ED(勃起不全)の原因や症状を解説|病気が隠れているサイン?病院を受診するまでの流れや治療法をご紹介

最終更新日:2021年8月24日

ED(勃起不全)の原因や症状を解説|病気が隠れているサイン?病院を受診するまでの流れや治療法をご紹介

こちらの記事の監修医師
すずきこどもクリニック
鈴木幹啓 先生

〇病院名 :すずきこどもクリニック
〇医師  :鈴木幹啓
〇アクセス:和歌山県新宮市下田2丁目3−2
〇診療科 :小児科
〇経歴:株式会社オンラインドクター.com代表取締役CEO
1975年三重県伊勢市生まれ
1995年自治医科大学入学(県からの奨学金制度)
2001年自治医科大学卒業

日本小児科学会認定小児科専門医
国家資格ケアマネジャー

三重県立総合医療センター、国立病院機構三重中央医療センター、国立病院機構三重病院、伊勢赤十字病院、紀南病院
平成22年5月、新宮市に「すずきこどもクリニック」を開院
【製薬会社社外講師・CM出演等】
グラクソスミスクライン社、JCRファーマ社、杏林製薬、明治製菓ファーマ、鳥居薬品

【メディア出演・TV監修】
日本テレビ、読売テレビ、東京MX、テレビ朝日(医療監修)「くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館」

【著書】
日本一忙しい小児科医が教える病気にならない子育て術(双葉社)
開業医を救うオンライン診療(幻冬舎)

