オンライン診療対応クリニック病院検索・クリニック動画紹介のイシャチョク

  • 一般会員
  • 医師会員

イシャチョク

一般
会員
医師
会員

最終更新日:2021年12月4日

いけいれん胃痙攣

胃痙攣

まとめ

胃痙攣とは胃の症状のひとつで、胃の筋肉が痙攣をおこすことで神経が刺激され痛みが生じます。差し込むような痛みがあり、吐き気や食欲低下がみられることもあります。胃やその他の消化器疾患の発症により胃痙攣の症状が生じますが、過緊張やストレスによっても生じます。

この病気の原因

胃痙攣がおこる原因疾患には慢性胃炎、アニサキス症、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胃がん、膵炎、虫垂炎、胃腸炎、胆管炎などがあります。ストレス、喫煙・飲酒、胃・十二指腸の機能低下、細菌やウイルスなどの複数の原因が絡み合い発症する機能性ディスペプシアの可能性もあります。検査しても原因となる疾患がなく、強いストレスや過緊張により胃痙攣が生じることがあります。胃痙攣に加えて背中の痛みがあると膵炎、右上腹部の痛みや発熱があると胆のう炎、胆管炎、吐血がある場合は胃潰瘍の疑いがあります。気になる症状がみられたら早めに病院を受診します。

主な症状

問診にて症状や既往症を確認し、血液検査、腹部内視鏡検査、腹部超音波検査などを行います。腹部内視鏡検査は胃潰瘍、胃がんなどの疾患を疑うときに行います。胃粘膜の状態を確認し、組織を採取して病理検査を行い、疾患の確定診断を行います。アニサキス症は腹部内視鏡検査を行いながらアニサキスの摘出を行います。

検査/診断の方法

原因疾患により治療法が異なります。胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍は胃酸分泌抑制薬の内服治療を行い、ヘリコバクター・ピロリ菌が原因の慢性胃炎の場合は抗菌薬とプロトンポンプ阻害薬による除菌治療を行います。急性膵炎の場合は絶飲食にして安静を保ち、輸液投与を行い、鎮痛剤や蛋白分解酵素阻害薬を投与し、胆石が原因の場合は内視鏡胆管ドレナージなどにより胆石を取り除きます。虫垂炎は抗菌薬による薬物治療を行い、炎症がひどい場合は手術を行います。胆管炎は抗菌薬、鎮痛薬の投与に加え、胆管の胆汁を排出するため内視鏡や穿刺による胆道ドレナージを行います。胃がんは手術が可能な場合は手術(内視鏡手術や腹腔鏡手術、開腹手術)と薬物治療、放射線治療とを組み合わせて行います。

主な治療方法

原因疾患により治療法が異なります。胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍は胃酸分泌抑制薬の内服治療を行い、ヘリコバクター・ピロリ菌が原因の慢性胃炎の場合は抗菌薬とプロトンポンプ阻害薬による除菌治療を行います。急性膵炎の場合は絶飲食にして安静を保ち、輸液投与を行い、鎮痛剤や蛋白分解酵素阻害薬を投与し、胆石が原因の場合は内視鏡胆管ドレナージなどにより胆石を取り除きます。虫垂炎は抗菌薬による薬物治療を行い、炎症がひどい場合は手術を行います。胆管炎は抗菌薬、鎮痛薬の投与に加え、胆管の胆汁を排出するため内視鏡や穿刺による胆道ドレナージを行います。胃がんは手術が可能な場合は手術(内視鏡手術や腹腔鏡手術、開腹手術)と薬物治療、放射線治療を組み合わせて行います。

治療後に注意すべき点/予防対策

胃痙攣の症状がある各消化器疾患全般の再発予防の注意点として、生活習慣の改善を行います。暴飲暴食をやめ、香辛料やチョコレート、コーヒーなどの刺激物は控え、禁煙、禁酒します。ストレス・疲れを溜めないよう休養、睡眠を十分にとります。アニサキスは生魚の内臓に生息していることが多いので、購入した魚を生食する場合は十分に冷やして持ち帰り、新鮮なうちに内臓の処理を行います。鮮度が落ちた魚は十分に加熱調理します。胃がんは再発リスクがあるため、定期的に病院にて検査を行います。