オンライン診療対応クリニック病院検索・クリニック動画紹介のイシャチョク

椎間板ヘルニア

最終更新日:2021年10月7日

ついかんばんへるにあ椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニア

まとめ

身体の中心を通る脊椎は、24個の椎骨が積み重なって形成されている。上から7個の椎骨は頸椎、12個は胸椎、下の5個は腰椎と呼ばれる。椎骨の間でクッションの役割をもつ円盤状の軟骨を椎間板という。この椎間板が老化や運動などで本来の位置からはみ出た状態を椎間板ヘルニアという。はみ出た部分が神経を圧迫し、痛みやしびれの症状がみられる。「ヘルニア」とは、臓器などが本来あるべき位置からはみ出た状態である。発生部位により、頸椎椎間板ヘルニア、胸椎椎間板ヘルニア、腰椎椎間板ヘルニアに分類される。腰に発生する腰椎椎間板ヘルニアの発症者が最も多い。50歳代が発症のピークで、男性は女性の約2倍の発症率である。

この病気の原因

椎間板は、線維輪とよばれるコラーゲン繊維組織が、髄核とよばれるゼリー状の組織を包み込む構造になっている。椎間板が老化すると髄核が線維輪を破り外側へはみ出しやすい。椎間板は縦方向の圧力には強いが、曲げ・ひねりによる圧力には比較的弱いため、腰を曲げて重いものを持ち上げる、身体を強くひねるといった動作が原因で、腰椎椎間板ヘルニアを発症することが多い。長時間負担のかかる姿勢をとることや、喫煙が発症原因となる場合もある。頸椎椎間板ヘルニアは、交通事故で発症しやすい。胸椎椎間板ヘルニアは発症頻度は少なく、外傷で発症することは少ない。

主な症状

ヘルニアの発生部位や状態により、痛みやしびれなどの症状は異なる。腰椎椎間板ヘルニアでは、腰・臀部痛、座骨神経痛による足の痛み・しびれ、筋力低下、歩行困難がみられる。前かがみや、椅子に座ると痛み・しびれが強くなりやすい。神経の圧迫が進行すると、排尿しにくい、便秘がちなどの症状がみられることもある。頸椎椎間板ヘルニアの症状は2つあり、首の痛みと片方の肩や手に強い痛みやしびれが生じるものと、両手に痛みとしびれが生じ、箸が使いづらい、ボタンがかけづらいなどの症状がある。足のもつれや歩行障害がみられることもある。胸椎椎間板ヘルニアは足のしびれ、脱力感、歩行障害などがみられ、痛みの症状は少ない。一方、ヘルニアがあっても症状が現れず、発症に気付かない症例も多い。

検査/診断の方法

MRI検査にてヘルニアの状態を確認する。状況により、神経の圧迫状況を調べる脊髄造影、椎間板の変性度とヘルニアの部位を調べる椎間板造影、神経根の状態を調べる神経根造影、CT検査を行い、視診・触診と合わせて診断する。腰椎椎間板ヘルニアでは、あおむけに寝て膝を伸ばした状態で片方ずつ足を持ち上げる下肢伸展挙上テストにて、座骨神経痛の有無を確認する。その他、足の感覚や力が弱まっているかどうかを調べる。

主な治療方法

椎間板ヘルニアは保存的治療が主体となる。安静にして、痛みが強いときは消炎鎮痛剤や筋弛緩剤の投与、神経周辺の痛み・炎症を抑える神経ブロック注射で緩和させる。急性期を経て軽症に落ち着けば、けん引、マッサージ、温熱療法、低周波治療、運動療法などを行う。腰椎椎間板ヘルニアはコルセット装着、頸椎椎間板ヘルニアのはカラーで固定することもある。保存的療法では痛みが軽減されない場合や、筋力低下、歩行困難・排泄困難の症状がみられる場合は、手術が選択される。手術にはヘルニアを摘出する方法と、髄核の一部を摘出して突出した部分を戻す方法がある。一般的にはヘルニア摘出術を行うことが多い。近年は内視鏡による低侵襲手術が増加し、身体への負担が少なく入院期間が短縮される。

