りんご病とは?大人や妊婦がかかるとどうなる?症状や原因について解説
(画像=(画像=Evgen:stock.adobe.com).jpg)

りんご病とは、子どもがかかり易いウイルス性の感染症です。よく耳にする感染症でもあることから、「りんご病はどんな症状や原因がある?」「大人も感染する?」「妊婦がかかっても大丈夫?」といった疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。本記事ではグローバルヘルスケアクリニックの水野泰孝先生が、りんご病の症状や特徴、対処法についてご紹介しますので、参考にしてください。

目次

  1. りんご病とは
  2. りんご病の症状
    1. 子どものりんご病の症状
    2. 大人のりんご病の症状
    3. りんご病はどうやってかかる?
    4. りんご病の原因
    5. りんご病の感染経路
    6. りんご病の病院における診断や治療法
  3. りんご病になった時の自宅での対処法
    1. かゆいときは冷やす
    2. 身体を清潔に保つ
    3. 室内は適度な湿度を保つ
  4. りんご病についてのQ&A
    1. 学校や保育園には行ける?
    2. 妊婦がりんご病になったら赤ちゃんはどうなる?
    3. りんご病に一度かかったら免疫がつく?
  5. りんご病の重症化リスクは少ないが鑑別のために病院へ

りんご病とは

りんご病(リンゴ病)は、正式名称を「伝染性紅斑」と言い、ウイルスによる感染症の一種です。0歳から9歳くらいまでの子どもが感染することが多いのですが、大人になって感染することもあります。

りんご病と言われるのは、頬にできた赤い発疹がりんごに似ているためです。手足や胸部、腹部にもレース状の赤い発疹ができることがあります。

りんご病の症状

りんご病の症状は、頬に赤い発疹ができるのが特徴ですが、その他にも身体全体に痛みやこわばりなどの症状が見られることがあります。ここでは、子どもと大人のりんご病の症状について、それぞれ解説します。

子どものりんご病の症状

頬が赤くなる前に、咳や鼻水などが出て、軽度の発熱を伴うことがあります。さらに、倦怠感や頭痛、筋肉痛などの症状に見舞われることもあります。周囲に感じやすいのは、頬が赤くなる前の微熱や倦怠感を伴う初期の時期です。頬が赤くなるころには、ウイルスの感染力も弱くなっていると言われています。

大人のりんご病の症状

大人のりんご病も、子どもと同じような症状を伴います。子どもとの違いは、関節痛に見舞われ、ときに身体を動かせない程の痛みを伴う場合があることです。また、朝の起床時に手足がむくんで、手の指が曲げられないこともあります。

りんご病はどうやってかかる?

りんご病はウイルスが原因だと言われますが、どのようなウイルスがどういった経路をたどって感染するのでしょうか。ここでは、りんご病の原因となるウイルスや感染経路についてお伝えします。

りんご病の原因

りんご病の原因は、「ヒトパルボウイルスB19」と言われるウイルスによる感染です。ヒトパルボウイルスB19の潜伏期間は10~20日で、ほとんどの場合は合併症を起こしたり、重篤化したりすることなく自然に回復すると言われています。

りんご病の感染経路

りんご病の感染経路は、患者の咳やくしゃみに含まれるウイルスから感染します。年により流行する時期は異なりますが、1~7月にかけて患者の数が増えることが多いです。

頬が赤くなる前に、もっとも感染しやすい時期が訪れるため、感染を予防するのが難しいウイルスだと言われています。

りんご病の病院における診断や治療法

病院でりんご病の診断がされる場合は、頬が赤くなっていることを診察した上で、りんご病が疑われる場合に血液検査が行われます。

りんご病の症状が軽いことから、病院ではとくに、治療が施されることはありません。そのため、発熱を抑えるために解熱剤が処方されるなどの対処療法のみが行われます。

りんご病自体の症状は軽いのですが、自己免疫疾患や他の感染症との鑑別を行うことは重要です。りんご病だと自己判断せずに、病院を受診するようにしましょう。

りんご病になった時の自宅での対処法

りんご病になると、発熱以外にもかゆみや喉の痛みなどを伴うこともあります。ここでは自宅における、りんご病のかゆみや喉の痛みへの対処法について解説します。

かゆいときは冷やす

かゆみがあるときは、炎症が起きている可能性があるため、冷やすようにしましょう。掻いてしまうと、傷ができて、かゆみが悪化する場合があります。

身体を清潔に保つ

発疹があるときはシャワーなどで身体をサッと流して、清潔に保ちましょう。発疹があるときに、入浴をすると身体が温まることで、かゆみが悪化することがあります。かゆみを悪化させないためにも、シャワーの利用をおすすめします。

また、身体を洗う際は、皮膚への刺激を抑えられたボディーソープで、優しく洗うようにしてください。

室内は適度な湿度を保つ

喉が痛い場合は、加湿器やディフューザーで湿度を40%以上に保つようにすると良いでしょう。空気が乾燥すると、りんご病以外の感染症にもかかり易くなります。加湿器などがない場合は、濡れタオルを吊るしたり、マスクをしたりするのもおすすめです。

りんご病についてのQ&A

ここでは、りんご病に関する疑問にお答えします。多くの方が疑問に思うことを紹介しますので、参考にしてください。

学校や保育園には行ける?

りんご病になっても、学校や保育園には行けます。りんご病に特徴的な紅斑が出て、病院での診断が確定するころには、ほとんど感染力がないと言われています。ただし、他の感染症や病気との鑑別が必要であるため、医療機関の受診をおすすめします。

妊婦がりんご病になったら赤ちゃんはどうなる?

妊婦がりんご病にかかったために、赤ちゃんに障害が現れたとの報告はありません。りんご病を発症するヒトパルボウイルスB19は、胎児の赤血球に感染して貧血を起こしたり、心臓に負担がかかってむくみが出たりすることがあります。

りんご病になっても、臓器の発育には影響を及ぼさないため、赤ちゃんには障害が出ないと考えられます。ただし、流産の原因になる可能性はあるため、りんご病にかからないようにするのは大切です。

りんご病に一度かかったら免疫がつく?

りんご病に一度かかると、免疫が付くため、その後に感染することは二度とありません。ただし、りんご病の症状が治まった後の約1ヶ月間で、一時的に発疹が現れることがあります。しかし、これは感染のために現れる発疹ではありません。

りんご病の重症化リスクは少ないが鑑別のために病院へ

りんご病は、顔に紅斑ができる子どものかかり易い感染症ですが、大人が感染する場合もあります。

子どもの場合は、紅斑以外に鼻水が出たり、軽く発熱したりします。大人の場合は、関節に強い痛みを伴うことがありますが、生命に影響を及ぼすような重症化のリスクはないと考えられます。

りんご病は、他の感染症や自己免疫疾患との鑑別が必要です。そのため、りんご病だと自己判断せずに病院を受診するようにしましょう。

水野泰孝
水野 泰孝(みずの・やすたか)
日本小児科学会認定小児科専門医 /アレルギー専門医 /感染症専門医
国際協力機構(JICA)顧問医として7年間勤務。大学病院やナショナルセンターを基盤に小児科および感染症内科、特に熱帯感染症の臨床と研究、海外渡航者の健康管理などに長年携わる。 2020年6月にプライマリケアを行う診療所「グローバルヘルスケアクリニック」を開設。感染症に関するTV・ラジオ出演は2020-2021年だけで1000件近い。
グローバルヘルスケアクリニック