オンライン診療対応クリニック病院検索・クリニック動画紹介のイシャチョク

突発性発疹の症状を解説|主な感染経路と潜伏期間は?子どもがかかった時の治療法や完治までの注意点を紹介

最終更新日:2021年8月24日

突発性発疹の症状を解説|主な感染経路と潜伏期間は?子どもがかかった時の治療法や完治までの注意点を紹介

こちらの記事の監修医師
長浜赤十字病院
安齋祐子 先生

〇病院名 :長浜赤十字病院
〇医師  :安齋 祐子
〇アクセス:滋賀県長浜市宮前町14番7号
〇診療科 :小児科
〇経歴: 2001年:自治医科大学卒業
2013~2016年:長浜赤十字病院小児科医長
2016年~2018年:上海グリーンクリニック
2018年~現在:長浜赤十字病院小児科部副部長

赤ちゃんや小さなお子さんの急な発熱は、とても心配になるものです。
そんな発熱をともなう病気のひとつに、突発性発疹があります。
赤ちゃんやお子さんが突発性発疹に感染してしまった時、どうしたら良いのか分からず不安になるおうちの方も多いのではないでしょうか。
突発性発疹はどこから感染し、どれくらいの期間をおいて発症するのでしょう。
突発性発疹の症状や感染経路と潜伏期間、お子さんが突発性発疹に感染してしまった場合の治療法と完治までの注意点を紹介していきます。

突発性発疹の主な症状

突発性発疹は、赤ちゃんがお腹の中にいる時にお母さんにもらった免疫が切れ始める生後6ヶ月頃から感染します。
生まれて初めての発熱が突発性発疹であることも多く、一体何の病気なのかと心配になることでしょう。
そんな突発性発疹の主な症状に、次のようなものがあります。

不機嫌になる

突発性発疹に感染した赤ちゃんやお子さんは不機嫌になることがあります。
突発性発疹には「不機嫌病」の別名があり、よくある症状のひとつです。
発疹が出現し始めると特に不機嫌になりますが、原因は良く分かっていません。
発疹がおさまることで、不機嫌も落ち着きます。

38℃以上の発熱

突発性発疹の主な症状として38℃以上の発熱があります。
前触れなく急に発熱し、38~40℃の高熱が3~4日続きます。

痒みのない発疹

痒みのない発疹も、突発性発疹の主な症状です。
3日ほど続いた発熱がおさまる前後、盛り上がりの少ない小さな赤いプツプツとした発疹が出現します。
その発疹がお腹や背中のあたりから腕、足などに広がっていきます。
痒みのない発疹は熱と同じく3~5日ほどでおさまり、跡も残りません。
この発疹により、突発性発疹の診断がつけられます。

下痢

突発性発疹では軟便や下痢の症状が出現することがあります。
これは必ずある症状ではありませんが、発熱がある頃に始まり、発疹がおさまるころには自然に治っていきます。

突発性発疹の診断方法

突発性発疹には、インフルエンザなどのように簡単に検査する方法はありません
急な発熱から始まり、咳や鼻のような風邪症状が目立たないのが特徴ですが、この症状だけでは病院でも突発性発疹だと診断することができません。
そのため解熱の前後に出現する発疹など、病気の経過を見ながら診断します。

突発性発疹の原因ウイルスの特徴

突発性発疹の原因となるのはヒトヘルペスウイルス6型(HHV-6)ヒトヘルペスウイルス7型(HHV-7)の2種類のウイルスです。
生後半年から1歳くらいまでの赤ちゃんが感染するのがHHV-6、2歳以上のお子さんが感染するのがHHV-7です。
そのため、突発性発疹に2度感染するお子さんもいます。
この2つのウイルスは突発性発疹に感染した人の体内に一生残り、成人のほとんどはこのウイルスを持っています。

突発性発疹の主な感染経路

突発性発疹の原因となるヒトヘルペスウイルス6型(HHV-6)やヒトヘルペスウイルス7型(HHV-7)は、ほとんどの人が3歳ごろまでに感染するものです。
感染済みの人の唾液の中にはヒトヘルペスウイルスが含まれています。
そのため両親や感染済みの兄弟姉妹など周囲の人から、経口感染や飛沫感染すると考えられています。

