ひざの痛みの治療に効果的な方法を紹介!ひざが痛む原因や予防法は?ひざの痛みから推測できる病気もご紹介

最終更新日:2021年8月24日

ひざの痛みの治療に効果的な方法を紹介!ひざが痛む原因や予防法は?ひざの痛みから推測できる病気もご紹介

こちらの記事の監修医師
すずきこどもクリニック
鈴木幹啓 先生

〇病院名 :すずきこどもクリニック
〇医師  :鈴木幹啓
〇アクセス:和歌山県新宮市下田2丁目3−2
〇診療科 :小児科
〇経歴:株式会社オンラインドクター.com代表取締役CEO
1975年三重県伊勢市生まれ
1995年自治医科大学入学(県からの奨学金制度)
2001年自治医科大学卒業

日本小児科学会認定小児科専門医
国家資格ケアマネジャー

三重県立総合医療センター、国立病院機構三重中央医療センター、国立病院機構三重病院、伊勢赤十字病院、紀南病院
平成22年5月、新宮市に「すずきこどもクリニック」を開院
【製薬会社社外講師・CM出演等】
グラクソスミスクライン社、JCRファーマ社、杏林製薬、明治製菓ファーマ、鳥居薬品

【メディア出演・TV監修】
日本テレビ、読売テレビ、東京MX、テレビ朝日(医療監修)「くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館」

【著書】
日本一忙しい小児科医が教える病気にならない子育て術(双葉社)
開業医を救うオンライン診療(幻冬舎)

2020 年 10 月株式会社オンラインドクター.com を設立。

ひざの痛みは緊急ではないものの、歩くのがつらい、立ち上がるのがつらい、階段の上り下りが苦痛となれば日常生活を脅かします。
しかし生活に支障をきたすことがなければ「加齢のせい」「靴が合わない」「太ったから」などで片付けてしまいがちではないでしょうか。
成長期の子ども・成人・高齢者などライフステージによって痛み方や痛む部位が異なります。
また、ひざの痛みに病気が隠れていることも少なくありません。
ひざが痛む原因や主な病気、その治療法や予防法について解説します。

ひざが痛む主な原因

ひざが痛む原因は多岐にわたります。
そのうち主なものを解説します。

成長期によるもの

成長期の子どもがひざの痛みを訴えると「成長痛」という言葉が飛び交います。
「成長痛」とは特定の疾病を表す言葉ではなく、成長期にある子どもの下肢の痛みの総称です。
その原因はさまざまで、これといった原因がわからないものもあります。
夕方~就寝前に痛みを訴えていても、翌日には走り回っているといったようなケースがあります。
この場合は軽いストレッチやマッサージ、ストレスケアなどで改善することが多いようです。
ただし中には「オスグッド病」に代表されるような、過度の運動による成長期特有のスポーツ障害もあります。
その場合には痛みが一時的でなく、膝が腫れるなどの症状が出ることもあります。
症状を放置すれば悪化する可能性もあるのです。
「成長痛だから成長すれば治る」と素人診断はせずに整形外科などの医療機関を受診することが大切です。

運動不足によるもの

成長期の子どもに対して、成人では逆に体を動かす機会が減ることによるひざの痛みが起こることがあります。
関節は動かさないでいると委縮し、凝り固まって動かしにくくなってしまいます。
座る仕事の多い現代人では、意識的に立つ、歩くなどをしてひざ周りの筋肉を柔軟に保つ必要があるでしょう。
少し離れたところにあるものを取るのについ誰かに頼んだり、立つのが面倒だからと何もかも手の届くところに置いたりしていませんか。
テレワークの普及により歩く機会が大幅に減ってしまったという方もいるのではないでしょうか。
オムロンヘルスケア株式会社が65歳から85歳の男女1,000人を対象に行った調査
によると、50%以上の方が「運動量の減少」を感じています。
また3人に1人が体の不調を感じており、最も多くの方が感じていた不調は「ひざの痛み」でした。

病気によるもの

成長痛、過度な運動または運動不足、そして「膝靭帯損傷」・「半月板損傷」など外傷性のものがあります。
そのほかにひざが痛む原因としては、思いがけない病気が隠れているといったこともあり得るのです。
「痛風」「全身性エリテマトーデス」「関節リウマチ」もひざの痛みの症状の可能性があります。
ひざの痛みだけなら安静にしていればおさまると考えがちですが、これらを放置すると進行してほかの症状があらわれるかもしれません。
いずれにしてもひざの痛みを軽く見ずに、一度整形外科など医療機関を受診して隠れた病気がないか確認してみてはいかがでしょうか。

ひざの痛みから推測できる病気

一口にひざの痛みといってもさまざまな原因があることがわかりました。
そこから推測される病気にはどのようなものがあるか見ていきたいと思います。

変形性膝関節症

「変形性膝関節症(へんけいせいしつかんせつしょう)」はひざの関節軟骨が加齢によって弾力性を失い、すり減ることによって起こります。
1:4で男性より女性に多く、50代以上で罹患率の高い病気です。
症状が進むとひざ関節が腫れたり水がたまったり、ひざ関節が変形してO脚になったりします。

