オンライン診療対応クリニック病院検索・クリニック動画紹介のイシャチョク

眼瞼下垂の症状を解説!眼瞼下垂の主な原因は?眼瞼下垂の治療法や予防法・早期発見のポイントもご紹介

最終更新日:2021年8月24日

眼瞼下垂の症状を解説!眼瞼下垂の主な原因は?眼瞼下垂の治療法や予防法・早期発見のポイントもご紹介

こちらの記事の監修医師
すずきこどもクリニック
鈴木幹啓 先生

〇病院名 :すずきこどもクリニック
〇医師  :鈴木幹啓
〇アクセス:和歌山県新宮市下田2丁目3−2
〇診療科 :小児科
〇経歴:株式会社オンラインドクター.com代表取締役CEO
1975年三重県伊勢市生まれ
1995年自治医科大学入学(県からの奨学金制度)
2001年自治医科大学卒業

日本小児科学会認定小児科専門医
国家資格ケアマネジャー

三重県立総合医療センター、国立病院機構三重中央医療センター、国立病院機構三重病院、伊勢赤十字病院、紀南病院
平成22年5月、新宮市に「すずきこどもクリニック」を開院
【製薬会社社外講師・CM出演等】
グラクソスミスクライン社、JCRファーマ社、杏林製薬、明治製菓ファーマ、鳥居薬品

【メディア出演・TV監修】
日本テレビ、読売テレビ、東京MX、テレビ朝日(医療監修)「くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館」

【著書】
日本一忙しい小児科医が教える病気にならない子育て術(双葉社)
開業医を救うオンライン診療(幻冬舎)

