結節性紅斑

最終更新日:2021年10月2日

けっせつせいこうはん結節性紅斑

結節性紅斑

まとめ

結節性紅斑は皮下脂肪に炎症が起こり、皮膚に小さな卵くらいの、やや膨らみのある赤色や紫色の斑点(結節)が多くできる疾患である。結節は、すねの前面の皮膚に生じることが最も多く、腕などに生じることもある。患部は圧痛がみられ、発熱や倦怠感、関節痛など全身症状を伴うこともある。細菌やウイルスへの感染、薬剤のアレルギー反応により生じる場合と、全身に炎症が起こるベーチェット病などの症状のひとつとして生じる場合があり、発症原因は多岐にわたる。20~30歳代の若い女性に多く発症する。有病率は10万人に5人弱といわれる。

この病気の原因

さまざまな発症原因があり、特に溶連菌などの細菌、ウイルス、真菌などへの感染アレルギーが多いと考えられている、感染をきっかけとして皮下脂肪に炎症が起こり、しこりのある紅斑が多く発生する。抗生物質や経口避妊薬に対するアレルギーが原因で生じることもある。また、ベーチェット病、潰瘍性大腸炎、クローン病などの炎症性腸疾患、サルコイドーシスなどの自己免疫疾患、白血病、悪性リンパ腫などの悪性腫瘍で治療中の人にも生じやすいとされる。まれに、ハンセン病患者に生じることもある。発症者の約3分の1は発症原因が不明とされるほどで、発症には非常に多くの要因が絡んでいる。そのため問診や検査にて鑑別診断を行い、発症原因となる疾患や薬剤を特定することが重要である。

主な症状

膝から足首のすねに直径1~5mm、大きいものは10cmほどの赤や紫の斑点(紅斑)を多数生じる。色の境界線は不鮮明で、時間経過とともに青っぽい茶色に変化する。患部は押すと痛みがあり、熱を帯びてしこりのような硬さがある。膝下に生じることが最も多いが、重症の場合は太ももや腕に広がることがある。通常、紅斑は2週間から1ヵ月で消失するが、繰り返すこともある。熱や全身倦怠感、のどの痛み、関節痛などの風邪に似た全身症状がみられることもある。溶連菌感染症では発熱、結核では咳、炎症性腸疾患では下痢など、発症原因の疾患特有の症状を併発するため、患部のみでなく全身状態を確認する必要がある。

検査/診断の方法

皮膚の特徴的な症状から大よその診断が可能である。血液検査では炎症の程度を調べる。結節性紅斑に類似した症状がある他疾患(バザン硬結性紅斑、スイート病、結節性多発動脈炎、深在性エリテマトーデスなど)があるため、鑑別診断を行う。皮膚の一部を採取し顕微鏡で調べる病理検査(皮膚生検)により診断する。発症原因となる疾患を調べるため、胸部レントゲン検査、結核検査、咽頭培養検査による溶連菌の確認を行うほか、発症約2週間前からの異変の有無、既往歴などを問診にて確認する。

主な治療方法

横になり、下肢を安静することが最も重要である。軽症の場合は炎症を抑える非ステロイド性抗炎症薬、ヨウ化カリウムの治療薬による対症療法や患部冷却を行う。ステロイドの内服ができない糖尿病発症者などにはヨウ化カリウムにて治療する。多くの場合、安静と薬の内服のみで軽快する。症状が強く、速やかな完治が見込めない場合は、ステロイド剤の内服を行う。全身症状が強い場合は入院治療を検討する。通常の結節性紅斑では2週間から1ヵ月の治療を行うと、軽い色素沈着を除いて回復する。重症では数個の痕が残ることもある。基礎疾患を原因として発症した場合、基礎疾患の治療が必要なため、他科と連携して治療を行う。溶連菌などの感染症には抗生物質による治療を行い、薬剤アレルギーの場合はアレルギーの原因とされる薬剤の使用を中止する。

治療後に注意すべき点/予防対策

下肢を高く持ち上げ、安静にすることが治療であり、予防にもなる。

初診に適した診療科目

皮膚科 リウマチ科

皮膚科 リウマチ科のオンライン診療対応クリニック

    • 東京都品川区東五反田5-9-22地図を見る
    • 03-3448-6111
    • JR山手線 五反田駅
    • 救急科 循環器内科 消化器内科 脳神経内科 腎臓内科 血液内科 腫瘍内科 リウマチ科 心療内科
    ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

    0

     
    08:30 - 11:00
    13:00 - 15:00
    -
    -
    -
    -
    -
    -

    • 日本内科学会総合内科専門医
    • 日本小児科学会小児科専門医
    • 日本皮膚科学会皮膚科専門医
    • 日本外科学会外科専門医
    • 日本整形外科学会整形外科専門医
    • 日本産科婦人科学会産婦人科専門医
    • 日本眼科学会眼科専門医
    • 日本耳鼻咽喉科学会耳鼻咽喉科専門医
    • 日本泌尿器科学会泌尿器科専門医
    • 日本麻酔科学会麻酔科専門医
    • 日本病理学会病理専門医
    • 日本消化器病学会消化器病専門医
    • 日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医
    • 日本循環器学会循環器専門医
    • 日本呼吸器学会呼吸器専門医
    • 日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡専門医
    • 日本血液学会血液専門医
    • 日本内分泌学会内分泌代謝科専門医
    • 日本糖尿病学会糖尿病専門医
    • 日本腎臓学会腎臓専門医
    • 日本肝臓学会肝臓専門医
    • 日本感染症学会感染症専門医
    • 日本消化器外科学会消化器外科専門医
    • 日本呼吸器外科学会呼吸器外科専門医
    • 日本小児外科学会小児外科専門医
    • 日本神経学会神経内科専門医
    • 日本気管食道科学会気管食道科専門医
    • 日本大腸肛門病学会大腸肛門病専門医
    • 日本リハビリテーション医学会リハビリテーション科専門医
    • 日本救急医学会救急科専門医
    • 日本超音波医学会超音波専門医
    • 日本核医学会核医学専門医
    • 日本リウマチ学会リウマチ専門医
    • 日本口腔外科学会口腔外科専門医
    • 日本東洋医学会漢方専門医
    • 日本臨床細胞学会細胞診専門医
    • 日本透析医学会透析専門医
    • 日本精神神経学会精神科専門医
    • 日本ペインクリニック学会ペインクリニック専門医
    • 日本乳癌学会乳腺専門医
    • 日本婦人科腫瘍学会婦人科腫瘍専門医
    • 日本脳神経血管内治療学会脳血管内治療専門医
    • 日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医
    • 日本心療内科学会心療内科専門医
    • 英語対応可
    • 中国語対応可
    • 指定自立支援医療機関(育成医療・更生医療)
    • 指定自立支援医療機関(精神通院医療)
    • 入院設備(有床施設)あり
    • 母体保護法指定医師在籍医療機関
    • 視能訓練士(ORT)在籍
    • 理学療法士(PT)在籍
    • 作業療法士(OT)在籍
    • 言語聴覚士(ST)在籍