オンライン診療対応クリニック病院検索・クリニック動画紹介のイシャチョク

めまいの原因を解説!めまいになりやすい人の特徴は?病院の受診が必要な危険なめまいの特徴もご紹介します

最終更新日:2021年8月24日

めまいの原因を解説!めまいになりやすい人の特徴は?病院の受診が必要な危険なめまいの特徴もご紹介します

こちらの記事の監修医師
すずきこどもクリニック
鈴木幹啓 先生

〇病院名 :すずきこどもクリニック
〇医師  :鈴木幹啓
〇アクセス:和歌山県新宮市下田2丁目3−2
〇診療科 :小児科
〇経歴:株式会社オンラインドクター.com代表取締役CEO
1975年三重県伊勢市生まれ
1995年自治医科大学入学(県からの奨学金制度)
2001年自治医科大学卒業

日本小児科学会認定小児科専門医
国家資格ケアマネジャー

三重県立総合医療センター、国立病院機構三重中央医療センター、国立病院機構三重病院、伊勢赤十字病院、紀南病院
平成22年5月、新宮市に「すずきこどもクリニック」を開院
【製薬会社社外講師・CM出演等】
グラクソスミスクライン社、JCRファーマ社、杏林製薬、明治製菓ファーマ、鳥居薬品

【メディア出演・TV監修】
日本テレビ、読売テレビ、東京MX、テレビ朝日(医療監修)「くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館」

【著書】
日本一忙しい小児科医が教える病気にならない子育て術(双葉社)
開業医を救うオンライン診療(幻冬舎)

