毛嚢炎の症状となりやすい人の特徴を解説|なかなか治らないニキビの正体は?毛嚢炎の治療法と予防法も紹介

最終更新日:2021年8月24日

毛嚢炎の症状となりやすい人の特徴を解説|なかなか治らないニキビの正体は?毛嚢炎の治療法と予防法も紹介

こちらの記事の監修医師
天下茶屋あみ皮フ科クリニック
山田貴博 先生

〇病院名 :天下茶屋 あみ皮フ科クリニック
〇医師  :山田貴博
〇アクセス:大阪市西成区岸里1−1−4
〇診療科 :皮膚科
〇経歴:名古屋市立大学医学部卒
卒業後は大阪大学大学院医学系研究科 神経細胞生物学講座で基礎医学研究に従事。
NTT西日本大阪病院、阪南中央病院で研修後、阪南中央病院皮膚科に勤務。

毛嚢炎は皮膚内部の毛根付近に生じる化膿性の炎症です。

一般的には皮膚表面や内部に細菌が入り込むことが原因で膿ができ、浅いものから深いものまでさまざまな症状があります。

症状がニキビと類似しているため、見間違えてしまう方もいるかもしれません。

しかしニキビとは原因菌が違うため、ニキビの治療薬を使っても毛嚢炎は治りません。

毛嚢炎になりやすい人は体毛の自己処理を頻繁にされる方や肌を清潔に保つことができていない方が多いといわれています。

もちろん肌の状態によって炎症を起こしやすい方、起こしにくい方がいるため一概にはいえません。

今回は毛嚢炎の具体的な症状や発症原因、治療法や予防する方法を詳しく解説します。

毛嚢炎の症状

毛嚢炎は毛穴の奥で毛根を包んでいる毛包と呼ばれる部分に、ブドウ球菌が侵入して感染することで起きる炎症です。

症状は一般的なニキビと類似しており、皮膚の表面に小さな赤いもの白い吹き出物ができることが多いです。

顔だけでなく、全身のあらゆる部分にできますが、特に首の後ろや太もも、お尻や陰部などデリケートゾーンにもできやすいことが特徴です。

赤・白色の吹き出物

毛嚢炎は直径1㎝以下の赤い丘疹といわれるブツブツがあることが多く、内部(真ん中)に白や黄色の膿を含んでいることがあります。

炎症を起こした肌でよくみられるニキビに似ていますが、ニキビのような芯はありません。

また皮脂の分泌も少ないため乾燥した肌によく発生し、毛穴がある部分はどこでもできる可能性があります。

かゆみ・痛みがある場合も

かゆみやかすかな痛み、圧痛を感じる場合がありますが、基本的にはそれ以外の症状はほとんど見られません。

毛嚢炎の原因

毛抜きや剃刀を使用したムダ毛処理の後に起こりやすく、毛穴に黄色ブドウ球菌などの細菌や真菌が入り込むことで炎症を引き起こします。

これ以外にも、ステロイドの塗り薬を長期にわたって使用した場合や汗で肌が湿っていたりする場合も起こりやすくなります。

軽い毛嚢炎の場合は、肌を清潔に保っていれば数日で自然に治っていくケースが大半です。

しかし症状が長引いたり頻発したりする際は、皮膚科を早めに受診して医師に相談・治療を行うことをおすすめします。

その他にも寝具の汚れによる皮膚の不衛生などが原因として挙げられます。

枕やシーツなどは毎日肌に触れるものなので、こまめに洗っていないと皮膚に雑菌が付着して毛嚢炎を起こすことも少なくありません。

黄色ブドウ球菌

ブドウ球菌は人の鼻の中に生息している細菌であり、その特性上衛生状態が悪い環境で繁殖しやすい傾向にあります。

最近はメチシリンといわれる一般的な抗菌薬が効かないメチシリン耐性黄色ブドウ球菌が原因のものも増えています。

そのような細菌は、小さな傷などから皮膚の中に入り込むことで症状を引き起こしています。

慢性的な皮膚疾患を患っている方はちょっとした傷口から毛嚢炎になりやすいと考えられるため注意が必要です。

緑膿菌

緑膿菌が原因の場合は塩素処理が不十分な循環式の浴槽やジャグジーバス、公共プールなどに入った後に生じることが多いです。

水着でそのような場所に入ると、水着で覆われている体や陰部などに摩擦が生じ、炎症を引き起こす可能性があります。

その場合は、6時間〜5日程度で発症して吹き出物ができます。

また脱毛レーザーや光脱毛などを行った際も毛根の部分に熱が加わるため発症しやすい状態です。

毛嚢炎になりやすい人の特徴

健康な人と比較して慢性的な皮膚病を持っている人、都会などの人混みや空気の汚れた環境で過ごすことが多い人は肌を清潔に保持することができません。

そのため毛穴が開いた状態が続き、毛嚢炎になりやすいのです。