突発性発疹の潜伏期間

突発性発疹の潜伏期間は、ヒトヘルペスウイルスに感染してから約10日間です。
このウイルスは感染力が弱く、潜伏期間であれば他の人にうつる可能性はほとんどありません。

突発性発疹の治療法

突発性発疹はウイルス性の感染症なので特効薬はなく、抗生剤を投与することもありません。
安静にしていれば自然に治っていくため特に治療は必要としません
発熱も体がウイルスと戦っている証拠ですので、脱水症状にならないよう気を付けながら熱が自然に下がるのを待ちましょう。
ただし赤ちゃんやお子さんが高熱で辛そうな時には解熱剤を使ったり、下痢がひどい時は整腸剤を使ったりなど、必要に応じて対処療法を行います。
心配な症状がある時は病院を受診し、お薬の処方をしてもらいましょう。

突発性発疹の完治までの注意点

赤ちゃんやお子さんが突発性発疹にかかってしまった場合は、どのようなことに気を付ければよいのでしょうか。
突発性発疹が完治するまでの注意点について、いくつか挙げていきます。

保育園は休む

赤ちゃんやお子さんが突発性発疹に感染した時は、保育園や幼稚園はお休みして外出を控え、自宅で安静に過ごすのが良いでしょう。
突発性発疹の場合、熱が下がってお子さんの機嫌が良く、発疹などの全身症状も良くなれば登園しても良いとされています。
解熱して普段通りの元気や食欲があれば、体調は良いと考えて大丈夫でしょう。
元気がない時や不機嫌なときはまだ体調が万全でない状態です。
登園は控え、ゆっくり休ませてあげましょう。

不機嫌な場合

赤ちゃんやお子さんが突発性発疹で不機嫌な場合、ぐずったりなかなか寝てくれなかったり、おうちの方も大変です。
不機嫌の原因が発熱であればこまめに水分補給をさせ、体に熱がこもらないよう薄着にしてあげるなど、快適に過ごせる環境を作ってあげましょう。
発熱がなく元気であれば赤ちゃんやお子さんの喜びそうなことをしてあげるのも良いでしょう。
お気に入りの動画を見せたり、おもちゃで遊ばせたり、抱っこしてあげるなどがおすすめです。

けいれんしている場合

突発性発疹で急な発熱があった時、まれに合併症として熱性けいれんを起こすことがあるため注意が必要です。
けいれんは通常2~3分でおさまって、後遺症が残ることもありません。
意識に問題がなければ、治療の必要はないでしょう。
しかしけいれんが治まっても意識が戻らなかったり、けいれんが10分以上続いたり何度もけいれんを繰り返すという場合もあります。
その他、麻痺や嘔吐があるなど普段と違う様子の時は、夜中であっても緊急に病院を受診しましょう。
また生後6か月未満の赤ちゃんがけいれんを起こした時や、生まれて初めてけいれんを起こした場合も念のため病院を受診したほうが良いでしょう。

意識がもうろうとしている場合

突発性発疹に罹患し、意識がもうろうとしている場合も、注意が必要です。
突発性発疹は、まれに合併症として急性脳症を引き起こすことがあるからです。
急性脳症で亡くなることはありませんが、多くは後遺症が残ります
意識がもうろうとしてずっと眠った状態で起きない、視線が合わない、おうちの方のことが分からないなど普段と違う様子があったら、緊急に病院を受診して検査してもらいましょう。

ご自宅でのケアで気をつけること

高熱が出ている時は、脱水症状を起こさないようにこまめに水分を取らせましょう
ミルクや離乳食、食事や飲み物などはいつも通りで問題ありません。
その場合は無理に与えようとはせず、欲しがる分だけをあげてください。便がゆるいときは、消化の良いものを与えます。
お風呂は入っても大丈夫ですが、熱のあるうちや元気のない時、発疹のひどい時は控えましょう。
大人にはほとんど感染しないので、一緒に入浴しても問題ありません。
突発性発疹に感染したことのない兄弟姉妹には感染する可能性がありますので、お風呂は別にしましょう。

