オンライン診療対応クリニック病院検索・クリニック動画紹介のイシャチョク

  • 一般会員
  • 医師会員

イシャチョク

一般
会員
医師
会員

最終更新日:2021年12月7日

きょけつしんしっかん虚血心疾患(虚血性心疾患)

虚血心疾患(虚血性心疾患)

まとめ

冠動脈は心臓の周囲にあり、心筋に酸素と栄養素を送っています。この冠動脈が動脈硬化などで狭くなったり閉塞すると、心筋が酸素、栄養素不足となり引き起こされる心疾患を総称して虚血性心疾患といいます。虚血性心疾患とされる疾患には、心筋虚血、狭心症、心不全、心室細動、心筋梗塞があります。

この病気の原因

虚血性心疾患の原因は、冠動脈が動脈硬化などで血管が硬くなったり、血管壁に脂肪の塊(プラーク)が付着して血管が詰まりやすくなる状態から血流障害が起こり(心筋虚血)、心筋は酸素・栄養素不足となり胸痛を引き起こします(狭心症)。狭心症からさらに進行すると血管の脂肪の塊が破れて血栓ができることで血管が詰まるのが心筋梗塞です。心筋梗塞により血管が壊死すると心臓の収縮・拡張機能が停止し、命にかかわる危険な状態となります。一方、心筋虚血で心筋が収縮できなくなると心不全の状態となり、心室細動などの命にかかわる不整脈が引き起こされます。動脈硬化のリスク因子には加齢、高脂肪食、生活習慣病、ストレスなどがあります。

主な症状

動脈硬化が徐々に進行すると運動時に血流不足となり、胸の圧迫感がみられるものの、休息すると症状が治まる狭心症を発症します。一方、動脈硬化により心臓の血流が不足しているにもかかわらず自覚症状がないのが無症候性心筋虚血です。無治療で経過すると心不全や突然死のリスクが高まります。動脈硬化が原因で冠動脈閉塞・冠動脈狭窄が突然起こり、完全閉塞すると急性心筋梗塞を発症し、突然死することもあります。この場合は安静にしていても激しい胸痛、呼吸困難、冷汗、嘔吐が起こります。完全閉塞に至らない状態を不安定狭心症といいます。

検査/診断の方法

心筋虚血状態を確認するため、心電図検査を行います。狭心症の状態をみるため、24時間の心電図を記録したり、運動時に心筋虚血をおこすかをみる運動負荷心電図検査を行います。心筋虚血をおこしているかは超音波検査や心筋シンチグラム検査で確認します。心筋虚血により壊死した箇所をMRI検査にて確認します。さらに血液マーカー検査を行い、心筋梗塞をおこした際に心筋細胞の成分が血中にみられるか確認します。冠動脈の状態をみるCT検査を行います。冠動脈カテーテル検査はカテーテルを足の付け根などから冠動脈に入れ、造影剤を入れて撮影することで冠動脈の狭窄を確認できます。

主な治療方法

虚血性心疾患の治療には、経皮的冠動脈インターベンションによる心臓カテーテル治療、心臓バイパス手術、薬物療法があり、病変の状態、重症度により治療法を選択したり、いくつかを組み合わせて行います。狭心症では薬物療法から始めることが多く、心筋梗塞では一刻も早く血流を再建させる必要があるため再灌流療法を行います。薬物療法には硝酸薬、Ca拮抗薬、β遮断薬、抗凝固薬、抗血小板薬などがあります。心筋梗塞では経皮的冠動脈インターベンションによるカテーテル治療を行い、狭窄・閉塞した冠動脈の血行を再建させます。カテーテル治療にはバルーン血管形成術、粥腫切除術、ステント留置術があります。カテーテル治療が難しい症例では、胸や足から採取した血管を狭窄部位につなぎ血液が流れるようにするバイパス術を行います。

治療後に注意すべき点/予防対策

虚血性心疾患を引き起こす原因となる動脈硬化を予防します。リスクとなるのは加齢、肥満、喫煙、飲酒、ストレスなどです。高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病を発症している人は虚血性心疾患を発症するリスクが高くなります。生活習慣を見直し高脂肪食・塩分の高い食品をを避け、栄養バランスの良い食事をとります。また、十分な休息や睡眠をとります。肥満の場合は減量します。ウォーキングなどの適度な運動を行います。定期的に健診を受け、高血圧やその他血液検査でのコレステロール、尿酸、血糖値など異常がないかをチェックします。虚血性心疾患発症後の再発予防として、心臓リハビリテーションがあります。運動により動脈硬化のリスクが低下して運動能力が向上しますが、心臓に大きな負担をかけないように適した運動負荷をかけるよう、医師の指導の下で行います。