2020 年 10 月株式会社オンラインドクター.com を設立。

EDは勃起不全とも呼ばれ、性行為の際に男性側に勃起障害が発生する病気です。

EDには歳を重ねるごとになりやすいといわれていますが、近年では若い層でもEDで悩んでいる人が増えています。

今回はEDの原因や症状、そして隠れた病気について確認していきましょう。

EDの原因

EDになる原因は1つだけではありません。男性なら誰でも発症する可能性がある病気です。

EDの原因として、以下の要素が考えられます。

・精神的なストレス

・特定の薬剤の使用

・身体的ストレス

まずはそれぞれの要因がもたらすEDへの影響について考えてみましょう。

精神的なストレス

精神的なストレスはEDになる原因の1つです。

仕事や学校など、普段の生活でストレスや緊張する場面が多い人などがあてはまります。

ストレスが溜まるとうまく勃起ができなくなり、それが要因でEDに繋がるケースも多いでしょう。

また、性行為のトラウマでEDになる人もいます。

過去の性行為における失敗や経験がフラッシュバックして、精神的なストレスを与えるのです。

その他にも、子作りのプレッシャーでEDを発症する人もいます。

妊娠に対する不安やプレッシャーから、強い精神的なストレスへと繋がることが原因です。

精神的なストレスが原因のEDでは、まずはストレスを解消することが非常に重要になります。

特定の薬剤の使用

別の病気の治療で定期的に服薬している人で、服薬後から急にEDになった人は薬の副作用でEDを発症している可能性が高いです。

特に降圧剤・高脂血症治療薬・胃潰瘍治療薬などを長期にわたり服用している人はEDの副作用が出やすいといわれています。

飲んでいる薬の影響によるEDが疑われる場合は、かかりつけの医師に相談するのが良いでしょう。

身体的ストレス

神経異常や血流障害が原因でEDになっている場合もあります。

身体的ストレスが溜まると、神経や血流など身体の様々なところに異常が発生しますが、EDもその1つです。

身体的なストレスによるEDは、年齢を重ねるごとに増えていきます。

その理由として、高齢になるにつれて血管が弾力性を失ったり血管を拡張できなかったりすることが考えられます。

特に現在、生活習慣病(糖尿病や高血圧など)を患っている人は、血流の問題からEDを起こす可能性が高いです。

また高齢により男性ホルモンのテストステロンが減少しても、うまく勃起ができなくなるため、EDを発症します。

EDの症状

誰でも勃起症状に異常を感じると、1度はEDを疑うものです。

EDには大きく分けて3つほど代表的な症状があります。

・勃起しない

・勃起状態が維持できない

・挿入できても途中で萎える

上記の症状がどれも当てはまる人はEDの可能性が高いです。

専門医に相談することをお勧めします。

勃起しない

EDの人の多くは勃起できないという症状を抱えています。

中には性欲があるのに、勃起しない現象に悩まされている人も多いでしょう。

・興奮しているのに勃起しない

・刺激を与えても全く勃起しない

上記の症状は、パートナーとの性行為に支障をきたします。

勃起しないことで相手に申し訳ない気持ちになり、余計にEDが悪化することもあるので注意しましょう。

勃起状態が維持できない

EDの人の中には、勃起しても勃起状態が維持できずに悩む人も多くいます。

・勃起状態が維持できない

・勃起するけれど硬くならない

上記の症状の場合、パートナーと性行為をする際に、いざ挿入しようとすると萎えてしまう確率が高いでしょう。

勃起をしても硬くならず挿入出来ないなどが主な症状です。

挿入できても途中で萎える

勃起できても、性行為で挿入中に勃起が維持出来なくなり萎えてしまう人もEDに該当します。

「中折れ」という言葉もありますが、これは高齢者に多い症状です。

この症状が原因で性行為が嫌になる人もいます。

ED経験者が抱える性の悩み

EDといっても症状は人によって違います。そしてED経験者の悩みも様々です。

ここでは、ED経験者が抱える性の悩みについて確認してみましょう。

・勃起しなかった経験がトラウマになった

・性欲はあるけど勃起しない

・相手に申し訳ない気持ちになる

・自分に自信が持てない

・人に相談しにくい

・EDは恥ずかしい

・パートナーに打ち明けられない

上記のように、ED患者の抱える悩みはたくさんあります。

EDは決して珍しい病気でも、恥ずかしい病気でもありませんので、1人で悩みを抱え込まないことが大切です。

EDを予防する方法

EDの予防や再発を防ぐには生活習慣を見直すことが最優先です。

EDの原因である身体的・精神的なストレスを軽減するために、以下のことを実践しましょう。

・血流の改善

・適度な運動(運動不足の解消)

以下の項目では、EDの予防法として上記の必要性について解説します。

血流の改善

EDの原因には血流が悪いことが挙げられます。

血行が悪くなることで勃起が出来なくなるからです。

血流が悪くなる原因は、栄養バランスの乱れが考えられます。まずは、日々の食生活を改善し、血液をサラサラにしましょう。

血液をサラサラにするには、野菜中心の食事や、納豆やネギ類の摂取が効果的です。

また、お茶類にも血液をサラサラにする成分が入っています。

現在EDを発症していない人も、血液をサラサラにすることでEDを未然に防ぐことができるでしょう。

適度な運動(運動不足の解消)