突発性発疹の予防法

赤ちゃんや小さなお子さんの突発性発疹は、見ているほうも辛く心配なものです。
この病気を防ぐためには、どのようなことに気を付ければよいのでしょうか。
突発性発疹の予防法には、次のようなものがあります。

唾液や鼻水からの感染に気をつける

突発性発疹を予防するためには、原因となるウイルスを体内に取り込まないようにすることが大事です。
突発性発疹にかかったことがある人は、全てヒトヘルペスウイルス6型(HHV-6)かヒトヘルペスウイルス7型(HHV-7)を体内に持っています。
そのためご両親や感染済みの兄弟姉妹など、周囲の人からウイルスに感染すると考えられています。
ウイルスは唾液の中に含まれており、経口感染飛沫感染します。
そのため唾液や鼻水など、周りの人の体から出るものに触れさせないことが突発性発疹の予防になります。
以前に感染したお子さんがなめたおもちゃを触らないようにしたり、周りでくしゃみや咳をしている人がいたりしたら、距離を取るなどして注意しましょう。
もし赤ちゃんやお子さんが唾液や鼻水に触れてしまった場合には、水でよく洗い流してください。

他の対処方法は無い

突発性発疹の原因ウイルスに感染しないための予防薬やワクチンは存在しません。
そのため、先述したようにヒトヘルペスウイルス6型(HHV-6)やヒトヘルペスウイルス7型(HHV-7)を体内に入れないことが大切です。
普段からできることとしては、手洗いをして身の回りを清潔に保つことが挙げられます。

突発性発疹の可能性がある場合は早めの受診を

赤ちゃんやお子さんが急に高熱を出し突発性発疹かもしれないと感じたら、様子を見ながら早めに近所の病院を受診すると良いでしょう。
症状が悪化する前に、念のため受診可能な病院や時間帯を確認しておくのが最善です。
急な高熱では、まれに熱性けいれんを起こすこともあります。また、高熱や下痢が続いたときは脱水症状も心配です。
次のような症状がでている場合には早めの受診をおすすめします。

・高熱がいつまでも下がらない
・水分を受け付けない
・元気がない
・吐く
・ぐったりしている

上記のようにお子さんの様子がおかしいときは夜間であっても緊急に受診しましょう。
判断がつかないときは、自治体の看護相談を活用してください。

まとめ

突発性発疹はほとんどのお子さんが3歳ころまでに感染するといわれている病気です。
おうちの方も急な高熱にあわててしまったり、症状のひとつである不機嫌に困ってしまったりすることもあるでしょう。
特効薬がなく予防法も少ない突発性発疹ですが、安静にしていれば10日ほどで自然に治っていく病気です。
赤ちゃんやお子さんが突発性発疹に感染した時には保育園や幼稚園に行くのは控え、ゆっくり休ませてあげましょう。
高熱が続くなど心配な症状がある時は早めに病院を受診し、医師の指示に従ってください。

こちらの記事の監修医師

長浜赤十字病院

安齋祐子 先生

〇病院名 :長浜赤十字病院 〇医師  :安齋 祐子 〇アクセス:滋賀県長浜市宮前町14番7号 〇診療科 :小児科 〇経歴: 2001年:自治医科大学卒業 2013~2016年:長浜赤十字病院小児科医長 2016年~2018年:上海グリーンクリニック 2018年~現在:長浜赤十字病院小児科部副部長

    • 滋賀県長浜市宮前町14-7地図を見る
    • 0749-63-2111
    • JR北陸本線(米原〜金沢) 長浜駅
    • 内科 血液内科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 小児科 整形外科 形成外科 皮膚科
    ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

    0

     
    08:30 - 12:00
    -
    -
    -

    8:30〜12:00原則紹介制、一部診療科予約制科により異なる臨時休診あり

    ※新型コロナウィルス感染拡大により、診療時間・休診日等が表示と異なる場合がございます。ご了承ください。