発達障害の特性と種類を解説|見分けるポイントと主な症状は?検査方法や子どもをサポートする方法をご紹介

最終更新日:2021年8月24日

発達障害の特性と種類を解説|見分けるポイントと主な症状は?検査方法や子どもをサポートする方法をご紹介

こちらの記事の監修医師
医療法人社団ワッフル ぐんぐんキッズクリニック
中野景司 先生

〇病院名 :ぐんぐんキッズクリニック
〇医師  :中野景司
〇アクセス:大阪府堺市北区中百舌鳥町2丁21 大休ビル1F
〇診療科 :小児科
〇経歴:関西医科大学卒業。
関西医科大学小児科入局。附属病院勤務。
社会医療法人中野こども病院勤務(小児救急・小児一般病棟・感染症を担当)。
関西医科大学大学院。再生医療・免疫分野で博士号取得。
恩賜財団大阪府済生会泉尾病院(医長。アレルギー・感染症を担当)。
関西医科大学附属病院(アレルギー・感染症・医学教育を専門を担当)。
2013年、大阪府堺市北区に「ぐんぐんキッズクリニック」を開院。
2016年、大阪府堺市南区に「ぐんぐんキッズクリニック分院」を開院。
両院に病児保育室を開設し、医療だけでなく地域の子育て支援にも力を入れている。

資格
日本小児科学会専門医/ICD(インフェクション・コントロール・ドクター)

所属学会
日本小児科学会/日本感染症学会/日本小児感染症学会/日本アレルギー学会/
日本小児アレルギー学会/日本外来小児科学会

発達障害には様々な特性や種類があります。発達障害の種類によって特性に違いがあり、必要なサポート方法も異なります。

そのため、発達障害の子どもをサポートするためには特性や種類を理解しておく必要があるのです。

今回は、発達障害の特性について詳しく解説していきます。

発達障害の特性

発達障害には、それぞれ特性があります。

行動面や精神面に特徴的な部分があり、発達障害の子どもはそこに困難を覚えることが多いです。

物事の見え方・感じ方はその人にしか分かりません。

しかし、発達障害の特性を知っておくことで周囲の人がサポートできるでしょう。

周囲の人の理解や協力があれば、発達障害を抱えながら社会で生活することが可能になります。

発達障害の主な種類

発達障害には様々な種類があり、特性が異なります。

ここでは発達障害の主な種類を4つご紹介します。

理解を深めるためには、「発達障害」と一括りにせずそれぞれの特性を知っておく必要があります。

自閉スペクトラム症(ASD)

自閉スペクトラム症は、コミュニケーションや社会性に関連する脳の機能の偏りによる障害です。

「自閉症」や「アスペルガー症候群」も自閉スペクトラムに含まれます。

コミュニケーションによって対人関係を築くのが困難であるということ、興味や行動の対象が限られているのが特徴です。

対人関係でいうと、相手の表情や態度から気持ちを読み取ることが苦手です。そのため「空気が読めない」と誤解されることがあります。

他者とかかわることが苦手なので、環境の変化になかなか馴染めず子どもの場合は学校生活に支障が出ることもあります。

しかし、図形や物といった対人以外のことに対して得意なことが多いです。

こだわりが強いのも自閉スペクトラム症の特性の1つです。

注意欠陥・多動性障害(ADHD)

注意欠陥・多動性障害(ADHD)は、3つの特性に分けることができます。

・不注意性:不注意が多く日常生活に支障が出る

・多動性:落ち着きがなくじっとしていることが苦手

・衝動性:我慢できず思いついたことをすぐに行動に移してしまう

集団生活の中では、「落ち着きがない」「自分勝手」と思われてしまうことも少なくありません。

行動を注意されることで、感情的になってしまう場合もあります。

学習障害(LD)

