オンライン診療対応クリニック病院検索・クリニック動画紹介のイシャチョク

阿部 琢巳 先生の独自インタビュー取材記事

最終更新日:2021年7月23日

阿部 琢巳 先生の独自インタビュー取材記事

〇病院名 :春日駅前あべファミリークリニック
〇医師  :阿部 琢巳 先生
〇アクセス:都営三田線 春日駅徒歩1分
〇診療科 :内科・脳外科・整形外科・生活習慣病・健康診断・予防接種・禁煙外来
〇経歴  :昭和大学医学部卒業。同大学外科学教室に入局。 昭和大学医学部脳神経外科学教室主任教授を務めたのち、湘南東部総合病院脳神経センター長、AOI国際病院副院長・脳神経外科部長を歴任。南増尾クリニック院長を経て、2019年4月に『春日駅前あべファミリークリニック』を開院。

1989年8月 公立昭和病院 脳神経外科主事
2002年5月 昭和大学 医学部 脳神経外科学教室主任教授
2012年3月 湘南東部総合病院脳神経センター長
2014年4月 AOI国際病院副院長・脳神経外科部長
2017年3月 南増尾クリニック院長
2019年4月 現職

今回は阿部 琢己先生に、開院時の思いや目指す医療、今後の展望を聞かせて頂きました。

春日駅前あべファミリークリニック 3つの特徴

①脳外科としての臨床経験が豊富

脳外科医として35年間積み上げてきた経験があり、頭痛に対する的確なアドバイスや治療をお手伝い致します。

②間口の広い地域密着型クリニック

内科一般・脳神経外科・整形外科など、間口の広い地域密着型クリニックとして患者さんのお役に立てればと考えています。

③あらゆる身体の悩みに対応できる「かかりつけ医」

内科一般からプラセンタ治療・ボトックス治療・腰痛・膝痛・創傷処置まで幅広く対応しています。あらゆる身体の悩みを抱えた患者さんが少しでも健やかにいきいきと生活できるように地域の「かかりつけ医」として最適な医療を提供します。

頭痛の診療に、脳神経外科としての経験を活かす

医師を目指した経緯を教えてください。

父は会社の経営者、母は専業主婦であり、医師の家系ではなかったのですが子どもの頃から医療系のドラマを見るのが大好きで、いつしか医師に憧れを抱いていました。特に脳外科医のドラマに出てくる医師に感動し医学部を受験したいと思い医師を目指す事にしました。

専門科を決めた理由はなんですか?

私の出身大学では、主に内科か外科のどちらかを選択するスタイルでした。そこで私は外科を選び、その後、研修を重ねていきました。

そこで脳神経外科の手術を見学した時にマイクロサージェリーという顕微鏡を使いながらの手術に未来を感じ、脳神経外科を選択する事にしました。

これまでの経験が頭痛外来で活きているんですね。

大学院に進学し、下垂体腺腫に関する研究・手術を重ねてきました。

今は脳外科医の経験を活かして頭痛外来を設けています。頭痛に対する診療には長年の経験および治療実績がありますので的確なアドバイスや治療をする事ができます。患者さん一人一人の症状に応じたオーダーメイドの治療をしておりますので安心して来院頂ければと思います。

適切な診断で、幅広い疾患に対応

救急現場の経験も豊富にあるんですね。

勤務医時代は、3次救急の現場でも長く働いており様々な患者さんの症例を診てきました。特に救急現場では「緊急性が高い疾患なのかどうか」を判断するスキルを磨く事が出来ました。

稀にクリニックに来院される患者さんの中にも隠れた重症の方がいます。

そのような時に「クリニックで対応できる患者さまなのか」「緊急対応が必要ですぐに救急対応した方がいいのか」「どこの専門病院に紹介すればいいのか」という判断が色々と求められます。