大腿骨顆部骨壊死

「大腿骨顆部骨壊死(だいたいこつかぶこつえし)」はひざ関節に接する大腿骨の端部の組織が壊死する病気です。
60歳以上の女性に多く見られ、歩くときはもちろん、寝ていても強い痛みを感じることがあります。
初期の強い痛みは徐々に薄れていくこともあります。
しかし、壊死が進むと骨の陥没破壊が起こり、軟骨も壊死するため関節が変形することもあるのです。

その他の病気

「半月板」は歩いたり走ったりする時の衝撃を吸収するクッションのような役割をしている軟骨組織です。
左右のひざに外側・内側の2枚ずつあります。
これに無理な力が加わって損傷するのが「半月板損傷」です。
ほかには、ひざ関節の骨と骨をつなぐ靱帯が、事故やスポーツなどで無理な力が加わった時に損傷する「ひざ靱帯損傷」があります。
成長期のスポーツ選手にまれに起こる「ひざ離断性骨軟骨炎」もあります。
ジャンプの着地の際などに膝蓋骨が外側に脱臼する「膝蓋骨脱臼」は10代の女子に多く、繰り返し起こることが多い病気です。

変形性膝関節症の症状と治療法

ひざの痛みを感じる主な病気の一つ、変形性膝関節症について解説します。

変形性膝関節症の主な症状

初期では朝起きる時、ひざに違和感を覚えます。
座っている姿勢から立ち上がる時、階段の上り下りなど動作の始めに痛みを感じますが、休めばなくなる場合が多いです。
中期になると痛みが強くなり、ひざが伸び切らない、曲がりにくいなどで正座ができなくなったりしゃがむ動作が苦痛になったりします。
さらに進行するとひざが腫れ、ひざ関節が変形しO脚になっていきます。
末期には何をするにも強い痛みを覚え、外出もままならなくなりストレスからうつ状態に陥ることもあるのです。

効果的な治療法

症状が軽いうちは内服薬や外用薬で痛みを抑えたり、ひざ関節にヒアルロン酸注射を打ったりします。
大腿四頭筋の強化訓練や装具を使ったリハビリなども有効です。
これらの保存的療法を長期間行っても効果が得られない場合には、外科的治療として手術を行います。
関節鏡で観察しながら変形した半月板や軟骨を処理する「関節鏡視下手術」は皮膚を6mm程2カ所切開します。
そのため患者の負担が少なく翌日から装具をつけて歩くことができるのです。
変形のため内側に偏った荷重を、ひざ関節の下の脛骨の一部を切ることで外側にも分散させる「高位脛骨骨切り術」があります。
脛骨にゆがみがある場合にも有効な方法ですが、術後はリハビリを行いながら2ヶ月ほど骨の定着を待つ必要があるのです。
最終的な回復には半年ほどを要します。
変形したひざ関節を人工のパーツに置き換える「人工関節置換術」は、軟骨だけでなく骨まで破壊されている場合に行います。
手術後は1~3週間ほどで歩行ができるので筋力の衰えやすい高齢者にも適しているといえるでしょう。
しかし、人工関節の耐用年数は15~20年ほどといわれており、寿命が来たら再手術の必要があります。

変形性膝関節症の予防法

ひざが痛いからと動かさずにいると、ひざ周りの筋肉が弱っていき、さらに軟骨に負担がかかって変形を助長することがあります。
また運動不足によって体重が増加することで、よりひざへの負担を増やします。
変形性膝関節症の予防法としては、軽い筋トレやウォーキングなど適度な運動で筋力を鍛え、関節を柔軟にしておくことです。
運動の前後にはストレッチをして翌日まで疲労が残らないようにすることも重要です。
また日常生活の上では、体重の増加に注意すること、姿勢を正しくすること、ひざを冷やさないようにしましょう。

大腿骨顆部骨壊死の症状と治療法

ひざの痛みを感じるもう一つの主な病気、大腿骨顆部骨壊死について解説します。

大腿骨顆部骨壊死の主な症状

突然の強い痛みが生じます。
ひざ関節の内側に痛みを感じることが多く、運動負荷や外傷のない安静時にも起こるのが特徴です。
初期の強い痛みは次第に軽快することがあります。
しかし進行すればひざが腫れる、水がたまる、O脚に変形するなどして関節の動きが悪くなり歩行に困難をきたします。

効果的な治療法

軽度の場合には保存的療法が有効な治療方法です。
湿布や注射で痛みを抑え、運動療法やリハビリで筋力を鍛える方法があります。
また、靴の中敷き(足底板)や松葉杖の使用などにより日常生活に支障ないレベルまで症状を抑えた例も報告されています。
保存的療法で症状の改善が見られない場合、外科的治療を行います。
変形性膝関節症の手術と同じ「人工関節置換術」「高位脛骨骨切り術」が主な手術方式です。
しかし大腿骨顆部骨壊死は外科的治療を施せば終了というものではなく、まだ病態や原因がはっきりと解明されていない部分があります。
そのため定期的な経過観察が必要です。

