オンライン診療対応クリニック病院検索・クリニック動画紹介のイシャチョク

湿疹の症状を解説!湿疹の主な原因は?湿疹が出た場合の対処法や予防法・受診目安をあわせてご紹介します

  • TOP
  • 山田貴博

最終更新日:2021年8月24日

湿疹の症状を解説!湿疹の主な原因は?湿疹が出た場合の対処法や予防法・受診目安をあわせてご紹介します

こちらの記事の監修医師
天下茶屋あみ皮フ科クリニック
山田貴博 先生

〇病院名 :天下茶屋 あみ皮フ科クリニック
〇医師  :山田貴博
〇アクセス:大阪市西成区岸里1−1−4
〇診療科 :皮膚科
〇経歴:名古屋市立大学医学部卒
卒業後は大阪大学大学院医学系研究科 神経細胞生物学講座で基礎医学研究に従事。
NTT西日本大阪病院、阪南中央病院で研修後、阪南中央病院皮膚科に勤務。

季節の変わり目やホルモンバランスの不調などにより、人それぞれに起こる皮膚の湿疹や皮膚炎。
症状はもちろん原因も様々です。
急に症状が出てすぐにおさまるのか、これから長く続くのか、自分で治せるのか病院に行くべきか、身近な疾患だからこそ悩んでしまいます。
湿疹の代表的な症状や原因、自分でできる対処法や受診目安を幅広く確認しておきましょう。

湿疹の主な症状

湿疹といっても様々な症状があります。
かゆみの出る湿疹から赤くぶつぶつしているもの、皮膚がふくれあがる水ぶくれなどが代表的でしょう。
ここからは湿疹の特徴や症状を取り上げていきます。

かゆみ

腕がかゆい、背中がかゆい、手のひらがかゆいといったかゆみの出る湿疹があります。
かゆみを感じるのが時々という事例は、季節の変わり目や皮膚への潤いが失われる冬や春先の乾燥時期に起こりやすいです。
逆に、汗をかく夏場にも乾燥は起こります。
汗が体内から放出された分、水分補給をこまめに行わないと体はカラカラに乾くので、夏なのに乾燥し皮膚に影響が出る人もいるのです。
かゆい部分、かいた部位が赤くなる事もあり、かゆみのある皮膚部位をかきむしって赤みとかゆみが広がる事も少なくありません。
また乾燥によるかゆみは個人差がありますが、他にもかゆみの症状がでる事があります。
原因は食べ物によるものや日焼け化粧品など体内・体外から様々です。
またストレスや緊張感・不快感など心的な原因もあります。
かゆみが常にあるという方はアレルギーなども視野にいれておくといいでしょう。

赤いぶつぶつ

赤いぶつぶつした発疹がでる事があります。多く目にするのは手湿疹です。
主婦湿疹とも呼ばれており、手のひらにでる湿疹で小さい丸型の赤くぶつぶつとしているものです。
人によっては痛みやかゆみを伴います。
水洗いを頻繁にする、水仕事をしている方などに発症が多い症状です。
また洗剤が肌に合わない、使用している皮膚にふれるものが自分にとって刺激が強すぎるなどの可能性も考えられます。

水ぶくれ

かゆみや赤みがない、ぷくっと水を含んだ丸型の湿疹ができている場合は痛みを感じることがあります。
こうした水ぶくれは皮膚への負担、圧力や刺激を与える事が原因でできてしまうものです。靴擦れなどがいい例でしょう。
自分に合わないサイズの靴や履きなれない靴を一日我慢して履き、かかとの痛みに目をやると水ぶくれが生じている事があります。
サイズが大きすぎると靴の中で足が動きやすく、靴と足の間でおきる刺激や摩擦により水ぶくれが起きてしまっているのです。
大人だけではなく、子供も鉄棒など圧力をかける運動をすると水ぶくれが手のひらに発症することがあります。

湿疹の症状の出方は様々

一言に湿疹といっても個人差があります。
ある一定の時期にでる症状もあれば、昨日までは何もなかったのに急に発症したということもあります。
一時的なものから長期的なものまで起こりうるのが湿疹です。
中には口内や耳の中にも症状が出る場合もあります。
かゆみや痛みがおさまらず、不安を抱く時間が増えるならば早期の対処をおすすめします。

湿疹の種類

湿疹が出て病院に行くと、いつから出たのか、同じような湿疹が出たことがあるか質問されます。
湿疹は発症のタイミングによって2種類に分けられるため、医師はどちらに分類されるか確認しているのです。

