オンライン診療対応クリニック病院検索・クリニック動画紹介のイシャチョク

太ももが痛い原因を解説!太ももの痛み方から分かる病気の症状は?太ももが痛い時の対処法や受診目安も紹介

最終更新日:2021年8月24日

太ももが痛い原因を解説!太ももの痛み方から分かる病気の症状は?太ももが痛い時の対処法や受診目安も紹介

こちらの記事の監修医師
すずきこどもクリニック
鈴木幹啓 先生

〇病院名 :すずきこどもクリニック
〇医師  :鈴木幹啓
〇アクセス:和歌山県新宮市下田2丁目3−2
〇診療科 :小児科
〇経歴:株式会社オンラインドクター.com代表取締役CEO
1975年三重県伊勢市生まれ
1995年自治医科大学入学(県からの奨学金制度)
2001年自治医科大学卒業

日本小児科学会認定小児科専門医
国家資格ケアマネジャー

三重県立総合医療センター、国立病院機構三重中央医療センター、国立病院機構三重病院、伊勢赤十字病院、紀南病院
平成22年5月、新宮市に「すずきこどもクリニック」を開院
【製薬会社社外講師・CM出演等】
グラクソスミスクライン社、JCRファーマ社、杏林製薬、明治製菓ファーマ、鳥居薬品

【メディア出演・TV監修】
日本テレビ、読売テレビ、東京MX、テレビ朝日(医療監修)「くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館」

【著書】
日本一忙しい小児科医が教える病気にならない子育て術(双葉社)
開業医を救うオンライン診療(幻冬舎)

