オンライン診療対応クリニック病院検索・クリニック動画紹介のイシャチョク

尿路結石の症状を解説!結石が体内にできる原因やできやすい人の特徴は?尿路結石の治療法や予防法もご紹介

最終更新日:2021年8月24日

尿路結石の症状を解説!結石が体内にできる原因やできやすい人の特徴は?尿路結石の治療法や予防法もご紹介

こちらの記事の監修医師
すずきこどもクリニック
鈴木幹啓 先生

〇病院名 :すずきこどもクリニック
〇医師  :鈴木幹啓
〇アクセス:和歌山県新宮市下田2丁目3−2
〇診療科 :小児科
〇経歴:株式会社オンラインドクター.com代表取締役CEO
1975年三重県伊勢市生まれ
1995年自治医科大学入学(県からの奨学金制度)
2001年自治医科大学卒業

日本小児科学会認定小児科専門医
国家資格ケアマネジャー

三重県立総合医療センター、国立病院機構三重中央医療センター、国立病院機構三重病院、伊勢赤十字病院、紀南病院
平成22年5月、新宮市に「すずきこどもクリニック」を開院
【製薬会社社外講師・CM出演等】
グラクソスミスクライン社、JCRファーマ社、杏林製薬、明治製菓ファーマ、鳥居薬品

【メディア出演・TV監修】
日本テレビ、読売テレビ、東京MX、テレビ朝日(医療監修)「くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館」

【著書】
日本一忙しい小児科医が教える病気にならない子育て術(双葉社)
開業医を救うオンライン診療(幻冬舎)

2020 年 10 月株式会社オンラインドクター.com を設立。

健康診断や人間ドックで腎臓周辺に結石が見つかることがあります。自覚症状がなかった場合、検査結果に驚く方もいるでしょう。

結石は血尿や下腹部の痛みなどを引き起こすことがあるため、自覚症状の有無だけで受診の判断をすべきではありません。

今回は尿路結石の症状や原因・治療、予防法まで幅広くご紹介します。

尿路結石の主な症状

尿路結石は腎臓や尿路(尿管・膀胱・尿道までの管)に結石ができる病気です。

体内でできた結石が体外に排出されずに腎臓や尿路で止まってしまうと、血尿や腹部の激しい痛みを招きます。

症状が出る部位や出方は様々ですが、主な症状と特徴を3つご紹介します。

わき腹や下腹部に突然激しい痛みが生じる

尿路結石の特徴的な症状として腹部(脇腹周辺が多い)の痛みが挙げられます。

人によって痛みの程度は異なりますが、疝痛と呼ばれる「さしこむような痛み」です。

たとえ大人でも我慢できないような激痛に襲われることもありますし、痛みが数時間続くこともあります。

痛みは夜間や早朝に起こることが多い

痛みの症状が就寝中や早朝に起きる場合が多いのも特徴です。

食後およそ2~3時間後、尿の濃度が最も高くなり、結石ができやすくなります。

就寝中は水分を摂らないため更に尿が濃縮され、「結石ができやすい」「流れにくい」状態になるのです。

結石の大きさと症状の重篤さは一致しない

結石の大きさと症状の強さは必ずしも一致しません。また結石があっても無症状で経過する人もいますし、激しい痛みが出ることなく結石が数センチの大きさまで成長するケースもあります。

