お腹が痛い原因を解説!腹痛の種類別原因と治療法は?受診する目安や腹痛の部位から考えられる病気もご紹介

最終更新日:2021年8月24日

お腹が痛い原因を解説!腹痛の種類別原因と治療法は?受診する目安や腹痛の部位から考えられる病気もご紹介

こちらの記事の監修医師
すずきこどもクリニック
鈴木幹啓 先生

〇病院名 :すずきこどもクリニック
〇医師  :鈴木幹啓
〇アクセス:和歌山県新宮市下田2丁目3−2
〇診療科 :小児科
〇経歴:株式会社オンラインドクター.com代表取締役CEO
1975年三重県伊勢市生まれ
1995年自治医科大学入学(県からの奨学金制度)
2001年自治医科大学卒業

日本小児科学会認定小児科専門医
国家資格ケアマネジャー

三重県立総合医療センター、国立病院機構三重中央医療センター、国立病院機構三重病院、伊勢赤十字病院、紀南病院
平成22年5月、新宮市に「すずきこどもクリニック」を開院
【製薬会社社外講師・CM出演等】
グラクソスミスクライン社、JCRファーマ社、杏林製薬、明治製菓ファーマ、鳥居薬品

【メディア出演・TV監修】
日本テレビ、読売テレビ、東京MX、テレビ朝日(医療監修)「くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館」

【著書】
日本一忙しい小児科医が教える病気にならない子育て術(双葉社)
開業医を救うオンライン診療(幻冬舎)