2020 年 10 月株式会社オンラインドクター.com を設立。

激しい運動をしたわけでもないのに急に太ももが痛むときは、筋肉痛でも肉離れでもなく、病気の可能性を疑ってみてください。

主に太ももに痛みやしびれを伴う病気の症状や原因について解説します。

太ももが痛い原因

まずは太ももが痛む要因を3つのパターンに分けてご紹介します。

痛みを感じたらこれらの要因を思い返して、心当たりがないか確認することから始めましょう。

原因をはっきりさせることで、対処法も考えやすくなります。

病気

最も注意したいのが病気による痛みです。病気による痛みの場合、動かしている時だけでなく安静時にも痛みやしびれを感じることがあります。

また、それぞれの症状を把握しておかなければ、どんな病気か判別がつきにくいのも困ったところです。

怪我

怪我による痛みであれば、怪我の治療をすることで対処可能です。

単なる外傷ではなく筋肉や骨が痛むようであれば、必ず医師を頼ってください。

また関節の怪我は癖になりやすいため、放っておけば治るという考え方は危険です。一度きちんとした検査を受けるようにしましょう。

生活上の要因

太ももは体重を支えるという大きな役割を持っています。

姿勢が悪かったり立ち仕事ばかり続けたりすると、想像以上に大きな負担がかかってしまい、それが痛みにつながることもあります。

マッサージや整体で改善しやすいので、思い当たる節があれば早めに対処してください。

対症療法だけでなく原因を取り除くこともしっかりと考えましょう。

安静時に痛みがある病気

安静にしているにも関わらず太ももに痛みを感じる場合は、病気の可能性があります。

太もものなかでもどの部位が痛むのか、他に症状はないのかをしっかりと把握しておくことである程度候補を絞れます。

まずはどんな病気があるのかしっかりと確認しておきましょう。

大腿骨頭壊死

大腿骨のなかでも、骨盤と接する骨頭という部位に十分な血液が流れなくなることで発症するのが大腿骨頭壊死症です。

血液が不足すると細胞が死んでしまい、それが原因で衰えていくのは骨も変わりません。

骨頭の劣化が周囲の軟骨の劣化につながり、骨と骨が接触することで痛みが発生します。

大腿骨頭壊死は年齢に関わらず発症する可能性があり、股関節の骨折や脱臼を経験した人は特に注意が必要です。

最初のうちは歩行時や階段の上下で違和感を覚える程度ですが、そのまま放っておくと関節が変形していき、いずれ痛みを感じるようになります。

症状が進行しすぎると、足を上げるのが困難になることもあります。

また突発的に大腿骨頭壊死を発症させる要因として、習慣的なアルコール摂取ステロイドの投与も関連があると考えられています。

これらの要因に心当たりがあり足の付け根に違和感があるなら、大腿骨頭壊死の可能性を疑ってみましょう。

閉塞性動脈硬化症

血流が悪くなることで起こる病気としては閉塞性動脈硬化症もあげられます。

こちらはその名の通り、動脈硬化によって発症するものです。

歩行時にしびれや痛みを伴い、病状が進行するにつれて安静時にもこうした症状が表れるようになります。

血液循環が悪化しているため、下肢が冷えて寒さを感じやすくなります。

足に強い冷えを感じるようになったら動脈硬化の可能性を疑いましょう。

早期発見のためにも、早めに病院で診察を受けるようにしてください。

変形性股関節症

股関節の軟骨がすり減ったことで関節が動かしづらくなり、無理に動かした際に痛みを感じる病気です。

軟骨は、股関節への負荷を和らげるためのクッションの役目を担っています。

このクッションがなくなることで骨に大きな負荷がかかるようになり、骨が変形した結果として炎症が発生します。

軟骨は加齢とともにすり減りやすくなるものですが、体重が重いほど早くすり減ってしまうため、肥満体形の方は特に注意が必要です。

歩き始めるとき、立ち上がるとき、起き上がるときなど脚に強い負荷をかけたときにだるさがあれば、変形性股関節症の初期症状の可能性があります。

安静時には痛みがない病気

本当に怖いのは、安静にしているときは存在に気付きにくい病気です。

症状がおさまったから大丈夫と思ってしまいがちですが、決して完治したというわけではありません。

こうした病気を見逃さないように、それぞれの症状をしっかりと把握しておきましょう。

腰椎分離症

疲労骨折の一種です。腰椎のなかの椎弓と呼ばれる箇所に亀裂が入り、骨が分離してしまった状態を指します。

椎弓は衝撃にあまり強くないため、激しい運動によって損傷しやすくなっています。

力仕事やスポーツといった、激しい運動が原因になりやすい病気です。

大人よりも子どもの方が発症しやすく、スポーツに励んでいる成長期の子どもたちに多くみられます。

