オンライン診療対応クリニック病院検索・クリニック動画紹介のイシャチョク

偏頭痛の症状を和らげる3つの対処法と日常生活でできる予防策

最終更新日:2021年11月17日

偏頭痛の症状を和らげる3つの対処法と日常生活でできる予防策

こちらの記事の監修医師
高座渋谷つばさクリニック
武井智昭 先生

偏頭痛は検査をしても頭部などに痛みの原因が見つからない機能性頭痛のひとつです。現在も偏頭痛が起こる正確なメカニズムは分かっていません。そのような偏頭痛に対して、どのように対処すれば良いのでしょうか?偏頭痛が起きたときの対処法、食事など日常生活でできる予防方法についてまとめました。

偏頭痛の痛みを和らげる3つの対処法

偏頭痛というのは、機能性頭痛(はっきりとした原因がない慢性的な頭痛)のひとつで、ズキズキとした頭の片側、もしくは両側の痛みが特徴です。

ただ、三叉神経から炎症を起こす物質が出ているという「三叉神経説」、セロトニンが関係しているという「セロトニン説」など有力な説はあるものの、偏頭痛の原因は解明されていません。

機能性頭痛には緊張型頭痛群発頭痛もありますが、偏頭痛の場合、頭の位置の変化で痛みが増したり、吐き気・嘔吐、感覚過敏や視野症状などの症状を伴ったりするケースもあります。

もしこのような偏頭痛の症状が出たら、次の3つの対処法を試しましょう。

【偏頭痛の痛みを和らげる3つの対処法】

①痛みのある箇所を冷やす

②光や音などの刺激を避けて安静にする

③カフェインを含む飲み物を摂取する

①痛みのある箇所を冷やす

偏頭痛の痛みがある箇所周辺の血管が拡張されることでズキズキとした痛みが生じている場合、その箇所を冷やすことで、血管を収縮させ、痛みを和らげられます。そのため、タオルに包んだ保冷剤などで、痛みのある箇所を冷却すると効果的です。

ただし、同じ機能性頭痛でも、緊張型頭痛の場合は温めるという対処法を取ります。偏頭痛の場合はストレッチなども控える必要があり、緊張型頭痛とは対処法が異なるので注意してください。

今ある頭痛がどの種類なのかをしっかりと知ることが重要です。加えて、偏頭痛と緊張型頭痛の混合型もあり、そのときは、それぞれの原因に対してアプローチが必要になります。

②光や音などの刺激を避けて安静にする

偏頭痛の症状は、外部からの刺激も痛みの原因になります。そのため、できるだけ光や音などの刺激は避けましょう。また、動くことでも痛みは増すので、安静にすることも重要です。

偏頭痛の症状が出たときに試したいツボ

医学的に効果が証明されているわけではありませんが、次のようなツボが偏頭痛の症状に効果的だといわれています。

偏頭痛の痛みを和らげる3つの対処法

偏頭痛というのは、機能性頭痛(はっきりとした原因がない慢性的な頭痛)のひとつで、ズキズキとした頭の片側、もしくは両側の痛みが特徴です。

ただ、三叉神経から炎症を起こす物質が出ているという「三叉神経説」、セロトニンが関係しているという「セロトニン説」など有力な説はあるものの、偏頭痛の原因は解明されていません。

機能性頭痛には緊張型頭痛や群発頭痛もありますが、偏頭痛の場合、頭の位置の変化で痛みが増したり、吐き気・嘔吐、感覚過敏や視野症状などの症状を伴ったりするケースもあります。

もしこのような偏頭痛の症状が出たら、次の3つの対処法を試しましょう。

【偏頭痛の痛みを和らげる3つの対処法】

①痛みのある箇所を冷やす

②光や音などの刺激を避けて安静にする

③カフェインを含む飲み物を摂取する

①痛みのある箇所を冷やす

偏頭痛の痛みがある箇所周辺の血管が拡張されることでズキズキとした痛みが生じている場合、その箇所を冷やすことで、血管を収縮させ、痛みを和らげられます。そのため、タオルに包んだ保冷剤などで、痛みのある箇所を冷却すると効果的です。

ただし、同じ機能性頭痛でも、緊張型頭痛の場合は温めるという対処法を取ります。偏頭痛の場合はストレッチなども控える必要があり、緊張型頭痛とは対処法が異なるので注意してください。

今ある頭痛がどの種類なのかをしっかりと知ることが重要です。加えて、偏頭痛と緊張型頭痛の混合型もあり、そのときは、それぞれの原因に対してアプローチが必要になります。

②光や音などの刺激を避けて安静にする

偏頭痛の症状は、外部からの刺激も痛みの原因になります。そのため、できるだけ光や音などの刺激は避けましょう。また、動くことでも痛みは増すので、安静にすることも重要です。