2020 年 10 月株式会社オンラインドクター.com を設立。

子どもから大人まで、年間を通して最も多く体を悩ます症状に腹痛があげられます。

腹痛を起こす病気には自然治癒する軽症なものから、外科的治療・手術が必要な重症なものまで種類は多くあります。

痛みの度合いも鈍痛から激痛まで頻度も様々です。

お腹が痛い時には、たとえ軽症でも集中力は消え、食欲もやる気も失せてしまうことがあります。

そして腹痛がもし重大な病気の兆候であったら一大事です。

体の現在の状態を知るために、腹痛の種類原因そして治療法、考えられる病気について説明していきます。

お腹が痛くなる主な原因

腹痛には内臓痛・体性痛・関連痛の大きく3つの種類があります。

内臓痛は鈍い痛みが続き、時間が経つと治る症状です。

体性痛は突き刺すような鈍い痛みで、痛みの部位が特定できます。

腹膜が炎症を起こしている場合もあるため緊急性がある症状の可能性があるのです。

関連痛は体から離れた部位で痛みが起こります。

腹部に痛みがあったとしても異常は認められません。

薬剤による炎症

特定の疾患の治癒目的で処方された薬剤が原因で起きる炎症です。

その副作用の症状として胃・小腸・大腸のびらんや潰瘍、薬剤性出血性大腸炎、偽膜性大腸炎があります。

また、腹痛や下痢、消化管からの出血などがあらわれることがあるのです。

原因薬剤としてあげられるのは、抗生物質や非ステロイド性抗炎症剤(NSAIDs)、プロトンポンプ阻害薬、抗がん剤です。

他には漢方薬など、多くの薬剤が原因となりえます。

発症の場合は原因薬剤を中止し、内服薬などの治療が必要な場合もあります。

アルコールによる炎症

アルコールによる炎症で最も影響を受けるのは肝臓ですが、実は胃腸や膵臓にも負担がかかっています。

特に肝臓への影響は多大です。

肝疾患としてあげられるのは脂肪肝、アルコール性肝炎や発熱・腹痛の症状が出るアルコール肝線維症になります。

さらに飲酒を続けて状態が悪化すると、肝硬変へと進行するのです。

大量または高濃度のアルコールによって胃に負担がかかると、胃の粘膜防御システムが利かなくなります。

そして血流障害として胃粘膜障害を起こすのです。

出血性のただれ(びらん)や潰瘍が発生する急性胃粘膜病変(AGML)、胃潰瘍・十二指腸潰瘍を発症することがあります。

またアルコール性肝硬変となり門脈圧亢進性胃炎を発症することも少なくありません。

その他、胃食道逆流症やマロリーワイス症候群になる場合もあるのです。

小腸や大腸で起きる炎症には下痢やビタミン吸収障害、大腸ポリープなどがあげられます。

飲酒が膵臓へ与える負担の結果として、膵炎を発症することがあります。

膵炎には急性と慢性があり、急性膵炎は生死に関わる病状です。

また慢性膵炎になると、膵臓からのインスリン分泌が低下して糖尿病に移行します。

急性膵炎になり、検査で早期の膵臓がんが発見されることもあります。

ストレスによる炎症

自律神経は、人間の意思とは無関係に体の様々な機能を管理しています。

そして自律神経に大きく影響を与えているのが、ストレスです。

身体的・心因的ストレスが自律神経を狂わせることで、消化管の機能も正常に働かなくなってしまいます。

その結果として過敏性腸症候群(IBS)を起こします。

症状は腹痛や下痢、腹部膨満感、便秘やガスが多くでる、げっぷが出る、食欲不振などです。

ストレスが続くと、内臓に炎症や潰瘍などの異常はなくても慢性化してしまいます。

細菌による感染

細菌やウイルスなどが胃腸に感染して腹痛や下痢、嘔吐などを発症する病気を感染性胃腸炎といいます。

発熱や血便が出ることもあるのです。

よく知られている細菌に、サルモネラ・カンピロバクター・ブドウ球菌・腸管出血性大腸菌(O157)などがあります。

ウイルスではノロウイルスやロタウイルスなどが代表的です。

これらのウイルスは季節性があり、特に乳幼児や高齢者が多く罹患します。

感染力が強く、食品や飲料水、また感染者の便や嘔吐物などからも感染するのが特徴です。

特に保育園や幼稚園、介護施設などでは感染が拡がりやすく、集団発生することもあります。

寄生虫による炎症

代表的な寄生虫疾患として、アニサキス症・ジアルジア症・条虫症があり経口感染します。

いくつか紹介します。

・アニサキス症

・ジアルジア症

・条虫症

アニサキス症は、アニサキスと呼ばれる寄生虫が寄生したサケ・サバ・アジ・カツオ・タラ・イカなどの魚介類を生食し発症します。

1~10時間以内に胃壁や腸壁にアニサキスが入り込み、激しい腹痛や嘔吐、蕁麻疹などを起こすのです。

ジアルジア症は、ランブル鞭毛虫と呼ばれる寄生虫を含んだ生水や生野菜、フルーツなどを飲食し発症します。

1週間程度の潜伏期間のあとに激しい腹痛や下痢、嘔吐などの症状を起こします。

条虫は、サナダムシと呼ばれる寄生虫が寄生した牛肉や豚肉・魚を生食して感染する病気です。

多くは無症状で肛門からひものような虫が排泄されて気付きます。

感染すると1週間程度の潜伏期間後に激しい下痢や腹痛、嘔吐などの症状が出るのが特徴です。

抗生物質で適切に対処せずに慢性化すると胆道に潜り込み、胆嚢炎や胆管炎を発症することもあるのです。

腹痛の種類と発症原因

腹痛の種類には内臓痛・体性痛・関連痛の3種類があります。

それぞれの原因について説明していきます。

内臓痛

内臓痛とは、病巣である内臓が侵害刺激を受けて収縮または弛緩することで起きる痛みです。

痛みの伝達速度は遅く、周期的な鈍い痛みが特徴です。

内臓痛を伴う主な病気には急性・慢性胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胆嚢炎、胆管炎、尿管結石があります。