分離した直後は、腰を反らしたり回したりしたときに痛みを感じるだけで、安静にしているときは痛みを感じません。

少し我慢すれば動かせるからと無理に動かし続けてしまうと、偽関節という骨がぐらついた状態になります。

こうなると治療により長い時間と多くの手間を要するため、初期症状の段階でしっかりと休養を取り、骨がつくのを待つことが重要です。

結節性紅斑

皮下脂肪の炎症が原因となり、10cm前後のしこりができます。

しこりの周辺は赤色や紫色の斑点が出てまだら模様になるため、見た目にも判断しやすい病気です。

患部を押すと強い痛みを感じるほか、発熱・倦怠感・関節痛といった症状を伴います。

菌やウイルスに感染し、アレルギー症状を起こした際に発症する炎症だと考えられています。

ただ、抗生物質や経口避妊薬といった薬剤へのアレルギーによって引き起こされるケースもあるため、一概に感染が原因だといい切れません。

症状が風邪に似ていますが、結節性紅斑は落ち着くまでに数週間から1ヶ月ほどの時間が必要です。

風邪が長引いていると感じた時点で、他に異変がないかしっかりと確認しておきましょう。

腰椎すべり症

腰椎は本来、綺麗に積み重なっているものですが、これが何らかの原因でずれてしまうのが腰椎すべり症です。

腰椎すべり症は分離すべり症変性すべり症に分けられ、このうち分離すべり症は前述した腰椎分離症に続けて発症します。

変性すべり症は、加齢や急激な負荷によって腰椎の組織が変性することで発症します。

腰椎すべり症を発症すると、狭窄症による坐骨神経痛が発生し、お尻から太ももにかけて痛みやしびれを感じるようになります。

安静時に目立った症状は出ずに、歩行時だけ痛みを感じることが多く、少し休めばまた歩けるようになる間欠性跛行がみられるのも特徴のひとつです

多発性筋炎・皮膚筋炎

免疫システムの異常によって発症する膠原(こうげん)病のひとつで、国の指定難病にも分類される病気です。

筋肉が炎症を起こすことで力を入れにくくなるうえに、無理に筋肉を動かそうとすると激しい痛みを感じます。

そのため日常生活にも支障をきたす疾患です。

原因はまだはっきりと解明されていません。

筋肉や皮膚といった自身の組織に対する抗体が作られ、自身の身体を攻撃することによって発生することは明確です。

自分の体を攻撃するようになる要因は菌やウイルスの感染だけでなく、遺伝による先天的な要素も絡むため非常に難解です。

太ももが痛い時の対処法

太ももは立っているだけでも負荷がかかる箇所です。

太ももに違和感がある場合は、椅子に座るか横になる体勢を取って少しでも負担を減らすようにしましょう。

患部を冷やしたり温めたりするのも効果的ですが、症状によっては逆効果となってしまうこともあります。

突発的な痛みの場合

急激な運動のあとに突然太ももが痛むことがありますが、こういったケースは筋肉痛や肉離れであることが多いです。

この場合は、まず患部を冷却スプレーや湿布でしっかりと冷やしてみましょう。

冷やして痛みが楽になるのであれば、それは炎症によるものと判断できます。そのまま痛みが引くまで冷やしておきましょう。

この間は、患部に負担をかけないように気を付けてください。

ただし股関節に近いところで痛みを感じる場合や、筋肉ではなく骨に違和感がある場合は、より重度の怪我や病気である可能性が高いです。

運動はすぐにやめて、安静に過ごしてください。

3~4日しても痛みや違和感が残っているならば、すぐに整形外科を受診しましょう

継続的な痛みの場合

常日頃から太ももに痛みを感じる場合は、日常生活の負担に耐えられないほど病状が進んでいることが考えられます。

可能な限り早い段階での整形外科受診をおすすめします。

自宅での対症療法は冷やす、もしくは温めることですが、どちらを使うかは患部の状態次第です。

患部が熱を持っているのであれば、炎症を起こしているので冷やすのがいいでしょう。

患部が熱を持っていなければ血流や神経に起因する可能性が高いので、温めれば症状が少し和らぐ可能性があります。

しびれが発生している場合

しびれの原因は神経系の異常です。

太ももがしびれているとしても、元々の原因は脊椎のゆがみという可能性もあるため、脚だけでなく腰の負担も減らさなくてはいけません。

こうした坐骨神経痛の対策としてストレッチが非常に効果的だと考えられています。

予防だけでなく改善にも効果があるとされていますので、背中・腰・お尻・太ももを伸ばすストレッチを試してみてください。

1日10分ほど時間をとって、ゆっくりと伸ばす習慣を作るのがおすすめです。

太ももが痛い時に控えておくこと

とにかくまずは安静第一です。

激しい運動に限らず、大きな姿勢変更や階段昇降のように脚や腰への負担が大きい動作をなるべく減らすように注意してください。