治療後に注意すべき点/予防対策

初診に適した診療科目

整形外科 脳神経外科

整形外科 脳神経外科のオンライン診療対応クリニック

    • 鹿児島県鹿児島市桜ケ丘8-35-1地図を見る
    • 099-275-5111
    • JR指宿枕崎線 宇宿駅鹿児島市電1系統 脇田駅
    • 心臓内科 心臓血管外科 消化器内科 消化器外科 脳・神経内科 脳神経外科 呼吸器内科 呼吸器外科
    ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

    0

    • オンライン診療
    • 女性医師在籍
    • キッズスペースあり
    • 駐車場あり
    • 予約可
    • エレベーターあり
    • クレジットカード対応
    • 日本内科学会総合内科専門医
    • 日本小児科学会小児科専門医
    • 日本皮膚科学会皮膚科専門医
    • 日本外科学会外科専門医
    • 日本整形外科学会整形外科専門医
    • 日本産科婦人科学会産婦人科専門医
    • 日本眼科学会眼科専門医
    • 日本耳鼻咽喉科学会耳鼻咽喉科専門医
    • 日本泌尿器科学会泌尿器科専門医
    • 日本脳神経外科学会脳神経外科専門医
    • 日本医学放射線学会放射線科専門医
    • 日本麻酔科学会麻酔科専門医
    • 日本病理学会病理専門医
    • 日本消化器病学会消化器病専門医
    • 日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医
    • 日本循環器学会循環器専門医
    • 日本呼吸器学会呼吸器専門医
    • 日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡専門医
    • 日本血液学会血液専門医
    • 日本内分泌学会内分泌代謝科専門医
    • 日本糖尿病学会糖尿病専門医
    • 日本腎臓学会腎臓専門医
    • 日本肝臓学会肝臓専門医
    • 日本アレルギー学会アレルギー専門医
    • 日本感染症学会感染症専門医
    • 日本老年医学会老年病専門医
    • 日本消化器外科学会消化器外科専門医
    • 日本胸部外科学会心臓血管外科専門医
    • 日本胸部外科学会呼吸器外科専門医
    • 日本呼吸器外科学会呼吸器外科専門医
    • 日本血管外科学会心臓血管外科専門医
    • 日本心臓血管外科学会心臓血管外科専門医
    • 日本小児外科学会小児外科専門医
    • 日本神経学会神経内科専門医
    • 日本小児神経学会小児神経専門医
    • 日本リハビリテーション医学会リハビリテーション科専門医
    • 日本救急医学会救急科専門医
    • 日本超音波医学会超音波専門医
    • 日本核医学会核医学専門医
    • 日本リウマチ学会リウマチ専門医
    • 日本東洋医学会漢方専門医
    • 日本人類遺伝学会臨床遺伝専門医
    • 日本臨床細胞学会細胞診専門医
    • 日本透析医学会透析専門医
    • 日本精神神経学会精神科専門医
    • 日本ペインクリニック学会ペインクリニック専門医
    • 日本乳癌学会乳腺専門医
    • 日本婦人科腫瘍学会婦人科腫瘍専門医
    • 日本脳神経血管内治療学会脳血管内治療専門医
    • 日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医
    • 日本心療内科学会心療内科専門医
    • 英語対応可
    • 指定自立支援医療機関(育成医療・更生医療)
    • 指定自立支援医療機関(精神通院医療)
    • 入院設備(有床施設)あり
    • 視能訓練士(ORT)在籍
    • 理学療法士(PT)在籍
    • 作業療法士(OT)在籍
    • 言語聴覚士(ST)在籍

    このクリニックの対応アプリ

    このクリニックの対応アプリは以下のアプリです。ボタンをクリックすると予約ページに遷移します。