その他膵炎、子宮付属器炎、前立腺炎、逆流性食道炎、肝炎、腸炎、大腸憩室炎、膀胱炎などです。

体性痛

体性痛とは、骨膜、腹膜、胸膜、腸間膜,横隔膜などの障害が原因と考えられています。

また化学的刺激(胃や腸に穴が開いて胃液や腸液が腸管外に出ることによる刺激)や炎症性の刺激から起きる痛みです。

痛みの伝達速度は速く、持続性のある鋭い痛みが特徴です。

体性痛の主な病気には急性虫垂炎や急性腹膜炎、胃腸穿孔や臓器の破裂、急性膵炎、急性胆嚢炎、急性胆管炎があります。

その他胃がん、大腸がん、肝臓がん、膀胱がん、胆石発作、心筋梗塞(カテーテル手術)もあります。

さらには腸閉塞、腸捻転などがあるのです。

関連痛

関連痛は、病巣である内臓、そして筋肉や関節などの部位から離れた特定の部位の皮膚に出る痛みです。

痛みが脳に伝わる際には、末梢神経を通って脊髄に情報が運ばれます。

この時に、皮膚の感覚領域に誤って痛みを伝えてしまうことがあり、関連痛が生じます。

皮膚の痛みの感覚を伝えている神経の数が多いため、内臓からの情報ではなく皮膚からの情報だと脳が誤認してしまうようです。

関連痛は、がんが内臓や骨などの深部体性組織に発生した場合にもよく見られます。

腹痛の種類別治療法

腹痛の治療方法には、内科的治療外科的治療があります。

同じ病気でも病巣の状態により治療法は異なってきます。

内臓痛の場合

内臓痛の場合は、体が楽な体勢を取ることによって痛みが軽減することもあります。

膝を曲げ、腹部の緊張が和らぐように上体を前屈してみてください。

腹痛が酷い場合は禁食し、痛みが緩和したら刺激物を避けて消化の良い食事を少量から始めてみましょう。

腹部を温めるのも腹痛に効果的ですが、虫垂炎や胆嚢炎などの炎症性疾患には逆効果なので安易な自己判断は禁物です。

医療的治療では、抗生剤などの薬が処方される内科的治療となります。

内科的治療を続けても病巣の状態が悪化した場合などには、緊急手術が必要なケースもあるでしょう。

たとえば通常、胃・十二指腸潰瘍の治療は投薬から始めます。

しかし潰瘍の状態が出血性潰瘍、穿孔性潰瘍、狭窄症例または難治性潰瘍の場合には、手術が必要な症例もあります。

体性痛の場合

体性痛の場合は病巣の炎症が進んだ状態であり、急性腹症に移行する疾患が多いため、主に外科的治療(手術)を行ないます。

腹痛を起こしている臓器の切除、例として虫垂炎や胆嚢炎、胃腸の切除手術があります。

関連痛の場合

関連痛の代表的な例として、初期の虫垂炎があります。

初期の段階では心窩部(みぞおち)あたりに痛みを感じる方が多いのが特徴です。

状態が進行するにつれて痛みが実際の病巣部分である右腸骨窩部(右下腹部)へと移行します。

このようなことから、専門機関での詳細な問診から原因の臓器を特定する必要があります。

原因臓器を探し出した後は、検査を行なうのが一般的です。

多くは内科的治療ですが、場合によっては外科的治療を選択します。

女性だけに起きる腹痛

女性特有の臓器として卵巣子宮があり、この2つの臓器および周辺器官が炎症を起こすことで腹痛になるのです。

卵巣の主な病気には、卵管炎・卵管・卵巣膿腫茎捻転・卵巣がん・卵巣出血・卵巣内膜症があります。

卵巣から出た卵管が子宮についている部分の炎症を子宮付属器炎と呼びます。

また、卵巣から卵子が放出されて子宮まで到達する期間に起こるさまざまな不調をまとめて月経前症候群と呼び、腹痛も含まれているのです。

子宮に関連した病気や疾患としてあげられるものに、子宮筋腫・子宮がん・子宮内膜症・子宮外妊娠などがあります。

腹痛がきっかけで受診をする目安

繰り返し痛みが起こる、痛みが続く、便秘、下痢、嘔吐、発熱、血便などが続けば2〜3日以内に受診してください。

救急診療や時間外診療が必要な場合は、痛みの度合いが酷くなり突然の激痛、吐血、血便、黒っぽい嘔吐が出る、あぶら汗、冷や汗が出るなどの症状が見られる時です。

また意識が遠のくなどの症状があれば夜間、休日でも受診しましょう。

場合によっては救急車を呼んでください。

腹痛の部位から考えられる病気

腹痛の部位によって、おおよその病気を推測することができます。

通常腹部を8部分に分けて、それぞれの部位でよく起きる疾患があげられています。

腹腔内で出る痛みは胃などの消化器、腹膜、子宮など婦人科系臓器です。

さらに膀胱など泌尿器、心臓・血管など循環器です。

また肺などの呼吸器、筋肉などさまざまな臓器や器官に起因しています。

腹痛が症状としてあげられる病気は、非常に数が多いといえます。

ここでは腹部を8つに分けて、それぞれの場所で起こる痛みで推測できる病気・疾患をあげます。

・右季肋部(右上腹部)

・心窩部(みぞおち)

・左季肋部(左上腹部)

・臍部(おへその周辺)

・右腸骨窩部(右下腹部)

・下腹部

・左腸骨窩部(左下腹部)