学習障害(LD)は、学習において特定のものについて習得に困難をきたします。

読字障害(字を読むことが困難)、書字表出障害(文字を書くことが困難)、算数障害の3つに分類されます。

人によって症状がまったく違うので、本人の苦手を周囲が理解し、適切な環境を作ることが重要です。

例えば、読字障害がある場合は教科書を読んでも理解できませんが、口頭で教えられると理解することができます。

つまり、単に「勉強ができない」という訳ではありません。

チック障害

チック障害は、本人の意思とは関係なく動作や発声が出てしまう症状になります。

癖だと思われがちですが、こちらも発達障害の1つなのです。

ADHDやLDなどほかの発達障害の症状と併発することもあります。

発達障害を見分けるポイント

具体的に発達障害を見分けるポイントをご紹介します。

発達障害は複数の症状が併発する場合もあります。

自閉スペクトラム症(ASD)の場合

自閉症スペクトラムの症状は、早ければ1歳半ぐらいから現れることがあります。

以下が主なポイントです。

・目が合わない

・名前を呼んでも反応がない

・大人が指さした方向を見ようとしない

・自分の興味のあるものを指差ししない

・特定の音や光などを極端に嫌う

・手のひらをひらひらさせるなど特徴のある動作がみられる

・発語が遅い

1歳半健診でもポイントとされる項目です。

気になるポイントがあれば、小児科医や地域の発達相談などで相談してみましょう。

注意欠陥・多動性障害(ADHD)の場合

ADHDは7歳までに発症することが多いといわれます。多動・衝動性優位型、不注意優位型、混合型に分類されています。ポイントは以下になります。

・食事の時にじっと座っていられない

・整理整頓が苦手で忘れ物が多い。

・スーパーやショッピングセンターなどですぐにどこかに行き迷子になる

・おもちゃが気になると中身を無理やりあけてしまう

・怪我が多い

・何度注意されても同じことを繰り返す

・何かに集中すると声をかけても反応がない

ADHDはASDと症状が似ている部分もあるので、気になる症状があれば医療機関や行政機関で相談をしてみましょう。

学習障害(LD)の場合

LDは小学2年生から4年生で判明することが多いです。

学校の授業で読み書き計算が始まらないと分かりにくい症状なので、就学前には気づきにくい障害です。

見分けるポイントは以下の通りです。

・音読が遅い・読んだ内容を理解することが困難

・文字を書くことが難しい・書き写しが遅い

・文字や漢字が覚えられない

・文章のルールがわからず作文が苦手

・九九の暗記や計算ができない

・図形や応用問題が苦手・文章問題がわからない

学校での様子は家庭ではなかなかわからないので、授業での様子などを担任の先生に確認して、気になる症状をチェックしてみましょう。

子どもの発言では「文字が記号に見える」「教科書が迷路みたい」といったことに注意してください。

チック障害の場合

前章でも触れましたが、チック障害は一見癖と間違われやすい症状です。

4歳から11歳の間に症状が現れることが多く、運動チックと音声チックの2種類があります。

見分けるポイントはこちらです。

・首を振る

・目をパチパチする・顔をしかめる

・咳払いが多い

・奇声を上げる

一時的なストレスで症状が出ることがあります。また成長とともに症状が減って落ち着いていくことが多いようです。

発達障害の原因

気になるのが、発達障害の原因です。原因が分かれば予防することもできるのではと期待する人もいるでしょう。

発達障害は、何らかの原因により先天的に脳の一部の機能に障害があることが原因とされています。

しかし、ハッキリとした原因はまだ解明されていないのです。

ただ1つ明確にされているのは、育て方が原因ではないということです。

わが子が発達障害だと分かると自分を責める親も少なくありません。育て方の問題ではないので責める必要は全くないのです。

発達障害の検査方法

発達障害と診断されるには、医師の問診のほかにいくつかの検査があります。

問診で発達障害の特性があるというだけでなく、診断の判断材料となる検査があるのです。

それらの結果をもとに総合的に判断して発達障害の診断が下ります。

ここでは発達障害の診断に用いられる検査方法をご紹介します。

・WISC-IV知能検査

・田中ビネー知能検査Ⅴ

・新版K式発達検査

WISC-IVは、言語理解・知覚推理・ワーキングメモリの4つの指標とIQを数値化する検査です。

本人の得意な部分と苦手な部分を判断し、必要な環境や支援を考える手がかりにします。

適応年齢は5~16歳11か月となっています。

田中ビネー知能検査Ⅴは、精神年齢やIQが分かるので知的水準と実際の年齢との違いが見えてきます。

年齢級によって検査をするので、2歳から成人まで幅広い年代に適応しています。

新版K式発達検査は、「姿勢・運動」「認知・適応」「言語・社会」の3領域で評価します。

自然な行動の観察や言語や動作の反応を記録し、発達の偏りを総合的に判断します。0歳から成人まで対応可能です。

子どもをサポートする方法

わが子が発達障害だと診断されたら、どうすればいいか不安になる人は少なくありません。

学校でいじめられないか、将来自立できるのか悩む人もいるでしょう。

ここでは発達障害の子どもをサポートする方法をご紹介します。

家族全員が協力する

発達障害の子どものサポートは、家族全員の協力が必要です。

まだ発達障害が世間一般に知られる前は、「育て方が悪い」という見方をされることもありました。