逆に小さい結石が尿管に詰まっても激しい痛みが起きることがあり、結石が小さいからといって油断できません。

また結石が大きい状態が長く続くと腎臓に障害が起きやすく、血尿や残尿感といった症状につながります。

尿路結石の種類

尿路結石は4種類に分類されます。

尿路を上部と下部に分け、上部尿路にできるのが腎結石・尿管結石、下部尿路は膀胱結石・尿道結石です。

腎臓(腎)結石

尿を作る臓器「腎臓」にできる結石です。

結石が小さければ痛みはほとんどなく、それゆえに無症状のまま結石が大きくなることがあります。

結石がサンゴのように大きく成長する「サンゴ状結石」の状態に移行すると治療が難しく、稀に腎臓摘出が必要になるため注意が必要です。

腎臓結石は人間ドックや健康診断の超音波(エコー)検査やX線検査で発見できます。

尿管結石

腎臓と膀胱をつなぐ尿管に結石ができます。

尿管結石は激しい痛みを伴うのが特徴です。特に脇腹の痛みとして感じるケースが多くあります。

尿管結石は腎臓の機能低下を招く恐れがあるため、迅速な治療が必要です。

膀胱結石

膀胱結石は腎臓結石と同様に結石が小さければ痛みがほとんどありません。

またCTや超音波検査・X線検査で発見できます。

尿道結石

膀胱から下へのびる尿道に結石ができます。

尿道は尿管よりも広くできており、膀胱まで落ちてきた結石が尿道で詰まることは多くありません。

しかし落ちてきた結石が膀胱で成長して尿道を塞ぐケースもあります。

結石が体内にできる原因

結石ができる原因として食生活の欧米化・洋風化が挙げられます。中でも問題視されているのが、肉類に含まれる動物性タンパク質の過剰摂取です。

また食事のとり方も関係しています。

尿路結石を発症する確率が高い30~50代は仕事が忙しく、三食の中で夕食をメインとする方が多いのが特徴です。

目安として、1日の必要栄養素の5割を夕食で摂取する生活を続けていると、結石ができやすくなります。

特に夕食から就寝までの時間が短いと体内の水分が不足しがちです。またシュウ酸や尿酸などが過剰排泄されるため、結石ができやすくなります。

結石ができやすい人の特徴

結石ができやすい方にはいくつかの特徴があります。

・運動不足で肥満傾向

・野菜・海藻類や牛乳などのカルシウム類の摂取量が少ない

・甘い飲み物や動物性タンパク質をよく摂取する

こうした特徴はご自身の心掛けで改善できるでしょう。

これら以外で、性別や基礎疾患によっても結石ができやすい方がいます。

女性に比べて男性にできやすい

尿路結石は女性よりも男性の発症率が高いのが特徴です。特に尿道結石は尿道が長い男性に多く見られます。

また結石の元となるシュウ酸が男性ホルモンによって増えることも要因です。

そのためホルモンバランスが大きく乱れる更年期の女性も尿路結石を発症しやすくなります。

また現代は女性の社会進出が進んでいるため、夕食中心の食生活は男性に限ったものではなくなりました。

そのため20~30代女性の尿路結石も増えています。

生活習慣病を持っている人

結石は生活習慣病とも関係があります。

高血圧・高尿酸血症・メタボリック症候群といった生活習慣病に該当する方は結石ができやすく、尿路結石の発症率が高い傾向です。

生活習慣病は予防できる病気であり、たとえ罹患した場合でも生活習慣を改善すれば検査数値を正常に近づけることはできます。

暴飲暴食を避けて、適度な運動を心掛けましょう。

尿路結石の治療法

尿路結石はどのように治療するのでしょうか。

10mm以下の比較的小さな結石で痛みや血尿などの症状が出ていなければ、治療の必要はありません。

定期的に検査を受け、結石が大きくなるかどうか経過観察します。

結石が10mm以上・尿と一緒に体外に排出されない場合は、薬物療法や手術などの検討が必要です。

石が小さい場合は自然排出を待つ

腎臓の中に小さな結石ができた場合は無症状で経過することが多く、その小ささから流れ出しやすい状態でもあります。

自然に流れ出しても「排出」されるとは限りません。尿道で詰まりを起こせば激痛や血尿の症状に見舞われます。

結石の自然排出を促す薬が処方されることがありますが、併せて尿路を広げる薬を使うケースもあります。

石が大きい場合は手術を選択

結石が10~20mm程度になると自然排出が極めて難しく、手術が検討されます。

たとえ自覚症状がなくても、大きな結石を放置しておくと感染症や腎機能障害を併発する可能性があるからです。

一般的には体外衝撃波破砕術(ESWL)と呼ばれる術式で体内の結石を除去します。

体の外側から衝撃波を照射することで結石を砕き、尿と一緒に体外に排出させる流れです。

痛みがない手術のため麻酔は必要なく、衝撃波の照射によって体に傷が残ることもありません。

体外衝撃波破砕術が難しい場合には、経尿道的結石破砕術(TUL)や経皮的結石破砕術(PNL)などの手術を行う場合があります。

経尿道的結石破砕術(TUL)は尿道からカテーテルを挿入し、レーザーで結石を砕く術式です。

経皮的結石破砕術(PNL)はESWLで砕けなかった大きな腎結石に適用されます。こちらは内視鏡を使い、結石の粉砕や摘出を行う術式です。

なお、これら3つの手術費には保険が適用されます。

尿路結石の予防法

尿路結石を一度治療しても、繰り返し発症する方が少なくありません。

発症・再発させないためには予防がきわめて重要です。

もし排尿したときに結石が排出されたら、その石を病院に持っていき、成分を分析してもらいましょう。

結石の成分は様々であり、できやすい結石の成分が分かれば予防対策が立てやすくなります。

水分を十分に摂取する

何より重要なのは水分を多く摂取することです。