血流を改善するために、適度な運動をしましょう。

運動不足で血流が悪くなり、勃起する力が衰えます。その結果、EDを発症することになるからです。

血流を改善させる運動として、大きな筋肉を鍛えることをお勧めします。

特に効果的なのが下半身の筋トレです。

スクワットや腹筋など身近で簡単な運動から始めてみましょう。

適度な運動をすることでストレス解消にもなるので精神的ストレスから発症するEDにも効果があります。

EDに隠れた病気の可能性

EDは危険な病気の前触れの可能性もあります。中でも身近な病気として、生活習慣病が代表的な例です。

ある日突然EDになった人は、他の病気も発症している可能性があります。

そのままにしておくと命の危険があるかもしれないので、病院で診察を受けるようにしましょう。

以下の項目ではEDに隠れた病気について、もう少し詳しくお伝えしていきます。

生活習慣病

突然EDになった人は、生活習慣病を疑う必要があります。

以下は生活習慣病の種類です。

・高血圧症

・動脈硬化

・脳血管疾患

・虚血性心疾患

・糖尿病

・脂質異常症

・肥満・メタボリックシンドローム

先ほど、血流の異常や障害でEDになるとお伝えしました。ED同様に、生活習慣病の大半も血流に影響しています。

ある日突然EDになった人は、生活習慣病の可能性も疑うようにしましょう。

早い段階で医師に相談することが、早期発見に繋がります。

生活習慣病以外の病気

EDに隠れた病気は生活習慣病だけではありません。

生活習慣病以外では「うつ病」・「睡眠時無呼吸症候群」・「神経疾患」・「心疾患」が挙げられます。

精神的ストレスがEDになる原因の1つであるのと同様に、上記の病気もストレスとの関係が強いです。

睡眠時無呼吸症候群・神経疾患・心疾患を発症していると血流や神経の異常・障害でEDになりやすいといわれています。

上記予防のためにも、精神的ストレスは日頃から発散できるように意識しておきましょう。

病院を受診するまでの流れ

初めてEDの相談や治療をするときは、受診の流れが分からないものです。

EDを含め性機能の異常を感じたら、まずは泌尿器科を受診しましょう。

ここではEDの受診と治療までの流れを紹介します。

・泌尿器科で受付

ます、病院に着いたら受付へ行き、EDについて相談と治療をしたい旨を伝えましょう。

受付の人は医療従事者ですので、恥ずかしいという気持ちは持たなくて大丈夫です。

・問診 

病院では診察の前に問診票の記入を求められます。

「いつからなのか」「どんな症状なのか」「現在服用している薬」「性生活について」など詳細に記入しましょう。

問診票に記入するタイプの病院ならいいのですが、稀に口頭で受付の女性と問診する場合があります。

症状を伝えるのが恥ずかしい人は、医師に直接話したい旨を伝えましょう。

・診察

医師の診察では、問診票を参考に詳しい症状を聞かれます。

場合によっては、血液検査・尿検査・心電図測定・脈拍・血圧測定・バイアグラテストを行うことがあるでしょう。

これは、EDに隠れた病気があるかもしれないからです。

医師は、問診と検査結果でEDの薬を服用できるか判断します。

・薬の処方

EDの治療で薬が処方された場合は、医師から注意点を説明されますのでしっかり確認することが大切です。

・会計

EDの治療は残念ながら健康保険が適用されません。全て自己負担になるので注意しましょう。

患者によって処方される薬が異なるため、治療費は人によって異なります。

EDの治療法

EDの治療は、カウンセリング・薬剤投与・男性ホルモンの補充が主な方法です。

EDは医療機関で診察を受け適切な治療法で行いましょう。

カウンセリング

EDを治すにはカウンセリングが欠かせません。EDには精神的ストレスから発症することがあるからです。

性行為への不安やトラウマなどの心のケアをすることで、EDの薬の効果も高まります。

心の健康を取り戻せばパートナーとの関係もよくなりますので、EDのカウンセリングは必ず受けるようにしましょう。

薬剤投与

EDの治療と聞くと薬剤投与のイメージが強いです。

EDの薬で有名なのが「バイアグラ」ではないでしょうか。男性の方なら1度は聞いたことがあると思います。

その他にも「シアリス」「レビトラ」がありますが、どちらも医療機関から処方された薬を服薬してください。

上記の薬を海外から個人で輸入する人もいますが、個人輸入は偽物であったり、全く違う薬だったりして危険性が高いです。