・腹部全体

右季肋部の痛みは、胆嚢と肝臓に疾患がある場合が多いです。

この部位で起こる主な病気でまずあげられるのは、強い発作的な痛みを伴う胆石症と胆嚢炎、そして急性胆管炎です。

他には十二指腸潰瘍、急性肝炎があります。

肝がん、胆嚢がん、急性腎盂腎炎でも痛む部位です。

そして右胸膜炎や肺炎もこの辺りが痛みます。

心窩部の痛みは、胃に疾患がある場合が最も多いです。

しかし狭心症や心筋梗塞などの心疾患の場合もあるので注意が必要です。

この部位で起こる主な病気としては、まず胃潰瘍と十二指腸潰瘍があげられます。

そして急性・慢性胃炎、急性虫垂炎初期、急性膵炎があります。

胆石胆嚢炎でもこの部分に痛みが発生するのです。

がんの種類では胃がん、膵臓がん、大腸がんの場合に、みぞおちに痛みがあらわれます。

最近よく聞く逆流性食道炎の症状としても心窩部の痛みがあげられます。

その他では魚介類の生食で起こる寄生虫による食中毒、アニサキス症でも痛みが出る部位です。

また以前は神経性胃炎、ストレス性胃炎と呼ばれていた機能性ディスペプシアもみぞおち辺りが痛みます。

左季肋部の痛みは胃や膵臓、腎臓に疾患がある場合が一般的です。

胃潰瘍や胃潰瘍の穿孔、胃炎・胃がん・胃結石で痛みが発生します。

急性膵炎や膵がん、腎孟腎炎や腎結石でも痛む部位です。

重篤な状態である膵臓破裂や大動脈瘤が起こっている場合もあるので気をつけなくてはなりません。また過敏性腸症候群でも痛む場所です。

臍部の痛みは膵臓や小腸の疾患が考えられます。

よく見られる病気として急性・慢性膵炎、急性胃腸炎・腸閉塞・虫垂炎初期があげられます。

他にはクローン病、憩室炎、膵がんなどです。

腸間膜血栓症や膵破裂、解離性大動脈瘤でも痛みの症状が出る部位です。

右腸骨窩部の痛みでまず考えられるのは、急性虫垂炎(盲腸)です。

他には右尿管の疾患や、女性であれば卵巣や卵管の疾患を疑います。

婦人科疾患以外で多い疾患としては、腎・尿路結石・大腸憩室炎・クローン病・大腸がんです。

また過敏性腸症候群、急性腸炎、便秘でも痛みがあらわれます。

乳幼児期に発症する病気である腸重積や、一般的に脱腸と呼ばれている鼠径ヘルニアでもこの部位に痛みが出ます。

下腹部の痛みは膀胱、尿管、大腸、結腸などの病気が多いです。

膀胱炎や大腸がん・大腸炎、過敏性腸症候群などがあります。

その他尿管結石・骨盤腹膜炎・便秘などがあげられます。

左腸骨窩部の痛みは、主に結腸(S字状)や大腸の病気が原因で起こるのです。

急性腸炎や潰瘍性大腸炎・S状結腸軸捻転・大腸がんなどがあります。

その他には腎臓や婦人科の疾患があげられます。

腹部全体で痛みを感じる場合は腸閉塞やがん性腹膜炎、腸管出血性大腸菌感染症などが考えられるでしょう。

たかが腹痛と思わず異常を感じたら受診しよう

腹痛には数多くの原因があり、痛みの感じ方も個人差があります。

放っておいて治るものもあれば、外科的治療や手術を必要とする病気もあるのです。

自己判断で医師の診察を受けないのは大変危険です。

「受診をする目安」を参考にして、出来るだけ早く医師の診断を受けるようにしてください。

まとめ

一般的によく起こる腹痛の主な原因は薬剤やアルコール、ストレスや細菌、寄生虫による炎症など多岐にわたります。

痛みの種類も複数あり、症状や部位によって総合的に治療方法を選択していくのが一般的です。

腹痛を起こす病気はかなり多く、その中には外科的手術が必要になる疾患も含まれています。