毛嚢炎は肌を清潔に保っていないと、老若男女誰でも発症することがあるので注意しましょう。

特に高齢者糖尿病を患ったことがある人はかかりやすい傾向にあります。

皮膚病を患っている

何かしらの皮膚病を患っている人は常在菌が肌内部に侵入しやすいため、皮膚の状態をより清潔に保つ必要があります。

特に鼻の中にはブドウ球菌が多いので注意が必要です。

汗をかきやすい

代謝が良く汗をかきやすい人も毛穴が開きやすいため、毛嚢炎になるリスクは高まります。

汗をかいた場合はしっかりと拭きとるか洗い流し、毛穴が開いたままにしないことが大切です。

免疫力が低下している

免疫が低下している人や肥満、高齢者、糖尿病の人は体内の循環が悪くなりがちです。

これによって肌の潤いを保持できないため乾燥し、毛穴が開いてしまうことが毛嚢炎の発症につながります。

このように、免疫力が低下している場合も毛嚢炎になりやすい傾向です。

毛嚢炎はニキビと間違いやすい

毛嚢炎とニキビは一見すると同じもののように見えますが、それぞれ原因となる菌が異なります。

毛嚢炎の原因は表皮ブドウ球菌や黄色ブドウ球菌ですが、ニキビはアクネ菌による感染症です。

毛嚢炎の治療法

毛嚢炎の数が少ない場合は自然治癒することが多いため、特に治療する必要はありません。

しかし痛みがある場合や数が多い場合は、抗菌薬の内服や外用を行います。

ひとつの抗菌薬で改善しない場合は薬剤感受性検査の結果から、効果が期待できる別の抗菌薬に変更して様子を見るのが通常です。

基本的には内服や外用ですが、細菌の種類が増えてきていることから治療薬も変化しています。

カンジダ性毛嚢炎の場合は、抗真菌剤といわれるカビに効果のある外用薬を使用することで改善する可能性が上がります。

外用薬

基本的には自然治癒するものですが、状態が悪いときは外用薬を使用します。

この場合は主に湿疹や炎症を抑えるための副腎皮質ステロイド系の軟膏を塗布することで症状が改善していきます。

しかしステロイドは塗りすぎるとかえって毛嚢炎を悪化させてしまうことや、長期にわたって使用すると副作用が出現する可能性が上がります。

ステロイドには肌の免疫を抑える作用があり、過剰に使用すると逆に雑菌に感染しやすくなる可能性があるのです。

そのため、外用薬を使っての治療はできるだけ短期間で行うことが多いです。

内服薬

自然治癒・外用薬の使用でも症状が改善しない場合や毛嚢炎の数が多い場合は、抗生物質を含んだ内服薬を処方されることもあります。

毛嚢炎の予防法

毛嚢炎になるのを防ぐには、肌を清潔に保持することや睡眠食事などで栄養を十分とり肌の免疫機能を落とさないことが重要です。

体の衛生状態をキレイに保つ

毛嚢炎を防ぐために特別なことを行う必要はなく、規則正しい生活や肌を清潔に保つ正しい知識が必要です。

まず、食事は3食きっちりと栄養バランスを考えて摂取しましょう。

脱毛後の毛穴は開いてしまうため、雑菌が入らないように保湿クリームを塗布して肌をケアする必要があります。

そして肌を清潔にして毛嚢炎を防ぐには、洗い方が重要です。

脱毛直後は毛穴が開いた状態なので肌が敏感になっています。脱毛直後は石けんなど肌への負担は極力控えてください。

使用する場合は肌に合ったマイルドなものを選択し、しっかりと泡立ててクッションのような状態を作ってから、肌をこすらないように使います。

ゴシゴシと強い力で擦るのはおすすめできません。

また運動後など汗をかいた際も、雑菌が繁殖しないようにしっかりと押さえるようにして拭きとってください。

可能であればシャワーで洗い流すのがいいでしょう。

入浴時など洗体の場面でも、摩擦に気をつけながら行うことが非常に重要です。

健康的な生活を送る

食事や睡眠などは肌のトラブルに直結しやすいため、基本的なことですが規則正しい生活をすることが重要です。

食事はバランスも考慮し、食事だけで補えない部分に関してはサプリメントなどの摂取も有効です。

正しい直し方はかかりつけの医師に相談

人の肌トラブルは原因が複雑で多岐にわたります。そのため自己判断で対処すると症状悪化のリスクを高めてしまうのです。

毛嚢炎は症状が軽い場合とくに検査を行いませんが、症状の程度によっては培養検査を実施します。

この検査は膿疱の膿を培養し、どんな菌に感染しているかを明らかにするものです。