2020 年 10 月株式会社オンラインドクター.com を設立。

多くの人が一度は経験するめまい。そのほとんどは命にかかわるものではありません。

しかしめまいの原因によっては、大きな病気が隠れていることもあります。

突然のめまいに不安を覚えたり慢性的にめまいが続いたりと、めまいの症状に悩まされている人も少なくないでしょう。

なぜめまいは起きるのか、原因や症状、注意点など日常的な症状でもあるめまいについて詳しく解説します。

めまいの主な原因

人間の身体は平衡感覚によってバランスが保たれています。

平衡感覚のバランスが崩れてしまうことで、「くらっとする」「視界がぐるぐるする」などといっためまいの症状を引き起こします。

しかし、めまいを引き起こす原因がすべて平衡感覚の異常とは限りません。

脳や眼、首や循環器の異常、ストレスなどの心理的要因がめまいの原因になっている可能性もあります。

三半規管や耳石など内耳の異常

めまいは三半規管の障害による内耳性めまいであることが多いです。

平衡感覚は脳や耳、循環器や首などが複雑に作用することで保たれています。

その中でも重要な役割を果たしているのが、耳の奥にある内耳です。

内耳にある三半規管や耳石になにかしらの異常が起きることで平衡感覚を失い、めまいへとつながります。

めまいを引き起こす有名な病気のひとつはメニエール病です。

メニエール病は内耳にリンパ液が溜まることで生じる病気です。

内耳が水ぶくれのような状態になることで難聴や耳鳴り、耳の詰まりなどの聴覚症状を引き起こします。

三半規管と耳石器の水ぶくれがひどくなってしまうと、平衡感覚がうまく保てなくなってしまうのです。

一般的にメニエール病によるめまいは、10分~数時間と持続時間が長い傾向があります。

ぐるぐる回るようなめまいが長時間続くため、吐き気を伴うこともあります。

ただ、メニエール病が内耳性めまいの中で多い病気かというとそうではありません。

実はめまいを引き起こす病気は、メニエール病よりも浮遊耳石症(良性発作性頭位めまい症)の方が多く見られます。

浮遊耳石症はその名のとおり、耳石が浮遊するように位置が動いたり三半規管に入り込んだりすることによってめまいを引き起こす耳の病気です。

浮遊耳石症(良性発作性頭位めまい症)は、急に立ち上がったり起き上がったりするなど、頭の位置が動いたときにめまいを感じる特徴があります。

めまいは耳石が動いているときだけ起きるので、短時間で治まることが多いです。

自律神経の乱れやストレス

心臓が動いたり汗をかいたりと、私たちの身体や内臓は意思に関係なく動くことも多いです。

意志に関係なく勝手に反応したり動いたりすることで身体の機能を調整しているのが、末梢神経のひとつである「自律神経」です。

自律神経は交感神経と副交感神経の2つに分かれており、交感神経は身体を活発に動かすとき、副交感神経は身体を休めるときに働きます。

この交感神経と副交感神経のバランスが崩れてしまうと、自律神経が正常に機能せず、自律神経失調症となり様々な症状を引き起こします。

自律神経の乱れの原因は過労や睡眠不足、ストレスやホルモンの乱れなどが挙げられます。

そのため脳や内耳に問題がなくても、ストレスなどの心理的要因から自律神経が乱れ、めまいが起きることもあります。

循環器系の病気・低血圧

心臓の病気や低血圧など、循環器系の異常がめまいの原因である場合もあります。

狭心症などの心臓病は、人によっては心臓周辺の痛みだけではなく、めまいや吐き気、冷や汗といった症状も現れます。

循環器系の病気は失神に至ることもあります。

循環器系が原因のめまい・失神は前兆がなく、突然意識が遠のくような感覚が特徴です。

そのため予期せぬ怪我や事故につながる可能性もあります。

また低血圧もめまいの原因です。血圧があまりにも低下してしまうと、全身に流れる血液量も低下します。

それによって脳へ流れる血液量が低下し、脳が酸欠状態になってしまうのです。

平衡中枢がうまく働かなくなり「ふらふらする」「立っていられない」などのめまいを感じる場合もあります。

脳・神経の病気

脳血管障害、いわゆる脳卒中などの脳の病気がめまいの原因となっていることもあります。

脳卒中には脳の血管が詰まる脳梗塞、脳の血管が破れる脳出血・くも膜下出血があります。

その中でも脳梗塞・脳出血は、突然現れることが多い症状です。

しかし稀に症状が現れる前触れとしてめまいや手足のしびれ、舌のもつれが現れることもあります。

薬や外傷

薬の副作用外傷などの外部からのダメージが、めまいの原因となっていることもあります。

たとえば血圧を下げるための降圧薬で血圧が下がり過ぎる、睡眠薬や抗うつ薬の副作用など、薬の影響でめまいを感じるのです。

また頭部や脊椎の外傷によってめまいの症状が出ることもあります。

外傷後、めまいに伴って激しい頭痛や嘔吐などの症状がある場合は、脳や脊椎に大きなダメージを負っている可能性があります。

早急に医師の診察を受けてください。

めまいの主な症状