そして家庭の中では、赤ちゃんの頃から一緒にいる時間が長い母親が抱え込むことが多かったのです。

しかし、発達障害はその子のせいでもなければ、親の育て方が悪い訳でもありません。

だからこそ家族全員で発達障害について理解し、子どもをサポートする必要があるのです。

基本的な発達障害への理解だけでなく、子どもの特性やサポート方法について情報共有をしましょう。

子どもが混乱しないために、家族全員で共通のルールを作っておくことをおすすめします。

生活環境を整える

発達障害の子どもをサポートするためには、生活環境を整えることも大切です。

身の回りの作業については、可能な限り大人が一緒に確認するようにしましょう。

特にADHDの場合は忘れ物防止にもつながります。学校に忘れ物をすると、それが子ども自身の混乱を招くことになりかねません。

またゲームにはまる子供が増えていますが、ゲームの時間・ルール・使い方をきちんと話し合って決めるようにしてください。

生活リズムを整えることで、子どもの発達や精神状態にもいい影響が出ます。

変化に対応するのが苦手な子どもには、時間割のようにあらかじめこれからの予定を見やすくしておくといいでしょう。

LDの場合は<特性に合わせた勉強方法を見つけ、必要に応じてタブレットなどの教材を取り入れるという方法もあります。

子どもの「できた」「わかった」という成功体験を増やしてあげましょう。

正しい接し方をする

正しい接し方をすることにより、子どもの困り感を少なくすることができます。

家庭だけでなく学校などにも協力を呼び掛けて、本人にとっての適切な接し方を心がけることが大切です。

発達障害の特性をもつ子どもは、自己肯定感が低くなることも少なくありません。

悪いところはほかの人の目に届かないところで簡潔にわかりやすく注意し、できたことはしっかりほめるようにしましょう。

曖昧な言葉がけは本人の混乱を招く恐れがあるので、何かを伝えるときは具体的にゆっくりと簡潔に話すことが大事です。

言葉でのコミュニケーションが難しい子どもには、イラストを使ったり、単語を書いたカードを使ったりする方法もあります。

感情的になってしまっている場合は、場所を変えてクールダウンさせることも必要です。

子どもが落ち着くことができる部屋や、スペースを作っておくのもいいでしょう。

感情的になっても、そこに入れば落ち着くという安心できる場所が必要です。

その場合は、無理に話しかけたり関わろうとしたりせずに、ゆっくり見守るようにしましょう。

必要に応じて医療機関を受診することも大切

発達障害で最も困難を抱えているのは本人です。

頭の中で色々なものが飛び交い、混乱してしまうこともあります。

そして、家族を始め周囲の人が理解してくれないことで苦しむ場合もあるのです。

無理に苦手を克服しようとして、さらに症状が悪化するパターンも少なくありません。

大人になって生きづらさを感じる人の中には、実は発達障害の特性をもつ人もいます。

周囲の人に気づかれないまま、苦しみながら成長してきたということです。

もしわが子が発達障害だと思ったら、あるいは大人になって自分が発達障害かもしれないと感じたら医療機関を受診することも大切です。

まとめ

発達障害には様々な種類があり、種類によって特性やサポート方法が異なります。

周囲の人がサポートするにあたり、大切なのは発達障害について正しく理解して関わることです。

どのようなサポートが必要なのか理解することで、本人の苦手や困りごとを和らげることができます。

もし、発達障害のことで悩んだり迷ったりすることがあれば、早めに医療機関で相談しましょう。

こちらの記事の監修医師

医療法人社団ワッフル ぐんぐんキッズクリニック

中野景司 先生

〇病院名 :ぐんぐんキッズクリニック 〇医師  :中野景司 〇アクセス:大阪府堺市北区中百舌鳥町2丁21 大休ビル1F 〇診療科 :小児科 〇経歴:関西医科大学卒業。 関西医科大学小児科入局。附属病院勤務。 社会医療法人中野こども病院勤務(小児救急・小児一般病棟・感染症を担当)。 関西医科大学大学院。再生医療・免疫分野で博士号取得。 恩賜財団大阪府済生会泉尾病院(医長。アレルギー・感染症を担当)。 関西医科大学附属病院(アレルギー・感染症・医学教育を専門を担当)。 2013年、大阪府堺市北区に「ぐんぐんキッズクリニック」を開院。 2016年、大阪府堺市南区に「ぐんぐんキッズクリニック分院」を開院。 両院に病児保育室を開設し、医療だけでなく地域の子育て支援にも力を入れている。 資格 日本小児科学会専門医/ICD(インフェクション・コントロール・ドクター) 所属学会 日本小児科学会/日本感染症学会/日本小児感染症学会/日本アレルギー学会/ 日本小児アレルギー学会/日本外来小児科学会

    • 大阪府堺市北区中百舌鳥町2丁21 大休ビル1F地図を見る
    • 072-275-8502
    ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

    0

     
    08:30 - 11:30
    13:30 - 15:30
    16:00 - 19:00
    -
    -
    -
    -
    -
    -
    -
    -
    -
    -
    -
    -

    ※13:30〜15:30の診療は完全予約制

    ※新型コロナウィルス感染拡大により、診療時間・休診日等が表示と異なる場合がございます。ご了承ください。