急性湿疹

ほんの1時間前までは何もなかったのに急に皮膚にかゆみが走り湿疹がでたという場合は、急性湿疹と考えていいでしょう。
その名の通り、急に発症する皮膚炎ですので、その時の状況や環境を思い出すことが重要です。
何を食べたか、何か薬を飲んだか、虫がいる場所に滞在したか、紫外線の当たる場所にいたか。
毎時おきに何をしていたかを思い出す事で湿疹の原因がみえてくる可能性があります。

慢性湿疹

慢性湿疹は常に皮膚炎が起きている、あるいは急性湿疹を治しきれなかった場合に起こります。単に湿疹を掻き続けただけでも慢性化します。アレルギー
花粉や金属にふれ続けるうちに赤いぶつぶつやごわごわした皮膚が広がったり、アトピー性皮膚炎も慢性湿疹としてよく知られています。

自分では軽い湿疹だと思っていたけれど、アレルギーテストをしたら金属アレルギーだったという方もいます。
乳幼児のアトピー性皮膚炎では何かを食べると必ず湿疹が出るということがあります。

湿疹の原因

湿疹にはどの様な原因があるのかも確認しておきましょう。
自発的に起こしているかもれない隠れた湿疹原因もあり、湿疹予防のためには知っておく必要があります。

外的要因

湿疹の中でもわかりにくいのが外的要因です。
外的要因とは、運動による摩擦や刺激がよく知られています。
湿疹の要因は紫外線によるものや、花粉や黄砂、虫刺され、ハウスダスト(ほこりによる湿疹)、カビなど様々です。
自分では気づかないハウスダストによる湿疹は、ほこりが多い場所にいくとなぜか体がかゆくなる、目がかゆいなどの症状で気付きます。
普段と同じ事をしていても体調によって湿疹が出やすくなることはありますので、自分の体調によく注意を払っておきましょう。

内的要因

内的要因にとしては食べ物肌のバリア機能、自身の皮膚の強弱によるもの、心理的要因が挙げられます。
乳幼児では、鶏卵や牛乳、小麦などの食品によってアレルギー反応が起こる場合は比較的分かりやすいでしょう。
しかし健康状態の悪化による湿疹や、皮膚を守る皮脂膜・バリア機能の低下は自覚しにくいものです。
自身の判断で放置せず、一度皮膚科を受診するとよいでしょう。

湿疹の対処法

湿疹が起こってしまったとき、今すぐにできる湿疹の対処はあるのでしょうか。
セルフケアの一環でできる湿疹の対処法をご紹介します。
まずは患部を冷やすのがおすすめです。
かゆいからといってかきむしってしまうと、炎症が広がったり傷になったりするため避けた方がよいでしょう。
かゆい部分は炎症により血行がよくなっているため、冷やすことで血行を抑え、かゆみを落ち着かせることができます。
手袋をして外部からの刺激を避けることも有効です。
また、かゆみを抑える軟膏やクリームを使っても効果が見込めます。
ただし症状がひどい場合は我慢せず、早めに医療機関を受診しましょう。

湿疹の予防法

自身でできる湿疹や皮膚炎の予防を日々のルーティーンにする事で気持ちも楽になります。
「徹底的に予防しよう」と追い込むと負担になりがちです。
「気軽に予防しておこう」という感覚で行ってみましょう。

肌を清潔に保つ

基本的な事ですが、肌を清潔に保つことがなかなかできていない方もいるようです。
1日くらい手を抜いても大丈夫だろう、と思ってしまいがちですが日々の継続が湿疹予防につながります。
春から夏にかけての季節は汗をかきやすくなりますので、こまめに汗をふきとりましょう。
また皮膚に毎日触れる枕カバーは1日おきに洗うなど、ちょっとしたことを意識的に行っていきましょう。
肌を清潔に保つことで湿疹や皮膚におこるトラブルの予防になります。
メイクを落とさず眠るのはご法度です。目には見えませんが皮膚も呼吸をしています。
メイクは肌に蓋をしている状態です。
疲れていてもメイクはきちんと洗い落として肌に呼吸をさせ、休ませてあげてください。

日々のスキンケアを念入りにする

肌を清潔に保つのは基軸におきつつ、毎日のスキンケアもぜひ追加してほしい予防ポイントです。
湿疹・皮膚トラブルをセルフケアで予防したい場合、スキンケアで重視すべきは保湿です。
肌に保湿力を与えて強くすることにより皮膚のバリア機能を高めることができます。
肌トラブルを予防するなら、スキンケア化粧品をただ塗るのではなく、もう一歩手をかけましょう。
化粧水やパックなどを肌にのせ、保湿機能の高いクリームでマッサージするように塗りこみます。
身体も同じく身体専用の保湿クリームを使いましょう。
お風呂あがりに自分に合うスキンケア用品で念入りに保湿すると、肌トラブルの予防に大きく貢献してくれます。
冬は乾燥時期なので冬だけ念入りにスキンケアする方もいますが、保湿は1年通して行うべきです。
季節を問わず、肌の調子がおかしいと思ったら冬に行っているスキンケアを行ってみましょう。