2020 年 10 月株式会社オンラインドクター.com を設立。

視野が狭くなっている気がしたり、まぶたが重く感じたりする症状がある場合、その原因は眼瞼下垂かもしれません。

眼瞼下垂はまぶたが垂れ下がって、上瞼を上げにくくなる疾患です。

まぶたの垂れ下がりによって視野が狭くなっているので、眼球自体に異常があるわけではありません。

今回はそんな眼瞼下垂について症状や種類、そして眼瞼下垂かどうかの見分け方や原因・治療法を詳しく解説します。

眼瞼下垂の症状

人は1日に約2万回、1年間で約700万回もまばたきをするといわれています。そのため年齢とともにまぶたも少しずつ衰えていくのです。

しかしまぶたはゆっくりと時間をかけて衰えていきます。突然症状が出るわけではないので、眼瞼下垂にも気が付きにくいのが特徴です。

そんな眼瞼下垂の主な症状をひとつずつご紹介します。

上瞼が十分に上がらない

眼瞼下垂で最も多い自覚症状は、上のまぶたが重くて上がらない、目が開けにくく視野が狭くなるといったものです。

また以前よりも二重の幅が広くなったり、眠たそうな目になったりと、見た目に変化が出るのも眼瞼下垂の症状に当てはまります。

さらに症状が悪化すると自力で目を開けられなくなり、日常生活に支障をきたすようになります。

視野が狭くなる

まぶたが垂れ下がることで視野が狭くなり、視力が下がったと感じたりものが見えづらくなったりします。

またまぶたが下がることで視界が悪くなり、自力でまぶたを上げようとおでこや眉毛付近の筋肉を使うことが多くなるため、額のしわが増加することもあるのです。

他にも、まぶたが重たくなることで目を十分に開くことができず、頭上のものに気が付かなかったり、上を見るときに頭を上げるようになったりします。

眼精疲労や頭痛

眼瞼下垂が原因で眼精疲労になることはよくあります。

まぶたを上げようと必要以上に力が入り、目の周辺の筋肉が過剰に働くことで眼精疲労が引き起こされます。

さらに無理をして目を開こうとするため筋肉が常に緊張状態となり、頭痛肩こりなどの随伴症状を引き起こすこともあります。

眼瞼下垂の症状の見分け方

眼瞼下垂の症状はまぶたが上げにくくなることですが、症状はゆっくりと進んでいくため、すぐには気が付かないことがほとんどです。

しかし眼瞼下垂かどうか、ある程度自分自身で見分ける方法もあります。それをご紹介しましょう。

まずはまぶたをしっかりと意識して、最大限に目を開いてください。

このときおでこや眉毛の筋肉は使わず、あくまでもまぶたの力だけで上げることがポイントです。

正常な状態だと、まぶたを開いたときに黒目の上に白目が見える状態になります。

ちなみに、瞳の中心からまぶたの縁までの距離が3.5mm以上だと正常値ですが、3.5mm以下になった場合には眼瞼下垂が疑われます。

軽症の場合

瞳の中心からまぶたの縁までの距離が3.5mm以下でまぶたが瞳孔の上にかかっていても、角膜に少し被る程度であれば軽症です。

いつも眠たそうに見られたり、二重の幅が広くなったりした場合も、同じく軽症の眼瞼下垂である可能性が高いです。

中等症の場合

瞳孔の上の縁からまぶたの縁までの距離がマイナス0.5mmまでは中等症です。

まぶたが重く感じるため、おでこや眉毛を動かす力でまぶたを持ち上げるようになります。

中等症ではまぶたが瞳孔の一部にかかっている状態です。

重症の場合

瞳孔の上の縁からまぶたの縁までがマイナス0.5mm以下になると重症です。目の奥に痛みが出たり、肩こりや頭痛が起こったりすることもあります。

重症の場合、眉毛だけが上がり瞳孔は半分以上隠れた状態になります。まぶたが窪むこともあるのが特徴です。

眼瞼下垂の種類

眼瞼下垂といってもすべて同じ分類というわけではなく、大まかに3つに分けることができます。

そのひとつは偽眼瞼下垂といって、その名の通り眼瞼下垂に見えるだけで、実際は眼瞼下垂ではないというものです。

眼瞼下垂に見られる動眼神経や眼瞼挙筋などに異常が認められず、眼瞼下垂の症状だけが見られる場合は別の病気が原因になっていることもあります。

これとは別に、本当に眼瞼下垂だった場合は先天性と後天性に分けられるので、それぞれをさらに詳しく見ていきましょう。

先天性眼瞼下垂症

先天性眼瞼下垂症は、生まれつき眼瞼下垂の症状がみられます。

まぶたを上げる筋肉が発達しないため生まれつきまぶたが下がっていて、約80%が片側の目に起こります。

ほとんどの場合視力などの機能に障害を及ぼすことはないのですが、弱視斜視が見られることもあります。

後天性眼瞼下垂症

後天性眼瞼下垂症は、加齢とともにまぶたが下がってくるのが特徴です。

また腱膜性眼瞼下垂といって、腱膜が伸びたりゆるんだりすることによって起こるもので、後天性眼瞼下垂のほとんどが腱膜性眼瞼下垂であるといわれています。

その他では、ハードコンタクトレンズを長年使用している方や、緑内障などの内眼手術の既往がある方に生じることもあります。

眼瞼下垂の主な原因

眼瞼下垂の原因としては、まぶたの筋肉に起こる異常が最も多いといわれています。

上のまぶたを収縮させる眼瞼挙筋という筋肉と、上のまぶたをつないでいる挙筋腱膜という筋肉が関係しています。

老化性の場合はまぶたを引き上げる力が低下したことによって起こり、老人性眼瞼下垂は高齢者のほとんどに認められるくらい多い疾患です。

さらに花粉症などで目を強く擦ったり引搔いたりすることで腱膜と瞼板が離れてしまい、これが原因で眼瞼下垂になることもあります。

また女性の場合は、アイメイクやつけまつ毛を落とすときに引っ張るなど、目元をゴシゴシと刺激することが原因になる場合もあるので注意しましょう。

眼瞼下垂の治療法

眼瞼下垂の治療は症状の程度によって変わりますが、基本的には手術を行います。

ただし軽症の場合は手術以外の方法で改善することもあるほか、自分で対処することも可能です。

基本は手術

眼瞼下垂と診断された場合、基本的に手術が主体の治療となります。ただしこれは眼瞼下垂の症状の程度や原因によって変わります。

たとえば眼瞼下垂の症状がみられるものの、実際は他のところに原因がある場合、まずはそちらの治療が優先されます。

また、眼瞼下垂と診断されたからといってすぐに手術が必要とは限りません。

眼瞼下垂の原因や症状の程度によって手術の方法や時期を相談しながら決めるので、よりよい治療法を見極めることができます。

反対に急いで手術が必要なケースは、先天性眼瞼下垂により瞳孔が隠れてしまっている場合です。

