オンライン診療対応クリニック病院検索・クリニック動画紹介のイシャチョク

肋間神経痛の症状を解説!似た症状が現れる主な病気は?肋間神経痛の予防や早期発見のポイントもご紹介

最終更新日:2021年8月24日

肋間神経痛の症状を解説!似た症状が現れる主な病気は?肋間神経痛の予防や早期発見のポイントもご紹介

こちらの記事の監修医師
すずきこどもクリニック
鈴木幹啓 先生

〇病院名 :すずきこどもクリニック
〇医師  :鈴木幹啓
〇アクセス:和歌山県新宮市下田2丁目3−2
〇診療科 :小児科
〇経歴:株式会社オンラインドクター.com代表取締役CEO
1975年三重県伊勢市生まれ
1995年自治医科大学入学(県からの奨学金制度)
2001年自治医科大学卒業

日本小児科学会認定小児科専門医
国家資格ケアマネジャー

三重県立総合医療センター、国立病院機構三重中央医療センター、国立病院機構三重病院、伊勢赤十字病院、紀南病院
平成22年5月、新宮市に「すずきこどもクリニック」を開院
【製薬会社社外講師・CM出演等】
グラクソスミスクライン社、JCRファーマ社、杏林製薬、明治製菓ファーマ、鳥居薬品

【メディア出演・TV監修】
日本テレビ、読売テレビ、東京MX、テレビ朝日(医療監修)「くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館」

【著書】
日本一忙しい小児科医が教える病気にならない子育て術(双葉社)
開業医を救うオンライン診療(幻冬舎)

2020 年 10 月株式会社オンラインドクター.com を設立。

肋間神経痛と聞いて恐ろしい病気だと感じる人は少ないでしょう。

肋骨のあたりにビリビリと痛みを感じる、といったような印象を持っている人が多いかもしれません。

しかし肋間神経痛の裏には重篤な病気が隠れていることがあります。

痛みが続くのであれば自己判断はせず、早めに医療機関を受診しましょう。

また原因となる病気がなくても、痛みが続くことでさらに痛みが増し、生活に支障をきたす場合もあります。

痛みをずっと我慢する必要はありません。肋間神経痛のことを知り、適切に対処できるようにしていきましょう。

肋間神経痛の主な症状

肋間神経痛とは、肋骨に沿って走る肋間神経から発生する痛みによる症状を指します。

主な痛み

肋間神経痛は神経障害性疼痛の圧迫・絞扼感に分類される病態です。

持続的もしくは間欠的な自発性の痛みと、刺激によって誘発される痛みがあり、感覚の異常を合併するのが特徴とされています。

痛みの指標は以下の通りです。

・針で刺されるような痛みがある

・電気が走るような痛みがある

・焼けるような、ひりひりする痛みがある

・しびれの強い痛みがある

・衣類が擦れたり、冷風に当たったりするだけで痛みが走る

・痛みの部位の感覚が低下していたり、過敏になっていたりする

・痛みの部位の皮膚がむくんだり、赤や紫に変色したりする

激しく鋭い痛みが続いて、一度治まってもまた繰り返します。

通常では痛みが生じない刺激によって引き起こされる痛み(アロディニア)も特徴的です。

深呼吸や咳、大声や体勢の変化によっても痛みが誘発されることがあります。

痛みへのとらわれが強くなると、痛みが起こるような日常生活を避け、過度に安静を保つようになっていきます。

これが抑うつに繋がると身体機能も衰えていき、ついには慢性疼痛症候群という状態になりかねません。

痛みが与える影響はとても大きいものです。

痛くなる場所

主に、背骨から片側の1本の肋骨に沿って痛みが走ります。その理由は肋間神経の走行にあります。

肋間神経とは脊椎神経(胸神経)から出て、胸腹部に分布する末梢神経のことで、背中から出て肋骨に沿って胸の中心にある胸骨に向かって伸びています。

左右12対あり、計24本あります。その肋間神経のどこかに異常が生じ、出た痛みが肋間神経痛です。

肋間神経痛の原因

肋間神経痛は原因の有無により続発性原発性に分けられます。

続発性肋間神経痛

痛みを起こす原因となる疾患が存在するものを、続発性肋間神経痛とよびます。

この場合、まず考えられるのが筋骨格系の異常です。以下の症状や病気が考えられます。

・関節の機能異常や炎症

 ・肋骨や胸椎の骨折、捻挫

 ・椎間板ヘルニア

 ・側弯症

またがんを患っている場合や、それに関連した症状として神経痛が発生することもあります。

 ・神経原発がん

 ・がんの神経浸潤

 ・がんによる神経圧迫

 ・骨転移(肋骨・脊椎)