そういった判断をするためのスキルは、これまでに磨いてきましたので対応には自信があります。

整形外科や内科の症例にも対応できるんですね。

前クリニックでは院長としての経験を積みながら整形外科の先生から診断、治療などのスキルを教えて頂き、磨く事が出来ました。

また、内科疾患の患者さんの治療や最新の薬の知識なども学び直しました。

現在では内科一般の診療にも対応できるようになっています。

幅広い疾患に対応しているんですね。

2019年4月に前院長から継承させて頂き『春日駅前あべファミリークリニック』を開業いたしました。

当院では、脳神経外科・救急の医師として35年間積み上げてきた経験を十分に生かし内科一般・脳神経外科・整形外科など、間口の広い地域密着型クリニックとして患者さんのお役に立てればと考えています。

生活習慣を改善し、健やかな生活を取り戻す

ほかに重点を置いていることはありますか?

救急の場で脳卒中や心筋梗塞によって命を落としたり、重い後遺症に苦しむ患者さんを沢山見てきました。だからこそ「かかりつけ医が普段から血圧や血糖値などをコントロールし生活習慣に気をつけることの大切さ」を痛感しています。

患者さんが生活習慣の改善に取り組めるように患者さんに対する生活指導にも力を入れています。

オンライン診療や自由診療も行っておられるのですね。

仕事が忙しくて診療時間内に来院できない方や遠方に住まわれていて通院が負担になっている方もご自宅や仕事場、車の中などから診察を受ける事ができるオンライン診療を導入しています。

また自由診療も行っています。(例えば、プラセンタ注射、疲労回復にんにく注射、グルタチオン注射、勃起不全・男性型脱毛症の治療、しわ取りボトックス注射、脳梗塞・心筋梗塞・すい臓がん・大腸がんの発症リスク検査など)

患者さんのあらゆるニーズにお応えできればと考えています。

最後に今後の展望と、読者に向けてメッセージをお願いします。

当クリニックは、診療時間内であれば、いつでも予約なしで受診して頂く事ができます。待ち時間が気になる方はホームページ上から来院予約も可能です。

脳神経外科・救急の医師として35年間積み上げてきた経験を十分に生かし、内科一般・脳神経外科・整形外科など、あらゆる身体の悩みに対応できる「かかりつけ医」として近隣の医療機関と密接に連携し、患者さんの健やかな人生の支えとなるよう取り組んでまいります。是非お気軽にご相談頂ければと思います。

    • 東京都文京区小石川2-1番12号 小石川トーセイビル6F地図を見る
    • 03-3830-0395
    • 丸ノ内線・南北線「後楽園駅」 出口4b番より 徒歩1分都営大江戸線・都営三田線「春日駅」 出口6番より 徒歩1分JR線「水道橋駅」 徒歩12分都営バス「春日駅」のバス停から徒歩1分
    • 内科 整形外科
    ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

    0

    「春日駅前あべファミリークリニック」は、後楽園駅出口4b番より徒歩1分、春日駅出口6番より徒歩1分にあります。診療アプリ「CLINICS」にてオンライン診療ができます。かぜ・花粉症・頭痛・高尿酸血症・骨粗鬆症などの疾患を保険診療にて受付が可能です。男性型脱毛症(AGA)外来・勃起不全(ED)外来・プラセンタカウンセリングなどの自費診療もオンライン診察で扱っています。院長の専門は、脳神経外科で、第一線である救急医療に長く勤務していました。その後、南増尾クリニック院長を経て、当院を2019年に開業しました。重症となる疾患を見てきたからこそ一般診療を大切にし、地域密着型クリニックのかかりつけ医として信頼されています。

     
    09:00 - 13:00
    15:00 - 18:00
    -
    -
    -
    -
    -

    • オンライン診療
    • 駅徒歩5分圏内
    • クレジットカード対応

    このクリニックの対応アプリ

    このクリニックの対応アプリは以下のアプリです。ボタンをクリックすると予約ページに遷移します。