そのまま放っておくと視力が発達せず、弱視という状態になることもあるため早期治療が必要なのです。

軽症の場合は自然治癒も

眼瞼下垂は基本的に手術による治療が行われると説明しましたが、軽症の場合は自分で対処することも可能です。

クラッチ眼鏡といって、眼鏡のフレームにバネを取り付けて上瞼を上げる方法で、軽症の眼瞼下垂に有効だとされています。

軽症の場合はこのような眼鏡で対処することも可能ですが、まずは病院で診察を受けることをおすすめします。

眼瞼下垂の予防法

眼瞼下垂の予防で最も大切なことは、まぶたへの負担を減らすことです。

とにかくまぶたを擦らない、引っ張らないなどできるだけ刺激を与えないことを意識してください。

特に女性の場合は、アイプチやつけまつ毛の使用頻度を減らすことも予防につながります。どうしても使用したい場合は手順書に従って使ってください。

つけまつ毛を強く引っ張って外すような使い方をしていると眼瞼下垂は予防できません。

さらに、まぶた周辺の筋肉を鍛えるトレーニングも眼瞼下垂の予防に効果的です。

トレーニングの方法は、まず目を軽くつぶって3秒数えます。今度は先ほどよりも少し強い力で目をつぶり3秒数えます。

最後はまぶたをぎゅっと絞るようなイメージで5秒目をつぶり、ゆっくりと目を開けて終了です。

このトレーニングを1日に3セットほど繰り返すことで筋肉が鍛えられて、まぶたの皮膚をしっかりと支えることができます。

まぶたへの負担を減らし、空いた時間にトレーニングを行って眼瞼下垂を予防しましょう。

眼瞼下垂の早期発見のポイント

眼瞼下垂はある日突然症状が出るわけではありません。

少しずつゆっくりと進行していくため気が付きにくく、ある程度進んでから違和感を覚えるケースも少なくはないのです。

早期発見で重要なのは、日頃から自分の目をしっかり観察することです。

そこで、眼瞼下垂を早期発見するためのポイントを押さえておきましょう。

まずは眼瞼下垂の症状を把握しておくことです。

目の大きさが変わった、視野が狭くまぶたが重い、以前と比べて目に違和感ある、といった症状にいかに早く気付けるかがポイントです。

自分ではなかなか気が付きにくいこともあるので、第三者に確認してもらうことも効果的です。

疲れているのか、眠いのかと頻繁に質問されるようになったら眼瞼下垂の可能性を考えましょう。

また軽症な人ほど随伴症状を伴っていることが多いので、肩こりや頭痛はないか意識しておくことも重要だといえるでしょう。

まとめ

眼瞼下垂のほとんどは加齢に伴うまぶたの衰えが原因です。

年齢とともにまぶたの筋力が落ちるだけでなく、皮膚も垂れ下がってくるため上のまぶたが徐々に下がってきます。

そのため視野が狭くなったり、まぶたを上げるために額の筋肉を使ったりすることで随伴症状を伴うなど、まぶたが下がる以外にも様々な症状が出てきます。

最近は30代や40代の、比較的若い方も発症する傾向です。

長年のコンタクトレンズの使用のほか、スマホやパソコンなどによる目の酷使も眼瞼下垂を引き起こします。

これに加えて女性の場合は、アイメイクでまぶたを擦ることが原因で眼瞼下垂になる人もいるので注意が必要です。

軽症だからといって油断せず、気になる症状がある場合は速やかな受診を心がけ、早期発見に努めてください。

こちらの記事の監修医師

すずきこどもクリニック

鈴木幹啓 先生

〇病院名 :すずきこどもクリニック 〇医師  :鈴木幹啓 〇アクセス:和歌山県新宮市下田2丁目3−2 〇診療科 :小児科 〇経歴:株式会社オンラインドクター.com代表取締役CEO 1975年三重県伊勢市生まれ 1995年自治医科大学入学(県からの奨学金制度) 2001年自治医科大学卒業 日本小児科学会認定小児科専門医 国家資格ケアマネジャー 三重県立総合医療センター、国立病院機構三重中央医療センター、国立病院機構三重病院、伊勢赤十字病院、紀南病院 平成22年5月、新宮市に「すずきこどもクリニック」を開院 【製薬会社社外講師・CM出演等】 グラクソスミスクライン社、JCRファーマ社、杏林製薬、明治製菓ファーマ、鳥居薬品 【メディア出演・TV監修】 日本テレビ、読売テレビ、東京MX、テレビ朝日(医療監修)「くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館」 【著書】 日本一忙しい小児科医が教える病気にならない子育て術(双葉社) 開業医を救うオンライン診療(幻冬舎) 2020 年 10 月株式会社オンラインドクター.com を設立。

    • 和歌山県新宮市下田2-3-2地図を見る
    • 0735-28-0111
    • JR紀勢本線 新宮駅 徒歩10分
    • 小児科 小児眼科 小児耳鼻咽喉科 小児皮膚科 小児神経内科 小児泌尿器科 アレルギー科
    ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

    0

    「すずきこどもクリニック」は、和歌山県新宮市下田にあります。こちらの院長は、親しみやすい人柄から「地域の良き相談相手」として多くの患者さんに信頼されています。院長は大病院での勤務経験や小児科医長の実績をいかし、「子どもの”心身の健康、成長発達、病気予防・治療”をトータルにサポートしたい」という想いで平成22年小児専門クリニックを開院。広々と清潔感の溢れるクリニックでは19時まで診療受付が可能なことから、学校や仕事の後でも通いやすいと評判です。さらには再診外来や初診外来のオンライン診療も可能となり利用者が増えています。

     
    09:00 - 12:00
    15:00 - 17:00
    15:00 - 19:00
    -
    -
    -
    -
    -
    -
    -
    -
    -

    木曜17:00まで日曜AMのみ WEB順番受付可 窓口受付開始はAM8:30・PM14:00から臨時休診あり 午後2時~3時:健診・予防接種の時間

    インフルエンザ流行時期は火曜日午前も診療

    • オンライン診療
    • 新型コロナ自宅療養者対応
    • 電話診療可
    • バリアフリー対応
    • 駐車場あり
    • キッズスペースあり
    • 日曜診療
    • 祝日診療

    このクリニックの対応アプリ

    このクリニックの対応アプリは以下のアプリです。ボタンをクリックすると予約ページに遷移します。