偏頭痛の症状が出たときに試したいツボ

医学的に効果が証明されているわけではありませんが、次のようなツボが偏頭痛の症状に効果的だといわれています。

ツボはあまり強く刺激せずに、優しく押す、ゆっくり揉むなどしましょう。このような薬以外で偏頭痛に対処する方法もあるので試してみてください。

偏頭痛を予防するための日常生活できる対処法

偏頭痛が起きたときの対処について見てきましたが、そもそも症状が出ないようにすることも重要です。偏頭痛を予防するには次のような方法があります。

【偏頭痛を予防するための日常生活できる対処法】

・規則正しい生活を心がける

・偏頭痛の原因、予防になる食べ物を知っておく

・頭痛ダイアリーをつける

規則正しい生活を心がける

偏頭痛はストレス不規則な睡眠習慣(寝不足・寝すぎ)、女性ホルモンの変化(特に月経前後)などさまざまな要因でも起こります。

また、アルコールを飲んだとき、ストレスから解放される週末、空腹時、月経周期、季節の変わり目(気温・気圧・天候の変化)などのタイミングで起こりやすいです。

そのため、症状が出やすいタイミングは特に規則正しい生活を心がけるようにしましょう。

そして、偏頭痛以外の頭痛にもストレスは関係するため、しっかりと休息を取り、ストレスを溜め込まないようにすることも重要です。

偏頭痛の原因・予防になる食べ物を知っておく

食べ物の中には偏頭痛の原因、または予防になるようなものもあります。

原因になるような食べ物を摂取したからといって、すべての人に偏頭痛の症状が出るわけではありません。ただ、普段から偏頭痛の症状がある人は摂取を控える、量を減らすなどして、様子を見るようにしましょう。

偏頭痛の予防に役立つ食べ物

マグネシウムビタミンB2は偏頭痛の予防に効果的だといわれています。

マグネシウムは大豆種実類海藻類などに豊富に含まれており、成人の場合、1日あたり300mg前後が推奨量です。(年齢や性別によって異なります。)

基本的に食品から摂取する分には、過剰になる心配はありません。

また、ビタミンB2は納豆乳製品などに多く含まれています。大豆豆腐であれば両方が含まれるため、積極的に食べましょう。

食事はバランス良く、適量を摂取するのが基本ですが、偏頭痛がある人はマグネシウムビタミンB2の摂取を特に心がけてください。

偏頭痛持ちは注意したい食べ物

血管を拡張させる食品、血流を促すポリフェノールチラミンなどを含む食品は、偏頭痛の原因になることがあるので注意しましょう。

【偏頭痛持ちは注意したい食べ物】

チーズ、ワイン、アルコール、チョコレート、ココア、かんきつ類、ピーナッツ、豚肉、人工甘味料、ヨーグルト、オリーブオイル

頭痛ダイアリーをつける

人によって頭痛の起きる原因は異なります。

そのため、どのような場合に頭痛が起きるのかを特定することは、予防の観点からも非常に重要です。

症状が出た日付、時間帯、頭痛の特徴、頭痛以外の症状、症状が出る前に感じた異変、食事の内容などを頭痛ダイアリーにメモする習慣をつけましょう。

頭痛ダイアリーはインターネットからテンプレートをダウンロードすることもできます。

偏頭痛の対処法を試しても改善しないときは薬が有効な場合もある

偏頭痛の対処法や予防方法について説明してきましたが、これらを試しても症状が改善しない場合は、薬が有効なケースもあります。

頭痛の症状によって有効な薬は異なり、症状に合った薬を選ぶことが重要です。

市販されている薬もありますが、症状が改善しないまま服用を継続するのは、逆に頭痛を誘引するケースもあるので注意してください。ただの頭痛だと思わずに症状に困っているなら、医療機関を受診するようにしましょう。

こちらの記事の監修医師

高座渋谷つばさクリニック

武井智昭 先生

〇病院名 :高座渋谷つばさクリニック
〇医師  :武井智昭
〇アクセス:神奈川県大和市渋谷五丁目22番地
〇診療科 :内科・小児科・アレルギー科
〇経歴
2002年    慶應義塾大学医学部卒業
2004年    立川共済病院勤務
2005年    平塚共済病院小児科医長として勤務(内科)
2010年    北里大学北里研究所病原微生物分子疫学教室兼任
2012年    横浜市内のクリニックの副院長として勤務 (スマイルこどもクリニック)
2015年    小谷クリニック 内科・小児科(訪問診療部)部長
2017年    「なごみクリニック」内科・小児科・アレルギー科 院長
2020年4月~ 「高座渋谷つばさクリニック」院長就任

〇専門医・認定医
・小児科専門医・指導医
・日本小児感染症学会認定 インフェクションコントロールドクター(ICD)
・臨床研修指導医(日本小児科学会)
・抗菌化学療法認定医
・プライマリケア学会認定医
・認知症サポート医

    • 神奈川県大和市渋谷5-22地図を見る
    • 046-279-5111
    • 内科 小児科 アレルギー科
    ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

    0

    高座渋谷つばさクリニックは、小田急電鉄江ノ島線「高座渋谷駅」より徒歩すぐにあります。内科・小児科・アレルギー科の診療を行っています。地域の健康を守るプライマリケア医師が常勤しており、少しでも不安に思ったら気軽に相談できるクリニックです。院長は、慶應義塾大学医学部卒業後、立川共済病院、平塚共済病院小児科医長、小谷クリニック内科・小児科部長、なごみクリニック内科・小児科・アレルギー科院長など長年の経験があり、2020年より高座渋谷つばさクリニック院長に就任しています。0歳の赤ちゃんからお年寄り、障害を持った方など誰でも安心して相談できます。明るく清潔感のある院内とアクセスの良い立地で通いやすいクリニックです。

     
    09:00 - 12:00
    14:00 - 18:30
    -
    -
    -
    -
    -
    -
    -

    ※休診日:火曜・土曜午後・日曜・祝日
    ※受付時間は、診療開始時間から診療終了時間30分前迄です。

    ※健康診断・予防接種はコロナ禍に限り
    11:00~12:00 , 14:00~15:00
    にて承ります。(要予約)