家事は立ち仕事ばかりでは、脚にとても大きな負担がかかります。

すべての家事をいきなりやめるというのは難しい話ではありますが、安静時には最低限の家事で済ませられるようにしましょう。

太ももが痛い時の受診目安

基本的には、痛みが慢性的かどうかを受診の目安にしてください。

ただし歩行に支障がある場合や、痛みだけでなくしびれがある場合はなるべく早めに受診した方がいいでしょう。

また定期的にスポーツをする方やジムに通っている方は、症状が軽めでも念のために受診しておくことをおすすめします。

もし転倒や殴打のようにはっきりとした原因がわかるのであれば、重大な損傷がある可能性が高いです。

すぐに受診して検査をしてもらいましょう。あまりにも痛みが強い場合は救急車を呼ぶことも検討してください。

日常生活に支障をきたす場合は病院を受診しよう

普通に生活を送っているだけでも、脚には負担がかかってしまうものです。

家事や仕事に支障がでるようであれば早めに受診して原因を明確にし、症状を和らげる薬を処方してもらってください。

生活に影響がでるほど症状が進行しているのであれば、放っておくと歩くことすら困難になってしまう危険性もあります。

怪我や病気としっかり向き合い、医師に適切な処置を施してもらいましょう。

まとめ

普段は意識していなくても、脚にかかる負荷はとても大きなものです。

ちょっとした違和感だからと無理に動かし続けると、大病になりかねません。

我慢すれば動かせるからと油断せずに、早めの受診を心がけてください。

こちらの記事の監修医師

すずきこどもクリニック

鈴木幹啓 先生

〇病院名 :すずきこどもクリニック 〇医師  :鈴木幹啓 〇アクセス:和歌山県新宮市下田2丁目3−2 〇診療科 :小児科 〇経歴:株式会社オンラインドクター.com代表取締役CEO 1975年三重県伊勢市生まれ 1995年自治医科大学入学(県からの奨学金制度) 2001年自治医科大学卒業 日本小児科学会認定小児科専門医 国家資格ケアマネジャー 三重県立総合医療センター、国立病院機構三重中央医療センター、国立病院機構三重病院、伊勢赤十字病院、紀南病院 平成22年5月、新宮市に「すずきこどもクリニック」を開院 【製薬会社社外講師・CM出演等】 グラクソスミスクライン社、JCRファーマ社、杏林製薬、明治製菓ファーマ、鳥居薬品 【メディア出演・TV監修】 日本テレビ、読売テレビ、東京MX、テレビ朝日(医療監修)「くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館」 【著書】 日本一忙しい小児科医が教える病気にならない子育て術(双葉社) 開業医を救うオンライン診療(幻冬舎) 2020 年 10 月株式会社オンラインドクター.com を設立。

    • 和歌山県新宮市下田2-3-2地図を見る
    • 0735-28-0111
    • JR紀勢本線 新宮駅 徒歩10分
    • 小児科 小児眼科 小児耳鼻咽喉科 小児皮膚科 小児神経内科 小児泌尿器科 アレルギー科
    ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

    0

    「すずきこどもクリニック」は、和歌山県新宮市下田にあります。こちらの院長は、親しみやすい人柄から「地域の良き相談相手」として多くの患者さんに信頼されています。院長は大病院での勤務経験や小児科医長の実績をいかし、「子どもの”心身の健康、成長発達、病気予防・治療”をトータルにサポートしたい」という想いで平成22年小児専門クリニックを開院。広々と清潔感の溢れるクリニックでは19時まで診療受付が可能なことから、学校や仕事の後でも通いやすいと評判です。さらには再診外来や初診外来のオンライン診療も可能となり利用者が増えています。

     
    09:00 - 12:00
    15:00 - 17:00
    15:00 - 19:00
    -
    -
    -
    -
    -
    -
    -
    -
    -

    木曜17:00まで日曜AMのみ WEB順番受付可 窓口受付開始はAM8:30・PM14:00から臨時休診あり 午後2時~3時:健診・予防接種の時間

    インフルエンザ流行時期は火曜日午前も診療

    • オンライン診療
    • 新型コロナ自宅療養者対応
    • 電話診療可
    • バリアフリー対応
    • 駐車場あり
    • キッズスペースあり
    • 日曜診療
    • 祝日診療

    このクリニックの対応アプリ

    このクリニックの対応アプリは以下のアプリです。ボタンをクリックすると予約ページに遷移します。