そのため腹痛は決して軽く見てはいけない症状なのです。

痛みの程度には個人差がありますが、痛みの強弱だけで軽症・重症を判断することはできません。

まずは腹痛による病気の深刻さを知ることが大切です。

痛みの種類や部位、他の症状などを確認して、できるだけ早く医療機関での診療を受けてください。

こちらの記事の監修医師

すずきこどもクリニック

鈴木幹啓 先生

〇病院名 :すずきこどもクリニック 〇医師  :鈴木幹啓 〇アクセス:和歌山県新宮市下田2丁目3−2 〇診療科 :小児科 〇経歴:株式会社オンラインドクター.com代表取締役CEO 1975年三重県伊勢市生まれ 1995年自治医科大学入学(県からの奨学金制度) 2001年自治医科大学卒業 日本小児科学会認定小児科専門医 国家資格ケアマネジャー 三重県立総合医療センター、国立病院機構三重中央医療センター、国立病院機構三重病院、伊勢赤十字病院、紀南病院 平成22年5月、新宮市に「すずきこどもクリニック」を開院 【製薬会社社外講師・CM出演等】 グラクソスミスクライン社、JCRファーマ社、杏林製薬、明治製菓ファーマ、鳥居薬品 【メディア出演・TV監修】 日本テレビ、読売テレビ、東京MX、テレビ朝日(医療監修)「くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館」 【著書】 日本一忙しい小児科医が教える病気にならない子育て術(双葉社) 開業医を救うオンライン診療(幻冬舎) 2020 年 10 月株式会社オンラインドクター.com を設立。

    • 和歌山県新宮市下田2-3-2地図を見る
    • 0735-28-0111
    • JR紀勢本線 新宮駅 徒歩10分
    • 小児科 小児眼科 小児耳鼻咽喉科 小児皮膚科 小児神経内科 小児泌尿器科 アレルギー科
    ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

    0

    「すずきこどもクリニック」は、和歌山県新宮市下田にあります。こちらの院長は、親しみやすい人柄から「地域の良き相談相手」として多くの患者さんに信頼されています。院長は大病院での勤務経験や小児科医長の実績をいかし、「子どもの”心身の健康、成長発達、病気予防・治療”をトータルにサポートしたい」という想いで平成22年小児専門クリニックを開院。広々と清潔感の溢れるクリニックでは19時まで診療受付が可能なことから、学校や仕事の後でも通いやすいと評判です。さらには再診外来や初診外来のオンライン診療も可能となり利用者が増えています。

     
    09:00 - 12:00
    15:00 - 17:00
    15:00 - 19:00
    -
    -
    -
    -
    -
    -
    -
    -
    -

    木曜17:00まで日曜AMのみ WEB順番受付可 窓口受付開始はAM8:30・PM14:00から臨時休診あり 午後2時~3時:健診・予防接種の時間

    インフルエンザ流行時期は火曜日午前も診療

    • オンライン診療
    • 新型コロナ自宅療養者対応
    • 電話診療可
    • バリアフリー対応
    • 駐車場あり
    • キッズスペースあり
    • 日曜診療
    • 祝日診療

    このクリニックの対応アプリ

    このクリニックの対応アプリは以下のアプリです。ボタンをクリックすると予約ページに遷移します。