オンライン診療対応クリニック病院検索・クリニック動画紹介のイシャチョク

  • 一般会員
  • 医師会員

イシャチョク

一般
会員
医師
会員

最終更新日:2022年4月6日

むせい夢精

こちらの記事の監修医師
医療法人社団 セントメリー 飯田橋中村クリニック
中村 剛

概要

夢精とは、睡眠中に無意識下で射精が行われることを意味します。夢精そのものは病気や疾患ではなく、思春期を迎えて問題なく性成熟が行われている証であるともいえます。しかし、場合によっては何らかの疾患によって夢精が促されている可能性もあるため、頻度や状況に応じて介入が必要になる場合もあります。夜間や睡眠中の勃起の延長線上にある生理現象でもあり、一般的には性的な夢を見ることに関連して引き起こされる現象とされていますが、覚醒時に夢の記憶が失われている場合も多く、性的な夢を見ていないのに夢精した経験を持つ人もいます。長期間マスターベーション(自慰行為)や性行為などによる射精が行われていない場合、夢精などによる射精が起こりやすくなるともいわれています。繰り返しますが、夢精はごく一般的な生理現象であるため、夢精が起こっても過度に心配する必要はありません。

原因

通常、性的な刺激やペニスへの直接的な刺激によって射精が起こります。しかし、ペニスに対して直接的な刺激がなくても射精が生じる場合もあり、この現象が特に夜間睡眠中に起こっている場合には、夢精と呼ばれることがあります。特に、思春期において単発的に生じる夢精は、性成熟が滞りなく行われている証でもあり、一般的な生理現象として捉えられます。しかし、精神疾患や脳機能、脊髄機能などの障害によって夢精が生じる場合もありますので、毎日のように夢精が起こる場合や、その頻度があまりにも多い場合などには、精密な検査を行う必要があります。

症状

夢精の症状そのものは一般的な射精と同一です。男性がはじめての射精を経験することを精通(せいつう)とよび、この精通の過程で夢精を経験するという人もいます。精通や射精、夢精は、性機能が成熟している証拠です。これらの生理現象に対して過剰に反応してしまうことで、将来的なトラウマなどに繋がってしまう可能性もあるため、本人、家族ともに夢精を含めた性成熟の過程を肯定的に受け止めてあげることが重要といえます。思春期の子供が夢精を経験すると、何か悪いことをしてしまったという大きな罪悪感を抱える場合があり、それによって学校へ行けなくなってしまうなどの影響が出る可能性もあります。夢精や精通は大人になった証であり、一般的な生理現象であるということをしっかりと伝えられる環境が必要になります。

検査・診断

夢精は生理現象であるため、検査や診断を受ける必要はありません。しかし、毎日のように夢精するという場合や、昼間にもペニスへの刺激なしに射精してしまうというような場合には、何らかの原因がある可能性があるため、必要に応じて検査を行うこともあります。

治療

夢精を治療する必要はありません。特に思春期の子供の場合、夢精や精通等に関する性教育をしっかりと行うことが重要といえます。夢精によって下着を汚してしまうことで、家族に迷惑をかけたと感じてしまって塞ぎ込むようになってしまったり、精通を「汚らわしいもの 」と感じてしまうことで、将来的な人間関係構築に影響を及ぼす可能性もあります。正しい性教育を行って、精通は普通のことという認識を与えることが大切です。

予防/治療後の注意

夢精や射精、精通など、思春期の子供に対する性教育には未だに大きな課題が残っています。夢精自体は生理現象だとわかっていても、子供が心理的なトラウマとして抱え込んでしまう場合も少なくありません。それによって、将来大人になってからも、なかなか性に対して積極的になれないなどの問題が生じる場合もあります。子供に対しての性教育の一つとして、突然夢精してしまってもパニックにならないように教育を行っておくことが重要といえます。 参考)夢精・射精(精通)・勃起って何?年齢・子どもへの伝え方 https://meiiku.com/howtonavi/erection/

こちらの記事の監修医師

医療法人社団 セントメリー 飯田橋中村クリニック

中村 剛

〇診療科 :内科・皮膚科・泌尿器科

【経歴】
昭和62年 千葉大学医学部卒業
千葉大学医学部付属病院、東京厚生年金病院、社会保険船橋中央病院、松戸市立病院、東京厚生年金病院泌尿器科医長、部長を経て現在に至る。

【資格】
医学博士
1992年 日本泌尿器科学会専門医取得
1997年 日本泌尿器科学会指導医取得
東京都身体障害者福祉法指定医(じん臓機能障害、膀胱又は直腸機能障害)

治療に適した診療科目

泌尿器科

泌尿器科のおすすめクリニック