鈴木 歩 先生の独自インタビュー取材記事

最終更新日:2021年8月9日

鈴木 歩 先生の独自インタビュー取材記事

〇病院名 :医療法人菁莱軒 田中医院
〇医師  :鈴木 歩 先生
〇アクセス:八戸駅から車で国道454号線経由 約18分
八戸自動車道 八戸北インターから県道15号経由 約20分
南部バス 五戸駅発八戸(ラピア)行きバスにて
社会福祉センター前バス停下車、徒歩0分
南部バス 五戸駅バス停から徒歩約10分
〇診療科 :内科、胃腸科、呼吸器科、循環器科、睡眠時無呼吸症候群(SAS)簡易検査、禁煙外来
〇経歴  :2001年 自治医科大学卒業、青森県立中央病院・田子病院・むつ総合病院・八戸赤十字病院に勤務、大間病院 副院長、八戸赤十字病院 内科副部長、八戸赤十字病院 内科部長を経て、2017年8月 田中医院を承継。



「ザ・ドクター」は、フリーアナウンサーの松本志のぶさんが、医療の最前線で活躍するドクターをご紹介する番組です。

今回は、「医療法人菁莱軒 田中医院 鈴木歩ドクター」にスペシャルインタビューを行いました。

 

松本志のぶアナウンサー(以下:松本アナ)

こんにちは。ドクターインタビューの時間です。青森県三戸郡五戸町、田中医院の鈴木歩ドクターです。ドクター、よろしくお願いいたします。

鈴木歩ドクター(以下:鈴木ドクター) 

よろしくお願いします。

松本アナ

三戸郡五戸町の内科ドクターとして青森県で開業されていらっしゃいますけれども、どうしてそちらの町で開業されたんでしょうか?

鈴木ドクター

五戸町は僕が生まれた実家がありまして、それでタイミング良く帰る理由ができまして。

松本アナ

では、生まれ育った地元でやっていらっしゃるんですね。でも開業されるにあたって、鈴木医院ではなく田中医院なのはどうしてなんでしょうか?

田中医院の由来

鈴木ドクター

前の院長先生が田中先生と言いまして、直接僕と血縁関係じゃないんですけれども後継者がいないということで地元出身の僕の方にお話が回って来まして、それで開業を受けました。

松本アナ

その時に鈴木医院に変更しなかったのはどうしてなんでしょうか?

鈴木ドクター

20年近く地元に根付いていた病院なので、鈴木医院だとちょっと忘れられるかなと言うところもありましたし、田中医院の方が皆さん良く「田中田中」って言うので、そちらを続けている方が良いかなと思いまして。

松本アナ

地元でクリニックをやっていて良かったなと思うことはどんなことでしょうか?

鈴木ドクター

やっぱり、帰って来てくれてありがとうって言われるのが一番嬉しいです。

松本アナ

例えば東京だとか全然違うエリアで開業してではなく、地元に戻って来てこうやって病院やってくれてありがとうと言うことですよね。それ最高に嬉しい言葉ですよね。

鈴木ドクター

そうですね。やっぱり地域医療に貢献できてるなって思える瞬間です。

松本アナ

田中医院から引き継がれて、地元のたくさんの患者さんを抱えていらっしゃると思うんですけれども日頃気を付けていらっしゃること、心がけていらっしゃることはどんなことになりますか?

患者との向き合い方

鈴木ドクター

なるべく目を見て大きな声で聞こえるように話しています。

松本アナ

大きな声で聞こえるようにと言うことは、やはりお年を召した方が多いとか?

鈴木ドクター

はい。年配の方が多いですので、聞こえていなくても空返事とかされる時とかもやっぱりあります。なのでちゃんと伝えたいことは聞いてほしいのでなるべく大きい声で話しています

松本アナ

何か印象に残っている患者さんはいらっしゃいますか?

鈴木ドクター

病院がまだ始まる時間の前ぐらいに激しい胸痛で来た患者さんがいまして、すぐに心筋梗塞かもしれないということで救急搬送して重体だったんですけれども、しっかり回復されて、今は元気になって田中医院に通院されています。その方が印象的ですね。

松本アナ

そういう最初の即座の判断ってすごく重要ですよね。だってその患者さんの命に関わることで。

鈴木ドクター

普段から来ている元気な方だったんですけれど、全然いつもと様相が違っていまして、その時点でもうこれは危ないなと。

松本アナ

じゃあ常日頃診ている患者さんの日頃の様子って言うのはしっかりと頭の中に入っていらっしゃる訳ですね。

鈴木ドクター

はい。そこは普段の雰囲気、顔つき、顔色、仕草とかは覚えるというか記憶するようにはしています。

松本アナ

そういう意味でも患者の立場からすると、かかりつけ医をちゃんと持つというのは重要なことですね。

鈴木ドクター

そうですね。やっぱり初めてだと全く分からないです。

最新機器の導入

松本アナ

田中医院さんって最新の機器も導入されているんですよね。

鈴木ドクター

特に大きいのは、CT検査があるのが一番大きいです

松本アナ

CT検査を。個人院でしっかりと検査ができるんですね。

鈴木ドクター

そうですね。特に腹部の緊急疾患ではCT検査が必須ですので、それが無いとただ分からないまま搬送しちゃうとか紹介しちゃうということになります。少しでも急性期の先生たちに迷惑をかけないようにという意味でもすごく役立っています。