 ・化学療法誘発性

このほか感染による痛みが生じる可能性もあります。帯状疱疹後神経痛が当てはまります。

帯状疱疹の急性期の痛みは肋間神経痛とは区別しますが、帯状疱疹発症後のどの時点から帯状疱疹後神経痛とするのかは、明確ではありません。

帯状疱疹痛と帯状疱疹後神経痛は、まとめて帯状疱疹関連痛と呼ばれることもあります。

原発性肋間神経痛

特発性肋間神経痛ともいい、詳細な検査をしても原因が特定できないものを指します。

原発性肋間神経痛は、片側の肋骨に沿って発作的に針で刺したような痛みが起こります。

肋間神経の異常興奮によって引き起こされるといわれています。

似た症状が現れる病気

胸の痛みという点では似ていますが、肋間神経の障害が原因ではない病気もあります。

その中には、緊急性の高い疾患が多く存在します。

痛みの原因は肋間神経の障害によるものではありません。

痛みが出る場所・痛みの出ている時間の長さ・痛みが出る場面(運動をしているとき・寝ているときや早朝・食事時間の前後など)などに違う特徴がみられます。

胸の痛みのほかに、息苦しさ、冷汗、吐き気、嘔吐など、別な症状が同時に現れることもあります。

これらは病気の推測をするうえでとても大切な情報です。

では、具体的にどのような病気があるのかを見ていきましょう。

心臓の病気

まず胸膜炎や膿胸ですが、これは胸膜に炎症が起こり、胸の中に膿がたまる病気です。

発熱を伴うことが一般的ですが、悪性疾患委伴う胸膜炎の場合は発熱を伴わないこともあります。

鈍い痛みが生じ、呼吸によって症状の変動が起きることが多いです。

2つ目に狭心症や心筋梗塞などの虚血性心疾患があげられます。

胸が締め付けられるような痛み・圧迫感のほか、首や肩、歯の痛みを感じる場合もあります。

痛みが数分で治まらない、短時間に何度も繰り返す場合は、すぐに救急車を呼んでください。

3つ目は急性解離性大動脈瘤 です。

大動脈に亀裂が生じ、胸部~腹部にかけて、今までに経験したことがないような激痛が起こります。

一刻も早い救命処置が必要です。

4つ目は急性心膜炎・ウイルス性心膜炎・感冒症状の後に、胸の痛みが出現します。

痛みは呼吸、体動、咳、嚥下などで増強するのが特徴です。

胸膜炎を合併すると、さらに痛みが増します。

最後に、肺高血圧症も考えられます。

鎖骨下の鈍痛や胸部の圧迫感を生じ、これが労作によって増強します。

肺の病気

代表的な病気は肺がんです。原発性または転移性腫瘍が胸壁まで浸潤すると、持続性の強い痛みを感じます。

また肺炎も胸の痛みを伴うことがありますが、咳や痰、発熱、全身倦怠感などが特徴的です。重症化すると呼吸困難を生じます。

気胸や肺塞栓・肺梗塞も同じく、突然の胸痛と息苦しさを感じ、深呼吸や咳で痛みが増強します。

気胸は若い男性のほか、呼吸器疾患(肺気腫、気腫性のう胞など)がある中高年にも多くみられます。

一方で肺閉塞・肺梗塞は、避妊薬を内服している女性にも起こりうる病気です。

食道や胃・十二指腸の病気

食道や胃、十二指腸に何かしらの疾患がある場合も、肋骨あたりに痛みが生じます。

例えば逆流性食道炎は胃酸の逆流で生じる症状なので、仰臥位で胸やけや胸痛が増強します。

また胃潰瘍は上腹部の痛みが中心ですが、胸痛が現れる場合もあります。吐血・下血・嘔吐・悪心や、背部への放散痛がみられるときは要注意です。

骨の病気

骨の異常で肋骨が痛む場合、代表的な病気が肋軟骨炎です。

片側の複数の肋骨に非化膿性の炎症が起こり、体幹の動きや深呼吸、上肢の運動で痛みが悪化します。

痛みは通常2か所以上で起こります。

その他

これ以外にも、肋間神経痛に似た痛みを生じさせる疾患がいくつかあります。

まず帯状疱疹ですが、皮疹が出現する2~7日前に出る症状がその部位の痛み・知覚異常・掻痒です。

これが胸のあたりだと「ピリピリ」「ズキズキ」といった痛みとして感じます。

皮疹が出現する前は頭痛や胸痛、腹痛を訴え、発熱や倦怠感、易疲労性などの全身症状を伴います。