めまいとひとことでいっても感じ方は人それぞれですし、症状の継続時間やめまいが起きるタイミングも異なります。

また原因によって症状が異なることも多いです。めまいの主な症状と原因の関連性を解説します。

立ちくらみがする

「立ち上がったときにくらっとする」「ふっと気が遠くなる」などの立ちくらみの症状は、前失神と表現することもあります。

前失神とは失神の一歩手前の状態で、意識があっても「ふらふらする」「急に目の前が真っ暗になる」といった症状です。

こうした前失神の症状をめまいと感じることがあります。

立ちくらみの症状と関連性が高いのは起立性低血圧です。

座っていたり寝ていたりする体勢から急に立ち上がることで血圧が急激に下がり、脳が酸欠状態となることでめまいや失神を引き起こします。

起立性低血圧による立ちくらみの症状は多くの人が一度は経験するもので、命に影響のない症状といえます。

しかし稀に糖尿病や脱水、脳や循環器系の病気が原因で立ちくらみが起こることもあります。

回転系のめまいがする

「視界がぐるぐる回る」「自分がぐるぐる回っている」といった回転系のめまいは、回転性めまいに当てはまります。

ぐるぐる回るような感覚から乗り物酔いのような気持ち悪さを感じ、吐き気を伴うこともあります。

回転性めまいの多くは、三半規管や前庭神経などの平衡感覚に関わっている器官の異常が原因であることがほとんどです。

メニエール病や良性発作性頭位めまい症といった内耳の異常が原因のめまいも、回転性めまいを感じます。

また脳幹や小脳など、平衡感覚を司る脳の異常から回転性めまいの症状が現れることもあります。

物が揺れているように見える

物が揺れているように見えたり、自分が揺れているように感じたりする症状は浮動性めまいです。

人によっては「足元がふわふわする」「地面に足がついていない感じ」という症状を感じる場合もあります。

浮動性めまいの主な原因として自律神経失調症や睡眠不足、緊張型頭痛などが挙げられます。

めまいが起きやすい人の特徴

めまいが起きやすい人の特徴として、以下が挙げられます。

・睡眠不足

・水分不足

・左右の視力が大きく異なる

・肩や首がこっている

・低血圧

・精神的ストレスを抱えている

・更年期

めまいは女性に多い症状といわれています。

これはホルモンバランスが乱れやすい、男性と比べて低血圧の人が多いなどの傾向が影響しているといえるでしょう。

また几帳面で真面目な性格、我慢強い人、ストレスを溜めこんでしまうといった人もめまいが起きやすい傾向です。

これは精神的ストレスが自立神経の乱れに影響するためと考えられます。

めまいの簡単な対処法

めまいを感じたときは、めまいの症状に関わらずまずは安静にしましょう

可能であれば座るか横になるかして、なるべく頭の位置を低くします。

水分不足・脱水症状からめまいが生じている可能性もあるので、水分補給も効果的な対処法です。

また光や音の刺激がめまいに影響していることもあります。

こうした刺激が理由の場合、室内であれば部屋を暗くする・テレビを消すなどが効果的です。

屋外の場合は目をつぶる・耳を塞ぐなどして、なるべく目や耳から入る情報を遮断しましょう。

可能であれば静かな場所で安静に過ごすことで、めまいを緩和させることができます。

こんなめまいは危険

めまいそのものは怖い病気ではありませんが、命にかかわる病気の症状としてめまいが起きている場合もあります。

・激しい頭痛や今までに感じたことのない頭痛

・手足のしびれ

・片方の手足が動かない

・物が二重に見える

・言葉が出てこない、言葉がもつれる

・嘔吐

これらの症状を伴う場合は、脳梗塞や脳出血などの脳の病気や循環器系の病気を疑う必要があります。

脳梗塞・脳出血などの脳の病気は死に至ることもあれば、言語障害や半身まひなどの後遺症が残る注意すべき病気です。

しかし早期発見・早期治療ができれば後遺症なく治ることもあります。

また最近では、リハビリで回復することも多くなっています。

脳血管疾患は生死や今後の生活に大きく影響する危険性の高い病気です。

危険なめまいと感じたら早めに医師に診察してもらいましょう。

めまいの予防や再発防止

めまいを予防するために日常生活のなかでできることはたくさんあります。

めまいに悩んでいる人は、できることから取り入れてみましょう。

生活習慣の改善

生活習慣の乱れが自律神経に影響し、めまいの原因となっていることも多いです。

・睡眠をしっかりとる

・アルコールは適量を嗜む

・栄養バランスのとれた食生活

・塩分は控えめに

・カフェインを摂りすぎない

・水分をしっかり摂る

上記のようなことを心がけましょう。

また同じ体勢で眠る、横になって長時間テレビを見るなどの行為は耳石が溜まりやすくなる要因です。

適度な運動

めまいや立ちくらみを感じたときは安静にすべきですが、慢性的なめまいを治療するには適度に体を動かしたほうが効果的です。

特に良性発作性頭位めまい症の場合、あえてめまいが起こる頭の向きや姿勢を繰り返すことで症状が軽くなるケースがあります。

