ。長野県松本市在住。既婚。3児のママ。小顔美整体セラピスト。小顔施術サロンオーナー。集中力認定トレーナー。美集中™アカデミア主催。オンライン講座にて、小顔セルフケア法、ワインソムリエ、テーブルマナー、ビジネス構築クラス。モナコ本部の慈善団体アミチエジャポン松本支部長。小顔になる素敵サポート「とも先生」として自身のサロンで小顔施術、骨盤ゆがみなど全身調整、外見を整える施術を行っている。女性磨きのきほんの「き」である「内面」から輝くメンタルケアや、モテるマナー術を行っている。
Facebook/Instagram