心臓神経症も胸の痛みがありますが、それ以外に動悸・息苦しさも生じるのが特徴です。

ただし心臓自体に異常は見つかりません。不安や緊張などのストレスや過労が原因と考えられています。

同じく身体的な異常が見られない病気として、プレコーディアル・キャッチ症候群(胸痛症候群)があげられます。

これは原因不明の胸痛で、14~20歳くらいの若い女性に多く見られる病気です。

チクチク、ピリピリと刺すような痛みがピンポイントで生じます。

体位の変化に伴い消失したり出現したりしますが、日が経つと自然に軽快していくのが特徴です。 

最後に、中年の女性に生じやすいのが繊維筋痛症です。背部を中心とする慢性的な全身の痛みで不眠や疲労感などを生じさせます。

原因は不明ですがストレスや外傷、手術などが誘因となることもあります。

このとおり、似たような症状といっても数多くの病気が存在しています。

痛みがある場合は、これらの病気が潜んでいないかをきちんと検査することも重要です。

肋間神経痛の治療法

続発性肋間神経痛の治療は、原因となる病気の治療から始まります。

原因となる病気の治療については病気ごとに様々な治療法がありますので、ここでは痛みに対しての治療法に絞って説明していきます。

痛みを取る治療として行われるのは主に薬物療法です。

薬剤の選択にはアルゴリズムがあり、第一選択薬から順に投与して効果や副作用などを確かめながら調整していきます。

一般的な痛み止めとして知られているNSAIDsアセトアミノフェンといった薬が使われることもあります。

また抗うつ薬やオピオイド鎮痛薬など、痛みの種類や強さにあわせて処方が行われることもあります。

服用するだけではなく、皮下注射や貼付薬も存在します。

原発性のものや、続発性の原疾患の治療による痛みの緩和が難しく、オピオイド鎮痛薬(麻薬)の使用など特殊な薬物療法が必要な場合もあるでしょう。

その際はペインクリニックなど、専門医にかかることをおすすめします。

薬物療法だけで痛みのコントロールが難しい場合には、神経ブロック理学療法を組み合わせて治療にあたることもあります。

無理をせず安静にすることも必要ですので、主治医と相談しながら治療を進めていきましょう。

肋間神経痛の予防法

続発性肋間神経痛の原因の多くは筋骨格系の異常です。

加齢による筋力の低下や骨の脆弱化は骨格の変形に繋がり、骨折やヘルニアなどの原因となってしまいます。

またストレスも痛みを生んだり悪化させたりしますので、ため込まないように気を付けましょう。

脊椎を支える筋肉や靭帯の老化防止と強化

老化を防ぎ筋力を強化するために、ウォーキングなどの適度な運動を定期的に行いましょう。

適度な運動は、痛みを軽減させます。

また筋力保持のためには、良い姿勢を保つことも効果的です。

日々の規則正しい生活

免疫力が落ちると、帯状疱疹などの感染症にもかかりやすくなります。バランスの良い食事・適度な睡眠を心がけましょう。

またストレスや疲労をためないようにすることや、体を温めることも重要です。

肋間神経痛の早期発見のポイント

早期発見するには、自己判断せずに受診することです。

そしてどんな痛みなのかをきちんと説明することが、早期発見・早期診断への重要なポイントになります。

痛みの原因があれば取り除くことが必要です。原因が分からなくても、痛みが強かったり長く続いたりすれば、生活に支障をきたす場合もあります。

何科を受診すればよいか分からない時は神経内科がおすすめですが、内科や整形外科でも診察可能です。

通院を続けているのに痛みが取れない場合は、紹介状をもってペインクリニックを受診するという方法もあります。

もし高血圧・脂質異常症・糖尿病・肥満・喫煙などリスクをお持ちの方であれば、狭心症などによる胸の痛みではないか一度検査してみましょう。

痛みの原因がない原発性の肋間神経痛であっても、痛みが重症化する前に肋間神経痛であると診断ができれば、治療がスムーズに進みやすくなります。

経験のない痛みは医療機関へ

胸の痛みがある場合急性解離性大動脈瘤心筋梗塞など、命にかかわるような重大な病気を発症している可能性もあります。