必ず医療機関で処方された薬を服用するようにしましょう。

男性ホルモンの補充

薬の治療が難しい人や薬を服用したくない人は、男性ホルモンの補充療法があります。

これは男性ホルモン(テストステロン)を服用したり筋肉注射をしたりするEDの治療法です。

男性ホルモン値を上げることで、「男としての自信が上がる」「性欲が上がる」など身体的・精神的に効果があります。

薬剤投与であまり効果が出なかった人は、男性ホルモンの補充も試してみましょう。

まとめ

EDは、男性なら誰でも発症する可能性のある病気です。

発症は高齢者のイメージが強いですが、最近では若い層でもEDに悩んでいる方が増えています。

EDの症状として「勃起しない」「勃起状態が維持できない」「挿入できても途中で萎える」があります。

その原因は「精神的なストレス」「特定の薬剤の使用」「身体的ストレス」が主な要因です。

予防策として、栄養バランスがある食事と適度な運動を心がけましょう。

また突然EDになった方は、他の病気が原因の可能性があります。

そのためEDを放置せず、まずは病院で検査をして状態を把握することが大切です。 

EDの相談や治療では泌尿器科を受診してください。

EDを発症すると満足な性行為ができず、妊娠を望む場合はパートナーにも影響する場合があります。

早期治療をお勧めします。

こちらの記事の監修医師

すずきこどもクリニック

鈴木幹啓 先生

〇病院名 :すずきこどもクリニック 〇医師  :鈴木幹啓 〇アクセス:和歌山県新宮市下田2丁目3−2 〇診療科 :小児科 〇経歴:株式会社オンラインドクター.com代表取締役CEO 1975年三重県伊勢市生まれ 1995年自治医科大学入学(県からの奨学金制度) 2001年自治医科大学卒業 日本小児科学会認定小児科専門医 国家資格ケアマネジャー 三重県立総合医療センター、国立病院機構三重中央医療センター、国立病院機構三重病院、伊勢赤十字病院、紀南病院 平成22年5月、新宮市に「すずきこどもクリニック」を開院 【製薬会社社外講師・CM出演等】 グラクソスミスクライン社、JCRファーマ社、杏林製薬、明治製菓ファーマ、鳥居薬品 【メディア出演・TV監修】 日本テレビ、読売テレビ、東京MX、テレビ朝日(医療監修)「くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館」 【著書】 日本一忙しい小児科医が教える病気にならない子育て術(双葉社) 開業医を救うオンライン診療(幻冬舎) 2020 年 10 月株式会社オンラインドクター.com を設立。

    • 和歌山県新宮市下田2-3-2地図を見る
    • 0735-28-0111
    • JR紀勢本線 新宮駅 徒歩10分
    • 小児科 小児眼科 小児耳鼻咽喉科 小児皮膚科 小児神経内科 小児泌尿器科 アレルギー科
    ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

    0

    「すずきこどもクリニック」は、和歌山県新宮市下田にあります。こちらの院長は、親しみやすい人柄から「地域の良き相談相手」として多くの患者さんに信頼されています。院長は大病院での勤務経験や小児科医長の実績をいかし、「子どもの”心身の健康、成長発達、病気予防・治療”をトータルにサポートしたい」という想いで平成22年小児専門クリニックを開院。広々と清潔感の溢れるクリニックでは19時まで診療受付が可能なことから、学校や仕事の後でも通いやすいと評判です。さらには再診外来や初診外来のオンライン診療も可能となり利用者が増えています。

     
    09:00 - 12:00
    15:00 - 17:00
    15:00 - 19:00
    -
    -
    -
    -
    -
    -
    -
    -
    -

    木曜17:00まで日曜AMのみ WEB順番受付可 窓口受付開始はAM8:30・PM14:00から臨時休診あり 午後2時~3時:健診・予防接種の時間

    インフルエンザ流行時期は火曜日午前も診療

    • オンライン診療
    • 新型コロナ自宅療養者対応
    • 電話診療可
    • バリアフリー対応
    • 駐車場あり
    • キッズスペースあり
    • 日曜診療
    • 祝日診療

    このクリニックの対応アプリ

    このクリニックの対応アプリは以下のアプリです。ボタンをクリックすると予約ページに遷移します。