これは頭や体を動かすことにより耳石の位置が戻ったり、耳石が小さくなることで吸収されやすくなったりするからです。

また適度な運動はストレス発散にも効果があります。

激しい運動やトレーニングができなくてもラジオ体操のような軽い運動やストレッチ、ウォーキングなどで適度に体を動かしましょう。

平衡訓練

平衡感覚を鍛える訓練も、良性発作性頭位めまい症の予防に効果的です。

・イスに座って腕を伸ばし、人差し指を立て左右上下に動かす。

頭は固定して目だけで指先を追い、慣れてきたら手の動きのスピードを上げる。

・まっすぐに立ち、つま先に反対側の足のかかとをつけて可能な限り一直線に歩く。

こうした自宅で簡単にできる平衡訓練でめまいを予防しましょう。

極度のめまいは専門医へ

めまいは睡眠不足や低血圧など、ちょっとしたことでも起きる症状です。

しかしめまいが長時間続く、激しいめまいがあるなど極度のめまいがある場合は、自己判断せず専門医の診断を受けましょう。

めまい症状が起きる原因はいくつか考えられるため、自己判断は難しいものです。

難聴や耳鳴りなど聴覚異常を伴うめまいなら耳鼻科、浮動性めまいなら循環器科、頭痛や手足のまひ・言語障害を伴うなら脳外科で診断してもらうと良いでしょう。

まためまい外来がある病院も増えているため、どの科が適切か迷う場合はめまい外来での診察がおすすめです。

まとめ

めまいの症状は多くの場合激しい痛みや苦痛を伴うものではありませんが、それでもストレス不安を感じてしまうものです。

しかしめまいの原因がわかれば適切な対処・予防ができますし、早めの対処で重大な病気を早期に治療することにもつながります。

たかがめまいと考えず、めまいが教えてくれる身体のSOSをしっかり受け止めて、元気な毎日を過ごしていきましょう。

こちらの記事の監修医師

すずきこどもクリニック

鈴木幹啓 先生

〇病院名 :すずきこどもクリニック 〇医師  :鈴木幹啓 〇アクセス:和歌山県新宮市下田2丁目3−2 〇診療科 :小児科 〇経歴:株式会社オンラインドクター.com代表取締役CEO 1975年三重県伊勢市生まれ 1995年自治医科大学入学(県からの奨学金制度) 2001年自治医科大学卒業 日本小児科学会認定小児科専門医 国家資格ケアマネジャー 三重県立総合医療センター、国立病院機構三重中央医療センター、国立病院機構三重病院、伊勢赤十字病院、紀南病院 平成22年5月、新宮市に「すずきこどもクリニック」を開院 【製薬会社社外講師・CM出演等】 グラクソスミスクライン社、JCRファーマ社、杏林製薬、明治製菓ファーマ、鳥居薬品 【メディア出演・TV監修】 日本テレビ、読売テレビ、東京MX、テレビ朝日(医療監修)「くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館」 【著書】 日本一忙しい小児科医が教える病気にならない子育て術(双葉社) 開業医を救うオンライン診療(幻冬舎) 2020 年 10 月株式会社オンラインドクター.com を設立。

    • 和歌山県新宮市下田2-3-2地図を見る
    • 0735-28-0111
    • JR紀勢本線 新宮駅 徒歩10分
    • 小児科 小児眼科 小児耳鼻咽喉科 小児皮膚科 小児神経内科 小児泌尿器科 アレルギー科
    ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

    0

    「すずきこどもクリニック」は、和歌山県新宮市下田にあります。こちらの院長は、親しみやすい人柄から「地域の良き相談相手」として多くの患者さんに信頼されています。院長は大病院での勤務経験や小児科医長の実績をいかし、「子どもの”心身の健康、成長発達、病気予防・治療”をトータルにサポートしたい」という想いで平成22年小児専門クリニックを開院。広々と清潔感の溢れるクリニックでは19時まで診療受付が可能なことから、学校や仕事の後でも通いやすいと評判です。さらには再診外来や初診外来のオンライン診療も可能となり利用者が増えています。

     
    09:00 - 12:00
    15:00 - 17:00
    15:00 - 19:00
    -
    -
    -
    -
    -
    -
    -
    -
    -

    木曜17:00まで日曜AMのみ WEB順番受付可 窓口受付開始はAM8:30・PM14:00から臨時休診あり 午後2時~3時:健診・予防接種の時間

    インフルエンザ流行時期は火曜日午前も診療

    • オンライン診療
    • 新型コロナ自宅療養者対応
    • 電話診療可
    • バリアフリー対応
    • 駐車場あり
    • キッズスペースあり
    • 日曜診療
    • 祝日診療

    このクリニックの対応アプリ

    このクリニックの対応アプリは以下のアプリです。ボタンをクリックすると予約ページに遷移します。