水分をたくさん摂って尿量を増やせば尿が薄まり、結石ができにくい状態になります。

また、たとえ結石ができても尿量が多ければ自然排出される可能性が高まります。

1日の水分摂取量の目安は2~3リットル程度です。甘味料が使われているジュースやコーヒーはできるだけ避けて、ミネラルウォーターやお茶を積極的に飲みましょう。

シュウ酸を多く含む食べ物を控える

結石の成分として「シュウ酸」がよく知られています。

シュウ酸を多く含む食べ物を沢山食べた場合、体に吸収されずに残ったシュウ酸が自然に消失することはありません。

これらは尿の中に溶け込みカルシウムと結合します。その結果、結石ができるのです。

そのためシュウ酸の過剰摂取を避けることが結石予防につながります。

シュウ酸の含有量が多い食べ物は、キャベツ・ブロッコリー・ホウレンソウなどの緑色の野菜です。

また紅茶や一部の緑茶(玉露や抹茶)・ココア・バナナ・チョコレートなども挙げられます。

夕食をたくさん摂らない、就寝する2時間前までに夕食を済ませる

寝ている間は水分を補給しないため尿の濃度が高くなり、結石ができやすくなります。とはいえ夜中に何度も起きて水を飲むのは現実的ではありません。

夕食の時間が遅くなった場合、普段よりも食べる量を控えめにしましょう。

また食後2〜3時間ぐらいから結石ができやすくなるため、就寝する2〜3時間前までには夕食を済ませ、水分を摂取しておきましょう。

再発率が高いため定期的な検査を

尿路結石は再発率が高い病気であり、5年以内に再発する人も少なくありません。

治療や手術で結石がなくなったとしても、発症前と同じ食生活や生活習慣を続けていれば再発する可能性は高くなります。

まずは生活習慣を見直すことが重要です。また1年に1回は健康診断・人間ドックで検査を受けましょう。

再発が心配な方は半年に1回、もしくは2~3ヶ月に1回など定期的な検査をすると安心です。

まとめ

結石ができないように日常生活では十分な水分補給を意識し、肉は控えめで野菜を多めにしたバランスの良い食生活を心掛けましょう。

健康的な食生活に自身がない人は、管理栄養士など食生活の専門家から指導を受けるのもおすすめです。

尿路結石ができやすい人は、生活習慣を見直すことである程度の予防効果が見込めます。

生活習慣を変えることは容易ではありませんが、尿路結石以外の病気のリスクを下げることにもつながります。

適度な運動やヘルシーな食生活を継続し、尿路結石ができにくい状態を維持しましょう。

こちらの記事の監修医師

すずきこどもクリニック

鈴木幹啓 先生

〇病院名 :すずきこどもクリニック 〇医師  :鈴木幹啓 〇アクセス:和歌山県新宮市下田2丁目3−2 〇診療科 :小児科 〇経歴:株式会社オンラインドクター.com代表取締役CEO 1975年三重県伊勢市生まれ 1995年自治医科大学入学(県からの奨学金制度) 2001年自治医科大学卒業 日本小児科学会認定小児科専門医 国家資格ケアマネジャー 三重県立総合医療センター、国立病院機構三重中央医療センター、国立病院機構三重病院、伊勢赤十字病院、紀南病院 平成22年5月、新宮市に「すずきこどもクリニック」を開院 【製薬会社社外講師・CM出演等】 グラクソスミスクライン社、JCRファーマ社、杏林製薬、明治製菓ファーマ、鳥居薬品 【メディア出演・TV監修】 日本テレビ、読売テレビ、東京MX、テレビ朝日(医療監修)「くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館」 【著書】 日本一忙しい小児科医が教える病気にならない子育て術(双葉社) 開業医を救うオンライン診療(幻冬舎) 2020 年 10 月株式会社オンラインドクター.com を設立。

    • 和歌山県新宮市下田2-3-2地図を見る
    • 0735-28-0111
    • JR紀勢本線 新宮駅 徒歩10分
    • 小児科 小児眼科 小児耳鼻咽喉科 小児皮膚科 小児神経内科 小児泌尿器科 アレルギー科
    ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

    0

    「すずきこどもクリニック」は、和歌山県新宮市下田にあります。こちらの院長は、親しみやすい人柄から「地域の良き相談相手」として多くの患者さんに信頼されています。院長は大病院での勤務経験や小児科医長の実績をいかし、「子どもの”心身の健康、成長発達、病気予防・治療”をトータルにサポートしたい」という想いで平成22年小児専門クリニックを開院。広々と清潔感の溢れるクリニックでは19時まで診療受付が可能なことから、学校や仕事の後でも通いやすいと評判です。さらには再診外来や初診外来のオンライン診療も可能となり利用者が増えています。

     
    09:00 - 12:00
    15:00 - 17:00
    15:00 - 19:00
    -
    -
    -
    -
    -
    -
    -
    -
    -

    木曜17:00まで日曜AMのみ WEB順番受付可 窓口受付開始はAM8:30・PM14:00から臨時休診あり 午後2時~3時:健診・予防接種の時間

    インフルエンザ流行時期は火曜日午前も診療

    • オンライン診療
    • 新型コロナ自宅療養者対応
    • 電話診療可
    • バリアフリー対応
    • 駐車場あり
    • キッズスペースあり
    • 日曜診療
    • 祝日診療

    このクリニックの対応アプリ

    このクリニックの対応アプリは以下のアプリです。ボタンをクリックすると予約ページに遷移します。