大腿骨顆部骨壊死の予防法

大腿骨顆部骨壊死は、その部分への血液循環がうまくいかなくなり、骨の新陳代謝ができなくなることで壊死を引き起こすのです。
原因が完全に解明されていないため、明確な予防法は見つかっていないのが現状です。
加齢による骨密度の低下で微細な骨折が重なり、壊死につながる可能性も指摘されています。
骨密度を低下させないよう日頃の運動や食生活を整える、骨粗しょう症を予防する薬の服用などが予防になる可能性もあります。
しかし、いずれも有効性が実証されているわけではありません。
膠原病ステロイドの連用が誘因となっているケースもあります。
これも予防という観点では元の病気の治療との兼ね合いが難しいところでしょう。

たかがひざの痛みと思わずに異常を感じたら受診を

ひざの痛みと一口に言ってもさまざまな原因・隠れた病気の可能性があることがわかりました。
「たかがひざの痛みくらいで」とは思っても、痛みを抱えたままでは日常生活の質も低下してしまいます。
早期発見により治療が容易になる、進行を抑えられる可能性は高いです。
また「加齢のせい」「肥満のせい」と軽く片づけずに、異常を感じたら整形外科などで受診することをおすすめします。

まとめ

さまざまなひざの痛みの原因について、成長期特有のもの・隠れた病気の可能性・変形性膝関節症・大腿骨顆部骨壊死についてお伝えしました。
立つこと、歩くことは人と関わり社会の中で生きていくことに直結します。
毎日をいきいきと過ごすためにひざはとても大切です。
いたわりつつも適度に動かして柔軟性を保ち、運動で筋力を衰えさせないように意識しましょう。

こちらの記事の監修医師

すずきこどもクリニック

鈴木幹啓 先生

〇病院名 :すずきこどもクリニック 〇医師  :鈴木幹啓 〇アクセス:和歌山県新宮市下田2丁目3−2 〇診療科 :小児科 〇経歴:株式会社オンラインドクター.com代表取締役CEO 1975年三重県伊勢市生まれ 1995年自治医科大学入学(県からの奨学金制度) 2001年自治医科大学卒業 日本小児科学会認定小児科専門医 国家資格ケアマネジャー 三重県立総合医療センター、国立病院機構三重中央医療センター、国立病院機構三重病院、伊勢赤十字病院、紀南病院 平成22年5月、新宮市に「すずきこどもクリニック」を開院 【製薬会社社外講師・CM出演等】 グラクソスミスクライン社、JCRファーマ社、杏林製薬、明治製菓ファーマ、鳥居薬品 【メディア出演・TV監修】 日本テレビ、読売テレビ、東京MX、テレビ朝日(医療監修)「くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館」 【著書】 日本一忙しい小児科医が教える病気にならない子育て術(双葉社) 開業医を救うオンライン診療(幻冬舎) 2020 年 10 月株式会社オンラインドクター.com を設立。

    • 和歌山県新宮市下田2-3-2地図を見る
    • 0735-28-0111
    • JR紀勢本線 新宮駅 徒歩10分
    • 小児科 小児眼科 小児耳鼻咽喉科 小児皮膚科 小児神経内科 小児泌尿器科 アレルギー科
    ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

    0

    「すずきこどもクリニック」は、和歌山県新宮市下田にあります。こちらの院長は、親しみやすい人柄から「地域の良き相談相手」として多くの患者さんに信頼されています。院長は大病院での勤務経験や小児科医長の実績をいかし、「子どもの”心身の健康、成長発達、病気予防・治療”をトータルにサポートしたい」という想いで平成22年小児専門クリニックを開院。広々と清潔感の溢れるクリニックでは19時まで診療受付が可能なことから、学校や仕事の後でも通いやすいと評判です。さらには再診外来や初診外来のオンライン診療も可能となり利用者が増えています。

     
    09:00 - 12:00
    15:00 - 17:00
    15:00 - 19:00
    -
    -
    -
    -
    -
    -
    -
    -
    -

    木曜17:00まで日曜AMのみ WEB順番受付可 窓口受付開始はAM8:30・PM14:00から臨時休診あり 午後2時~3時:健診・予防接種の時間

    インフルエンザ流行時期は火曜日午前も診療

    • オンライン診療
    • 新型コロナ自宅療養者対応
    • 電話診療可
    • バリアフリー対応
    • 駐車場あり
    • キッズスペースあり
    • 日曜診療
    • 祝日診療

    このクリニックの対応アプリ

    このクリニックの対応アプリは以下のアプリです。ボタンをクリックすると予約ページに遷移します。