オンライン診療対応クリニック病院検索・クリニック動画紹介のイシャチョク

過換気症候群と過呼吸の違い

最終更新日:2021年11月19日

過換気症候群と過呼吸の違い

こちらの記事の監修医師
高座渋谷つばさクリニック
武井 智昭 先生

過呼吸と過換気症候群、それぞれの違いをご存知でしょうか。この記事では過換気症候群と過呼吸の違いや過換気症候群になった場合の対処法を紹介します。今までの過呼吸の対処法として一般的な紙袋を使う方法は、現時点では推奨されていないなど対応方法が変わっています。過呼吸になってしまった場合に正しい方法で処置するために参考にしてください。

過換気症候群と過呼吸の違い

過換気症候群と過呼吸の違いや、それぞれの原因について紹介します。

過換気症候群は「症状」、過呼吸は「状態」

過呼吸とは、精神的なストレスなどにより、息を何回も激しく吸ったり吐いたりする状態です。一方、過換気症候群とは過呼吸が続くことで起こる症状の総称です。具体的には、意識が遠のいたり、手足がしびれたりという症状です。思春期から20歳前後の若年者に発症し、男性よりも女性がなりやすい傾向です。

過呼吸の原因

過呼吸は運動や肉体労働など通常よりも酸素が多く必要になる場合、熱中症などの環境変化、不安や緊張などによる精神的な場合が原因となります。一般的には精神的な原因が多く、神経質な人・不安神経症の傾向がある人・緊張しやすい人などが過呼吸を起こしやすいと言われています。

過換気症候群の原因

過換気症候群の原因は過呼吸になることで、体内の二酸化炭素濃度が下がり、血液のpHがアルカリ性に傾くことで血管の収縮が起こることです。このことにより、筋肉のけいれんや手足のしびれなどの症状が出ます。症状を認識することでより不安感が増し、症状が悪化するという悪循環がおきやすいので注意が必要です。

過呼吸・過換気症候群の対応

(画像=Adult latin man choking with a piece of food while sitting on the sofa with his young girlfriend at home/stock adobe.com)

過呼吸状態になり、過換気症候群となった場合の対応を紹介します。

過呼吸・過換気症候群になったときの応急処置

過呼吸や過換気症候群になった時の対処法はまず患者本人が落ち着くことです。過呼吸で命を落とすことはなく、30分~1時間ほどで症状が収まることがほとんどです。吸った息をゆっくり吐いたり、息を数秒止めたりすることがおすすめで、深呼吸ではありません。

以前は紙袋などを口に当てて吐いた空気を再度吸う方法(ペーパーバック法)で二酸化炭素濃度を上げる方法が推奨されていました。しかし、二酸化炭素濃度が上がりすぎて呼吸状態などが悪化するなどの理由から今は推奨されていません。

過呼吸・過換気症候群になったら病院に行くべき?

過呼吸や過換気症候群になった場合、周りの人が驚いて119番通報をしてしまうケースが多いですが、一般的には30分~1時間程度で症状が落ち着く場合がほとんどです。救急車を呼んだ方が良いのは、次のような症状が出ている時です。

  • 全身にけいれんを起こしている
  • 激しい呼吸困難が続いている
  • 意識がなくなる
  • 顔色が悪くチアノーゼを起こしている

過呼吸や過換気症候群を繰り返している場合は、心の病気が疑われる場合もあります。メンタルクリニックを受診し、抗不安薬を処方してもらうなどの適切な処置を行うことをおすすめします。何度も過呼吸を繰り返すと、「また過呼吸になってしまうのではないか」という不安が強まり、より過呼吸を起こしやすくなるという悪循環になってしまいます。適切な治療を行えば良くなる病気ですので、まずは医療機関を受診してみましょう。

まとめ:過呼吸・過換気症候群を正しく知って適切な対応を

過呼吸は呼吸をしすぎて二酸化炭素濃度が下がってしまう状態で、過換気症候群として手足のしびれやけいれんなどの症状が出ます。まずは患者本人を落ち着かせて、ゆっくり呼吸することを意識すれば症状は収まります。過呼吸を繰り返している場合は、メンタルクリニックを受診して精神的な疲れや不安を取り除いて治療を行いましょう。

こちらの記事の監修医師

高座渋谷つばさクリニック

武井 智昭 先生

〇病院名 :高座渋谷つばさクリニック
〇医師  :武井智昭
〇アクセス:神奈川県大和市渋谷五丁目22番地
〇診療科 :内科・小児科・アレルギー科
〇経歴
2002年    慶應義塾大学医学部卒業
2004年    立川共済病院勤務
2005年    平塚共済病院小児科医長として勤務(内科)
2010年    北里大学北里研究所病原微生物分子疫学教室兼任
2012年    横浜市内のクリニックの副院長として勤務 (スマイルこどもクリニック)
2015年    小谷クリニック 内科・小児科(訪問診療部)部長
2017年    「なごみクリニック」内科・小児科・アレルギー科 院長
2020年4月~ 「高座渋谷つばさクリニック」院長就任

〇専門医・認定医
・小児科専門医・指導医
・日本小児感染症学会認定 インフェクションコントロールドクター(ICD)
・臨床研修指導医(日本小児科学会)
・抗菌化学療法認定医
・プライマリケア学会認定医
・認知症サポート医

    • 神奈川県大和市渋谷5-22地図を見る
    • 046-279-5111
    • 内科 小児科 アレルギー科
    ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

    0

    高座渋谷つばさクリニックは、小田急電鉄江ノ島線「高座渋谷駅」より徒歩すぐにあります。内科・小児科・アレルギー科の診療を行っています。地域の健康を守るプライマリケア医師が常勤しており、少しでも不安に思ったら気軽に相談できるクリニックです。院長は、慶應義塾大学医学部卒業後、立川共済病院、平塚共済病院小児科医長、小谷クリニック内科・小児科部長、なごみクリニック内科・小児科・アレルギー科院長など長年の経験があり、2020年より高座渋谷つばさクリニック院長に就任しています。0歳の赤ちゃんからお年寄り、障害を持った方など誰でも安心して相談できます。明るく清潔感のある院内とアクセスの良い立地で通いやすいクリニックです。

     
    09:00 - 12:00
    14:00 - 18:30
    -
    -
    -
    -
    -
    -
    -

    ※休診日:火曜・土曜午後・日曜・祝日
    ※受付時間は、診療開始時間から診療終了時間30分前迄です。

    ※健康診断・予防接種はコロナ禍に限り
    11:00~12:00 , 14:00~15:00
    にて承ります。(要予約)