朝起きられない、学校への行き渋り―自律神経機能の低下が原因かも?

小学校高学年や中学生の児童から、だるさ、食欲不振、立ちくらみなどの症状で朝起きられずに困るとの相談を多く受けます。「だらだら怠けている」と誤解されがちな症状は、「起立性調節障害」が原因の場合があります。

起立性調節障害は自律神経機能の低下が原因

思春期には身体の様々な機能が急激に変化し、自律神経機能も影響します。元々の体質に加え、身体の変化による過剰なストレスが自立神経機能障害の発症の引き金となることもあります。症状には、睡眠障害、消化器症状、精神症状(思考力の低下、イライラ)があります。この障害は午前中に起こるため、不登校に繋がることもあります。

起立性調節障害では自律神経機能が低下して立ち上がった際に血管を十分に収縮できず、心臓から脳に血流が送られないため、立ちくらみや失神などが起こります。

下記の症状が出ていれば起立性調節障害かもしれません。

・立ちくらみがある

・長時間の起立や入浴時に気分が悪くなる

・少し動くと動悸や息切れを感じる

・朝起きにくい

・顔色が青白い

・食欲がない

・腹痛や頭痛が多い

・疲れやすい

・乗り物に酔いやすい

日常生活の工夫で改善されることもあります

起立性調節障害では下記のような日常生活の工夫が大切です。

・水分を多めに摂取する

・塩分を多めに摂取する

・立ち上がる時はゆっくりと立ち上がる

・早寝早起きの生活リズムにする

・朝しっかりと日光を浴びる

・軽い運動習慣を身につける

日常生活の工夫をしても体調が改善しない場合には薬物治療を行うこともあります。その他の疾患の可能性もあるので、医療機関でのご相談をおすすめします。

不登校が続くことも珍しくありません

日常生活の工夫、薬物療法などを行っても朝起きられない場合は、症状が落ち着いてから登校を促してください。学校とも情報共有し、午後からの登校や別室登校などを相談してみましょう。登校が難しい場合には、気持ちが落ち着く人と一緒に本人の好きな場所へ外出して、日中に身体を動かし、社会との繋がりを保つことが重要です。この疾患にかかりやすいのは真面目で周囲に気遣いのできる過剰適応気味の子どもであることが多く、精神的なトラブル・疲労からのSOSである可能性もあり、小児科、児童精神科への相談や十分な休養が必要です。

朝起きが悪いと子どもも家族もイライラしがちで、親子関係が悪化することもあります。身体の病気は本人の努力で克服できるものではないので、まずは医師に相談してください。