我慢できないほどの痛みに加え、冷や汗をかいたり呼吸が苦しくなったりするなどの症状が起こっていれば、かなり重篤な状態であるかもしれません。

すぐに救急車を呼んでください。

まとめ

不安は痛みを増強させます。痛みは不安を増強させます。つらい痛みを我慢し続ける必要はどこにもありません。

大切なのは自己判断せずに、痛みの重症化や原因となる病気の進行がない、できるだけ早期適切な治療を受けることです。

そして自分自身で痛みについて正確に説明できることが、適切な治療を受けるための近道となります。

肋間神経痛になってしまったとあきらめずに痛みと上手く付き合い、日常生活をゆっくり

取り戻していきましょう。

適度な運動や規則的な生活は予防だけでなく、症状改善にもつながっていくでしょう。

こちらの記事の監修医師

すずきこどもクリニック

鈴木幹啓 先生

〇病院名 :すずきこどもクリニック 〇医師  :鈴木幹啓 〇アクセス:和歌山県新宮市下田2丁目3−2 〇診療科 :小児科 〇経歴:株式会社オンラインドクター.com代表取締役CEO 1975年三重県伊勢市生まれ 1995年自治医科大学入学(県からの奨学金制度) 2001年自治医科大学卒業 日本小児科学会認定小児科専門医 国家資格ケアマネジャー 三重県立総合医療センター、国立病院機構三重中央医療センター、国立病院機構三重病院、伊勢赤十字病院、紀南病院 平成22年5月、新宮市に「すずきこどもクリニック」を開院 【製薬会社社外講師・CM出演等】 グラクソスミスクライン社、JCRファーマ社、杏林製薬、明治製菓ファーマ、鳥居薬品 【メディア出演・TV監修】 日本テレビ、読売テレビ、東京MX、テレビ朝日(医療監修)「くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館」 【著書】 日本一忙しい小児科医が教える病気にならない子育て術(双葉社) 開業医を救うオンライン診療(幻冬舎) 2020 年 10 月株式会社オンラインドクター.com を設立。

    • 和歌山県新宮市下田2-3-2地図を見る
    • 0735-28-0111
    • JR紀勢本線 新宮駅 徒歩10分
    • 小児科 小児眼科 小児耳鼻咽喉科 小児皮膚科 小児神経内科 小児泌尿器科 アレルギー科
    ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

    0

    「すずきこどもクリニック」は、和歌山県新宮市下田にあります。こちらの院長は、親しみやすい人柄から「地域の良き相談相手」として多くの患者さんに信頼されています。院長は大病院での勤務経験や小児科医長の実績をいかし、「子どもの”心身の健康、成長発達、病気予防・治療”をトータルにサポートしたい」という想いで平成22年小児専門クリニックを開院。広々と清潔感の溢れるクリニックでは19時まで診療受付が可能なことから、学校や仕事の後でも通いやすいと評判です。さらには再診外来や初診外来のオンライン診療も可能となり利用者が増えています。

     
    09:00 - 12:00
    15:00 - 17:00
    15:00 - 19:00
    -
    -
    -
    -
    -
    -
    -
    -
    -

    木曜17:00まで日曜AMのみ WEB順番受付可 窓口受付開始はAM8:30・PM14:00から臨時休診あり 午後2時~3時:健診・予防接種の時間

    インフルエンザ流行時期は火曜日午前も診療

    • オンライン診療
    • 新型コロナ自宅療養者対応
    • 電話診療可
    • バリアフリー対応
    • 駐車場あり
    • キッズスペースあり
    • 日曜診療
    • 祝日診療

    このクリニックの対応アプリ

    このクリニックの対応アプリは以下のアプリです。ボタンをクリックすると予約ページに遷移します。