肌の刺激を避ける

肌への刺激や負担を避けるというのは簡単に行える湿疹予防法です。
硬いタオルで顔をゴシゴシ拭く方は少ないですが、柔らかいタオルでも摩擦は避けましょう。
柔らかいタオルで優しく水を吸い上げるようにしてください。
保湿のための基礎化粧品や虫よけのスプレー、紫外線カットのクリームなどで肌トラブルを未然に防ぐことは大切です。
しかし落とし穴もあります。
使い慣れないものを使ってしまったというパターンです。
スキンケアをするために新しい化粧品を揃えたのに、なぜか肌が荒れる、湿疹がでるという例があります。
新しい化粧品が自身の肌には刺激が強すぎるか、肌が拒否反応を起こしている可能性があります。
スキンケア製品の買い替え時期は、手の甲にまず少量を塗って経過をみるセルフテストでチェックしてみましょう。
購入の際に以前使用していたスキンケア用品と大きく違う成分、新しい成分が入っているかなども見ておくのも予防の1つです。
スキンケアによる湿疹の予防は、自分が使うものをコントロールする外部要因も含んだ予防法です。
普段自分が使うもの、肌にあてるものには十分注意しましょう。

湿疹の受診目安

慢性的に湿疹が出る方や、春先はなぜかかぶれやかゆみが走るといった分かりやすい湿疹の場合は、都合がいい時に皮膚科、内科の受診をするのがおすすめです。
医療機関であれば医師の判断でアレルギーテストを受けることができます。
その結果と照らし合わせれば、定期的に出る湿疹の原因がはっきり分かります。
原因が分かれば、時期に合わせて対処・予防が行えます。
急性湿疹の場合は少し注意が必要です。
特に急に湿疹・かゆみ・かぶれが2週間経過しても全く改善されない場合は
皮膚科・内科などの病院の受診をおすすめします。
2週間はあくまで目安なので、2週間の中で湿疹だけでなく発熱や関節の痛みなどの症状もおこったら、すぐに受診してください。
湿疹だけなら2週間程度の経過観察は許容範囲ですが、何か違う病気が隠されている場合もあります。
熱やだるさ、身体の痛みなどの追加反応が起こったら時間をおかずにすぐに受診しましょう。

ドラッグストアで購入できる薬

白色ワセリン保湿力が高く、欧米でもよく使われている保湿クリームです。
成分が少なく小さなお子さんににも安心して使用できます。乾燥肌が気になる方や、保湿力を高めたい方におすすめです。
多少ベタつきがあるので、肌に塗る際は少量を薄くのばして塗るようにしてください。
皮膚科で処方される保湿剤としてヒルドイドが挙げられますが、同様の成分のクリームがドラッグストアで市販されています。
乾燥肌の方におすすめですが、もちろんお子さんにも使用可能です。べたつきが少ないため日常的に使用できます。
最近はドラッグストアでもステロイド軟膏が購入できるようになりました。
皮膚炎やかゆみに対する即効性があるため、我慢できない症状が出ていれば使ってみるといいでしょう。
ただしステロイドは長期使用を避けるべきです。また使用する部位も限定されます。
店頭の薬剤師に相談してから購入してください。

まとめ

湿疹、皮膚炎やアレルギーといった皮膚におこる症状は1人1人違いがあるのが特徴です。
突発的に起きると皮膚科受診を考えますが、慢性的だと放置してしまう方が多く見受けられます。
しかしいつもと同じだと思っていても、そのまま悪化する可能性はあります。
いつもと同じに見えても異なる原因かもしれません。
症状が長引く、あるいは発熱などを伴う場合は皮膚科を受診しましょう。

こちらの記事の監修医師

天下茶屋あみ皮フ科クリニック

山田貴博 先生

〇病院名 :天下茶屋 あみ皮フ科クリニック 〇医師  :山田貴博 〇アクセス:大阪市西成区岸里1−1−4 〇診療科 :皮膚科 〇経歴:名古屋市立大学医学部卒 卒業後は大阪大学大学院医学系研究科 神経細胞生物学講座で基礎医学研究に従事。 NTT西日本大阪病院、阪南中央病院で研修後、阪南中央病院皮膚科に勤務。