オンライン診療対応クリニック病院検索・クリニック動画紹介のイシャチョク

  • 一般会員
  • 医師会員

イシャチョク

一般
会員
医師
会員

最終更新日:2021年12月7日

くうきえんげっしょう空気嚥下症

空気嚥下症

まとめ

大量の空気を呑みこむことで胃、食道、腸に空気が溜まることによりさまざまな症状が引き起こされるのが空気嚥下症です。腹部膨満感、おなら、げっぷ、胸やけや腹痛がみられます。げっぷにより胃酸や食べたものが逆流すると胸やけや逆流性食道炎をおこすこともあります。ストレスを溜めやすい人が空気嚥下症にかかることが多いです。

この病気の原因

緊張したときなど無意識のうちに唾液を呑みこむ際に、一緒に空気も呑みこんでいます。ストレスが増えると空気を呑み込む量が増え、胃腸に空気が溜まり、げっぷやおならが出やすくなります。その他、早食い、便秘気味の人、長時間座った姿勢を続けたり、腹部の締めつけ、元々の胃腸が弱く、冷え性であることが胃腸に空気やガスが溜まる原因となります。さらに、不安、緊張により無意識のうちに軽く歯を噛みしめるときに、空気を呑み込む機会が増えると空気嚥下症がおこりやすくなります。

主な症状

空気が胃腸に溜まることにより、おならやげっぷが出やすくなったり、お腹の張り、腹痛がみられます。げっぷが出やすくなることで、胃酸の逆流が起こり、胸やけや逆流性食道炎を引き起こします。人前ではげっぷやおならを出しにくいことから、症状が悪化することもあります。その他、頭痛、目の痛み、ふらつき、歯の痛みなどの症状がみられることもあります。

検査/診断の方法

特別な検査はなく、問診から症状を確認します。胃もたれ、胸やけの症状がある場合は内科や消化器内科を受診して、整腸剤や制酸剤を服用します。検査しても異常がなく、仕事などのストレスが原因と疑われる場合は心療内科を受診します。症状から予想される消化器疾患などの可能性が否定された場合に空気嚥下症と診断されることが多いです。

主な治療方法

発症原因が緊張やストレスであるときは心療内科で相談し、状態によって抗不安薬を内服します。緊張やストレスで歯を噛みしめるくせがついている場合は歯科を受診しマウスピースを作って装着することでくせを治します。逆流性食道炎が起こっている場合は制酸薬など内服薬にて治療します。便秘が原因の場合は整腸剤の服用、適度な運動にて便秘を解消します。

治療後に注意すべき点/予防対策

ストレスや胃腸の不調を解消させることが必要です。げっぷやおならを溜めずに出せる場所では出すように意識します。ストレス解消に努めます。散歩、ウォーキング、買い物など外出することでストレスは軽減され、気分転換にもなります。家に閉じこもりがちになるとさらにストレスを溜めやすいので注意します。早食いは胃腸に空気を呑み込む量が増えるだけではなく、逆流性食道炎の原因となるので注意します。食後はすぐ横にならないようにします。胃腸に負担のかかりにくい消化のよい食べ物を摂取し、油脂分の多い食事や炭酸飲料は控えめにします。