オンライン診療対応クリニック病院検索・クリニック動画紹介のイシャチョク

爪の黒い線は栄養不足?メラノーマ?

最終更新日:2021年10月19日

爪の黒い線は栄養不足?メラノーマ?

こちらの記事の監修医師
成増駅前かわい皮膚科
河合 徹 先生

爪が黒い線が入っていると、何か病気のサインではないかと不安になります。実は爪の変色自体はそこまで珍しい症状ではありません。しかし病気のサインである場合もあるため、この記事では爪に黒い線が出る要因について紹介します。自分の爪の状況と比較して、皮膚科を受診するかどうか判断してください。

爪の黒い線は病気?

爪はケラチンというタンパク質でできた皮膚の一部です。爪自体は透明ですが、爪の下にある毛細血管が透けて見えるため、通常はピンク色に見えます。
爪は病気や栄養状態によって形状や色が変化し、健康のバロメーターとして体調の変化を観察することができます。爪が黒く変色しているのはあまり珍しくはありませんが、生活習慣病やがんなどの病気の可能性もあります。

爪の黒い線(1)爪甲色素線条によるもの

爪に黒い線が入っている場合、爪甲色素線条の可能性があります。

爪甲色素線条とは

爪甲色素線条とは、爪の付け根にある爪をつくる爪母という場所に色素を作る細胞が混入することで、爪が黒く変化します。

爪甲色素線条による爪の黒い線の特徴

爪甲色素線条の特徴は以下の通りです。

  • 爪の縦向きに黒色が入っている
  • 黒色の幅は1~数ミリ程度で、健常な部分との境目がくっきりしている
  • まれに爪全体に黒色が広がる場合もある

爪甲色素線条の対処法・治療法

爪甲色素線条は日本人で多く現れ、小児では約1%発症すると言われています。幼少時であれば爪の変形が見られない限り、経過観察を行い自然に消失するのを待ちます。

しかし、多くの爪で発現したり、黒色が濃くなる・範囲が広がるなどの変化が見られたりする場合は全身的な病気の可能性があるため検査を行います。

爪の黒い線(2)メラノーマ(悪性のがん)によるもの

爪の黒い線が悪性のほくろ、メラノーマである可能性もあります。特徴や治療方法を紹介します。

メラノーマとは

メラノーマとは、皮膚の色を作るメラニン細胞もしくはホクロの細胞が悪性化したもので、皮膚がんの1種です。

メラノーマによる爪の黒い線の特徴

メラノーマの初期状態は上記で紹介した爪甲色素線条の症状と似ていて、縦に黒い線が出ています。しかし、症状が進行すると次のような特徴があります。

  • 黒い線の幅が広がる
  • 爪全体に黒色が広がり、爪の外側の皮膚も変色する

メラノーマの対処法・治療法

メラノーマと診断するためには、病変の一部を切り取り検査をする必要があります。メラノーマはがんの1種ですが、抗がん剤や放射線治療が効きづらく、一般的に病変部分を切り取る治療法で行われます。早期発見でがん部分から5~10mm外側の部分を切り取れば、ほぼ100%の治癒率です。

爪の黒い線(3)病気以外の要因によるもの

爪の黒い線は爪甲色素線条やメラノーマ以外の要因でも現れることがあります。

老化・加齢による線

黒い線ではありませんが、爪の表面に縦の筋が見られる場合があります。これは、加齢による爪甲縦条(そうこうじゅうじょう)と言います。20代ではほとんど見られませんが、50代以降によく見られる症状です。特に病気などではありませんので、心配する必要はありません。

栄養不足やストレスによる線

爪に横向きに線が入っている場合は栄養不足やストレスが原因です。栄養が不足していたりストレスがかかったりすると爪を作り出す爪の付け根(爪母)への血流が少なくなります。一時的に爪を作る機能が落ち、爪が薄くなるため線のように見えます。

外的要因による線や変色

爪部分に強い衝撃があった場合、爪の中の毛細血管が破れ内出血します。時間と共に黒く変色し、痛みがあります。軽度の場合はそのまま自然治癒しますが、重症の場合は爪の変形やはがれがおきます。

まとめ:爪は健康のバロメーター、黒い線が出たら要注意

爪が黒く変色すること自体はそこまで珍しくない症状ですが、黒い縦線が広がったり濃くなったりした場合は皮膚がんの可能性があります。早めに治療した方が良い場合があるので、気になる場合は皮膚科を受診してください。

こちらの記事の監修医師

成増駅前かわい皮膚科

河合 徹 先生

〇病院名 :成増駅前かわい皮膚科
〇医師  :河合 徹
〇アクセス:東京都板橋区成増2-17-13 ヒューリック成増2階
〇診療科 :一般皮膚科・小児皮膚科・老年皮膚科・皮膚外科・形成外科・美容皮膚科・アレルギー科・当日手術・レーザー治療
〇経歴:
台湾生まれ、東京都板橋区出身。
台湾大学医学部卒業。
日本国医師免許および台湾医師免許のダブルライセンス。
東京大学医学部皮膚科助教(2017年〜2019年)。
皮膚科専門医・がん治療認定医・産業医。
2020年11月、板橋区に成増駅前かわい皮膚科(https://kawai-hifuka.jp/)を開業。

    • 東京都板橋区成増2-17-13ヒューリック成増2F地図を見る
    • 03-3938-1112
    • 東京メトロ有楽町線 地下鉄成増駅東武東上線 成増駅
    • 皮膚科 小児皮膚科 形成外科 美容皮膚科 アレルギー科
    ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

    0

     
    09:30 - 12:30
    10:00 - 13:00
    15:00 - 19:00
    -
    -
    -
    -
    -
    -
    -
    -
    -
    -
    -
    -
    -
    -

    ※新型コロナウィルス感染拡大により、診療時間・休診日等が表示と異なる場合がございます。ご了承ください。

    • バリアフリー対応
    • 駅徒歩5分圏内
    • 予約可
    • エレベーターあり
    • クレジットカード対応
    • 日本皮膚科学会皮膚科専門医
    • 英語対応可
    • 中国語対応可
    • 新規開院