松本アナ

あとは内視鏡検査がお得意でいらっしゃると。
私、内視鏡検査ってあまり良いイメージが無いんですけれど、正直。

鈴木ドクター

最初は不安でも終わってみたらそうでもなかったと言われるような検査になるように頑張っています。

松本アナ

すごいですね、それ。そんなに苦痛じゃない時間があるんだって思ってしまいました。
鈴木ドクターは、ドクターを目指す何かきっかけというのはあったんでしょうか?

ドクターを目指したきっかけ

鈴木ドクター

弱い人を助ける、ヒーローじゃないですけれど、そういう強い人間になりたいなというのはありました。

松本アナ

人の為に役立とうと思ったそのきっかけは何かあるんですか?

鈴木ドクター

小さい時に母親が出産で少し危なくなった時がありまして、そういう困っている患者さんの人助けになればと思って医師を目指しました。

松本アナ

鈴木ドクターが思う理想のドクターってどんなドクターですか?

鈴木ドクター

分からないことをしっかり分からないと判断できる医師で、その場合に適切な先生に紹介できるのが理想の医者だと思います。

松本アナ

これからはどんな風に患者さんに貢献したいなと言うような意識を持っていらっしゃいますでしょうか?

ドクターが目指す未来

鈴木ドクター

できることを毎日しっかり続けて地域医療の役割を果たせるように、地域に何が必要かということを考えながら仕事をしていきたいと思っています。

松本アナ

クリニック全体としては、最終的にどんなところを目指していらっしゃいますか?

鈴木ドクター

20年後も30年後もまだクリニックとして存続できるような体制づくりがこれからの課題だと思っていますので、一番は後継者探しかなと思っています。

松本アナ

田中医院を鈴木ドクターが引き継いだように?

鈴木ドクター

絶やさないようにということですね。

松本アナ

なるほど。その五戸町のエリアには今田中医院が存在しているということはとても重要なことなんですよね。

鈴木ドクター

そう思ってもらえると、大変ありがたいです。

松本アナ

五戸町の皆さんから慕われている、その優しいお人柄が良く伝わってきました。今後も日本の力として存続させて頂きたいと思いますけれども、今日は貴重なお話をどうもありがとうございました。

青森県三戸郡五戸町、田中医院の鈴木歩ドクターにお話を伺いました。今日はありがとうございました。

鈴木ドクター

ありがとうございました。


インタビュアー

松本志のぶ

静岡県浜松市出身。上智大学外国語学部卒業後、日本テレビに入社。「24時間テレビ」総合司会、「行列のできる法律相談所」レギュラーMCなどを務め、報道・情報・ニュース・バラエティ各種番組で活躍。2009年よりフリーアナウンサーとして、TBS「教科書にのせたい!」レギュラーMCなども務め、また、テレビだけでなく、報知新聞「報知映画賞」選考委員や、クラシックコンサートの司会、子どものための読み聞かせコンサートでの朗読など、活動の場を広げている。

    • 青森県五戸町鍛冶屋窪上ミ33-2地図を見る
    • 0178-61-1155
    • JR八戸線 八戸駅
    • 内科 胃腸科 呼吸器科 循環器科
    ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

    0

    「田中医院」は、JR八戸駅より車で国道454号線を経由18分の位置にあります。こちらでは胃腸科や呼吸器科、循環器科等の内科診療が可能となっており、さまざまな事情で通院が困難な患者さんには在宅訪問診療や往診を行っています。院長は患者さん一人ひとりの個別性を大切にした治療に取り組んでおり、常に患者さんの気持ちに寄り添いながら丁寧な診療を心掛けています。また患者さんが安心して最善の治療を受けられるように、近隣医療機関と連携を取るなど質の高い医療を目指しています。さらに田中医院では、混雑の緩和や待ち時間の短縮を目指し「受付番号チケット制」を導入するなど、患者さんが安心して通院できるように配慮しています。

     
    09:00 - 12:00
    16:00 - 18:00
    -
    -
    -
    -
    -
    -

    水・土曜AMのみ第3土曜休診臨時休診あり 訪問診療:13:30~月・火・木・金

    ※新型コロナウィルス感染拡大により、診療時間・休診日等が表示と異なる場合がございます。ご了承ください。