原因となっている菌が特定されると、薬剤感受性検査を実施します。その結果により治療に用いる抗菌薬を適切に選択することができるのです。

毛嚢炎と診断されて薬を処方されても、どのようにケア(治療)したらよいのか分からず困ってしまいます。

その場合は自分1人で悩まず、かかりつけの医師や看護師に相談しましょう。

基本的には肌を清潔の保持することが1番の予防ですが、ニキビができやすい方がいるのと同様に毛嚢炎になりやすい方もいます。

そのため自然に治癒しない場合や少しでも肌の違和感を覚えたときにはクリニックに行って診察を受けてください。

クリニックでは医師が副作用のリスクも踏まえて外用薬や内服薬を処方します。

必ず決められた用法・用量を守ることが重要です。

病院に行く時間が取れずないときは薬剤師や登録販売者に相談し、市販薬を活用してもいいでしょう。

ニキビの治療薬は効果が期待できないといわれているため、注意が必要です。

まとめ

毛嚢炎を予防するためには、ウイルスに感染しない環境づくりと免疫機能を整えることがなによりも重要です。

そのためにはムダ毛の自己処理をできるだけ行わず、肌の負担を少しでも減らしてください。

もし行う場合は、アフターケアもしっかりと行いましょう。

自己処理による肌の傷つきは皮膚のバリア機能を低下させるため、毛嚢炎になりたくない人には医療脱毛をおすすめします。

脱毛を行うと自己処理の頻度を減らすことができるため、予防につながるのです。

毛嚢炎やニキビは、治癒後も色素沈着により跡が残ることがあります。

また一度治癒したとしても再発する可能性があるため、再発させないようにケアすることも重要です。

かかりつけ医にかかるときは、再発予防のために自宅でできるケアについても相談してみましょう。

毛嚢炎を防ぐための1番の近道は、バランスの取れた食事による栄養、良質な睡眠、肌の清潔保持です。

この3点をしっかりと守ることで、毛嚢炎になる可能性を抑えることができます。

ぜひ適切なケアを覚えて、毛嚢炎にならないように生活や環境を整えて健康な日々をお過ごしください。

こちらの記事の監修医師

天下茶屋あみ皮フ科クリニック

山田貴博 先生

〇病院名 :天下茶屋 あみ皮フ科クリニック 〇医師  :山田貴博 〇アクセス:大阪市西成区岸里1−1−4 〇診療科 :皮膚科 〇経歴:名古屋市立大学医学部卒 卒業後は大阪大学大学院医学系研究科 神経細胞生物学講座で基礎医学研究に従事。 NTT西日本大阪病院、阪南中央病院で研修後、阪南中央病院皮膚科に勤務。

    • 大阪府大阪市西成区岸里1-1-4南海天下茶屋駅南側高架下クリニックモール内地図を見る
    • 06-6115-6665
    • 南海本線 天下茶屋駅
    • 皮膚科 美容皮膚科
    ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

    0

    「天下茶屋あみ皮フ科クリニック」は、南海線・大阪メトロ堺筋線の天下茶屋駅より徒歩1分にあります。駅に隣接したモール内にあるのでとても通いやすく、治療が可能な項目は一般皮膚科をはじめ、小児皮膚科、さらには巻き爪やAGA、シミやほくろ、ニキビなどの美容診療にも力を入れ幅広く対応しています。こちらの院長は「みなさんにとって、肌のことを安心して相談できる友のような存在でありたい」と2017年の開業以来、男女問わず幅広い年代の肌のお悩みと向き合っています。さまざまなメディアに掲載の実績もあり、治療法に関する丁寧な説明も評判です。こちらには女性医師も在籍しているので、病院の苦手な小さなお子様でも安心です。

     
    09:30 - 14:00
    14:00 - 17:00
    -
    -
    -
    -
    -
    -
    -
    -

    9:30〜12:30 14:00〜17:00
    水・土曜AMのみ
    受付は終了の30分前まで
    水曜PMは手術・処置(予約制)臨時休診あり

    ※新型コロナウィルス感染拡大により、診療時間・休診日等が表示と異なる場合がございます。ご了承ください。

    • オンライン診療

    このクリニックの対応アプリ

    このクリニックの対応アプリは以下のアプリです。ボタンをクリックすると予約ページに遷移します。