知っておきたい!子どもの”息が苦しいサイン”―かぜやぜんそくのお子さんの保護者の方へ

小さな子どもはかぜから肺炎になって呼吸がしづらくなることがあります。また、ぜんそくの子どもはかぜを引いたりほこりを吸い込むことで呼吸状態が悪くなることがあります。病院を受診すべき”息が苦しいサイン”について説明します。

呼吸状態は服を脱がせてチェックする

咳により呼吸に問題が生じた場合、酸素を体に取り入れられず苦しく感じ、悪化すると死に至ることもあります。大人は自分の体の変化に気付いても、小さな子どもは気付くことができなかったり、苦しい状態をうまく言葉で伝えられないことがあるので、子どもの変化に大人が気づくことが大切です。

小さな子どもは、服を着た状態では呼吸状態がわかりにくいため、服を脱がせ、胸の動きなどから呼吸の仕方を確認することが必要です。

息が苦しいサイン―こんなときは受診を!

・呼吸が早く、明らかにハーハーしている(発熱でも呼吸は少し早くなります)

・ 呼吸のたびにゼーゼー音が聞こえる

・“変な咳”をしている(「犬が吠える」“「オットセイが鳴く」と表現される、普段と異なる咳は、クループの可能性があります)

・呼吸のたびに鼻穴が大きく広がり、うなずくように頭が上下する(特に乳幼児)

・息を吸うたびに鎖骨の上、胸鎖乳突筋(首から鎖骨につながる筋肉)のまわりや肋骨のまわりがへこみ、骨や筋肉が浮き出る

・息を吸うたびにお腹が大きく膨らむ

・顔色が悪い

・唇が青い

・元気がない

・いつもと違ってゴロゴロ横になってばかりいる

・呼吸が苦しく横になれず、座ったままの状態でいる

子どもの呼吸は変化しやすい

初めて見ただけでは息苦しいサインが出ているかわかりにくいこともあるので、普段から元気な時の呼吸の様子を確認しておくと良いでしょう。

また、子どもの呼吸状態は変化しやすく、朝は問題なくても夕方には悪くなることもあるので、せき込んでいる時は朝、昼、晩、と呼吸状態を確認しましょう。

子どもが咳をしていたら、服を持ち上げて呼吸状態を確認してみてください。