オンライン診療対応クリニック病院検索・クリニック動画紹介のイシャチョク

  • 一般会員
  • 医師会員
  • 法人会員

イシャチョク

一般
会員
医師
会員
法人
会員

最終更新日:2022年10月2日

りじょうきんしょうこうぐん梨状筋症候群

こちらの記事の監修医師
平塚共済病院
増田 謙治

梨状筋症候群

概要

梨状筋症候群とは、お尻にある股関節を支えている筋肉である梨状筋が何らかの原因によって固くなり、坐骨神経が圧迫されることにより痛みやしびれを引き起こす疾患です。腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症と比較すると、まれな疾患になります。長時間の自動車運転での座ったままの状態が続くといった行為により、坐骨神経に負担がかかり症状が誘発されます。

原因

梨状筋症候群の原因は、梨状筋に坐骨神経が圧迫されることにあります。梨状筋は、複雑な股関節の動きに関わっている筋肉になります。その筋肉が、ゴルフ・野球などの身体を捻る動作を多く含むスポーツや、中腰での草むしりなどの肉体労働、長時間のデスクワーク・長距離運転での座位姿勢による使いすぎ(オーバーユーズ)によって、筋肉の柔軟性がなくなってしまい坐骨神経を圧迫してしまいます。梨状筋(お尻)に負担がかかることで、症状が出現したり、または悪化したりします。

症状

梨状筋症候群は、坐骨神経の圧迫により、坐骨神経があらわれます。お尻の外側から、太ももの後面にかけて痛みやしびれ、動かしづらさといった症状が出現します。長時間の座位姿勢で症状が強くなり、逆に歩くことで軽減されることもあります。また、股関節異常や人工股関節の使用に伴う障害においても梨状筋症候群が引き起こされます。

検査・診断

梨状筋症候群は、理学的診断として、痛みを誘発するためにいくつかの股関節周囲に対しストレスを加えて筋力を判定(徒手検査)する診断法があります。また、近年では、電気生理学的診断、CT、MRI、超音波検査を使用し、駆使することで総合的に診断しています。坐骨神経の症状のある疾患については、腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症などもあります。これらの疾患が、CTやMRIの画像上で合併している場合は、梨状筋症候群かまたはそれらの疾患のどちらかのみが原因の可能性、さらに両者が原因の可能性も考慮されるため、様々な可能性を検討しながら診断していきます。

治療

梨状筋症候群は、梨状筋ストレッチが有効的になります。また、保存治療として痛みなどの症状が強い場合においては、鎮痛剤使用や梨状筋ブロック(皮膚の上から梨状筋へ注射をする治療)が効果的になります。しかし、梨状筋ブロックにより数時間、足に力が入りにくくなり、歩けなくなることがあります。また、最近では、神経障害性疼痛治療薬が使用されることが増えてきています。これは、痛みを伝える神経伝達物質の過剰放出をおさえる役割があります。手術治療としては、梨状筋による神経の締め付けが原因と分かれば手術適応となり、梨状筋の切離術を行います。梨状筋切離術とは、梨状筋の停止部にて筋肉を切り離し、坐骨神経に影響を及ぼさない範囲まで切除をするといったものになります。

予防/治療後の注意

使いすぎ(オーバーユーズ)が原因の一つでもあるため、日常的に酷使しているのであれば、放置しているままでは症状の改善はありません。股関節まわりのストレッチが効果的になってきます。ゴルフや中腰姿勢などによって梨状筋を使いすぎている場合においては、運動制限が必要とされる場合もあります。また、体重増加からのお尻の筋肉への負担も考えられます。そのため、適切な体重の維持を心がけるようにしましょう。梨状筋は、通常はふれることがないものになります。それが、症状がある場合には、コリコリと触れることが出来るようになり、同時に痛みを伴うため、自分自身でもある程度、おかしいなと気付くことが出来ます。こうした場合や違和感を持ったら、一度かかりつけの医師や整形外科を受診し相談するようにしましょう。

こちらの記事の監修医師

平塚共済病院

増田 謙治

【経歴】
平成13年横浜市立大学医学部卒
医学博士、
日本整形外科学会 整形外科専門医、
日本整形外科学会 認定脊椎脊髄病医、
日本脊椎脊髄病学会 指導医、
身体障害者福祉法第15条指定医、
難病指定医、
臨床研修指導医講習会修了


おもに背骨(脊椎)の病気を中心に診察しています。脊椎の症状でお困りの方がいましたら是非ご相談ください。