オンライン診療対応クリニック病院検索・クリニック動画紹介のイシャチョク

  • 一般会員
  • 医師会員
  • 法人会員

イシャチョク

一般
会員
医師
会員
法人
会員

最終更新日:2022年11月13日

皮膚科と美容皮膚科の違いは?「どちらを受診すべきか」の目安

こちらの記事の監修医師
巣鴨千石皮ふ科
小西 真絢

(写真=PIXTA)

診療内容や治療費、治療方法などの観点から、皮膚科と美容皮膚科の違いを見ていきましょう。巣鴨千石皮ふ科 院長・小西真絢医師が解説します。

皮膚科と美容皮膚科の違いは?

皮膚の疾患や傷を治療したいと思ったとき、皮膚科と美容皮膚科のどちらを受診すればいいか気になるという患者さんは多いのではないでしょうか。

 

皮膚科と美容皮膚科の違いとは何か、なぜ皮膚を専門とする診療科が2つに分かれているのか、あまりよく知られていないというのが現状です。

 

今回は、皮膚科と美容皮膚科の違いについてお話しします。これら2つの診療科はどうやって使い分けるとよいのか、また治療法や治療費には違いがあるのかといった内容をご説明しますので、ぜひご参考になさってください。

皮膚科と美容皮膚科、どうやって使い分ける?

皮膚科と美容皮膚科を比べたときの最も大きな違いは、治療の目的・ゴールがどこにあるかという点にあると考えられます。

 

皮膚科では、皮膚疾患や傷の治癒を治療の目的としていますが、一方で美容皮膚科では、主に肌をより美しくすることを目的とした治療を行っています(美容皮膚科で皮膚疾患の治療を行うケースもあります)。

 

たとえば、ニキビ治療を例にとってみましょう。ニキビは医学的には「尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)」と呼ばれる慢性的な炎症疾患の病態の1つで、皮膚科で保険診療を受けることができます。しかし、ニキビ自体が完全に治癒し、ニキビ痕のみにお悩みの場合には、保険診療だけで治療することは難しいことが多いです。

 

美容皮膚科ですと、美しい肌を目指す治療を行っているので、ニキビ痕の肌のデコボコなどを滑らかに整えていくような施術を受けることになるでしょう。

 

皮膚科と美容皮膚科の違いを理解しやすい具体例として、次に診療内容の違いを見てみます。

 

皮膚科の診療内容

・アトピー性皮膚炎

・尋常性ざ瘡(ニキビ)

・帯状疱疹(たいじょうほうしん)

・小児アトピー

・じんましん

・いぼ

・かぶれ

・水虫

・魚の目、巻き爪

・ヘルペス

・やけど、しもやけ

・虫刺され など

 

美容皮膚科の診療内容

・しみ、そばかす、肝斑(かんぱん)

・しわ、ほうれい線

・ニキビ、ニキビ痕

・色素沈着

・毛穴の黒ずみ、開き

・妊娠線

・小顔、ダイエット など

皮膚科か美容皮膚科かによって治療法や費用は変わる?

皮膚科と美容皮膚科は、治療に保険が適用されるか、適用されないかという点も異なります。保険適用内で行われる治療には種類に限りがありますが、自費診療ではさらに選択肢が広がります。

 

治療法の違い

皮膚科での治療は基本的に保険適用です。主に塗り薬や飲み薬の処方が行われますが、保険適応のレーザー治療を用意している病院もあります。

 

たとえば、色素沈着の場合、皮膚科の保険適用内の治療ではメラニン色素の生成を抑える薬や、肌のターンオーバーを促進する薬、トラネキサム酸やL-システイン、ビタミン剤などを処方します。生まれつきのシミや病気・ケガによってできたシミについては保険が適用され、機器の種類は限られますがQスイッチアレキサンドライトレーザーなどのレーザー治療を受けられることもあります。

 

一方、美容皮膚科は基本的に自由診療です。上記のように生まれつきあるシミや病気・ケガによるシミ以外にも、紫外線が原因でできたシミなどの治療は自費診療で治療を受けることができますし、再発防止のため肌の状態をより良く美しくするための施術を受けることが可能です。治療のメニューには、フォトフェイシャル、ピコレーザー、Qスイッチルビーレーザー、レーザートーニング、イオン導入など様々な種類があります。ただし、こうした保険適用外の治療は、保険診療よりも高額になります。

 

治療費の違い

皮膚科の保険診療は、原則としてかかった医療費の3割が患者さまの負担分となります(義務教育就学前のお子さんは2割、70歳以上の被保険者は年齢と所得に応じて負担額が変わります)。

 

一方で、保険適用外の自費診療は、全額が患者さまの負担分です。また、病院やクリニックごとに自由に料金設定できるので、治療を希望する場合は各機関の価格を比較するとよいでしょう。

まとめ

皮膚科と美容皮膚科は治療の目的・ゴールが異なり、治療のアプローチや治療費にも違いがあることがわかります。また、最近は皮膚科と美容皮膚科の両方を併設している病院・クリニックも増えてきています。患者さんご自身がどのような治療の在り方を希望されているかに応じて、皮膚科・美容皮膚科の使い分けていただくことができると思います。

この症状を治したい。記事を読んで今すぐ医師の診断を受けたいあなたへ。

イシャチョクでは、予約無しでオンライン上の「仮想待合室」に入れば、診療科目毎の医師が順番に診察してくれる、ラディアル型のオンライン診療システムを提供しています。以下のボタンをクリックして、オンライン診療に対応しているクリニックを検索してみてください。

全国のクリニックから検索したいあなたへ。

  • クリニックを探すクリニック検索

  • 病気・医療情報検索

こちらの記事の監修医師

巣鴨千石皮ふ科

小西 真絢

巣鴨千石皮ふ科 院長
日本皮膚科学会認定 専門医

<経歴>
1997年 聖心女子学院高等科 卒業
2003年 杏林大学医学部医学科 卒業
2003年 東京医科歯科大学皮膚科 入局
2005年 土浦協同病院皮膚科
2007年 都立墨東病院皮膚科
2008年 川口工業総合病院皮膚科
2011年以降は非常勤勤務
2017年 巣鴨千石皮ふ科 開院

ラディアル型オンライン診療対応の医療機関募集中

イシャチョクでは、予約無しでオンライン上の「仮想待合室」に入れば、診療科目毎の医師が順番に診察してくれる、ラディアル型のオンライン診療システムを提供しています。以下のボタンをクリックして、オンライン診療に対応しているクリニックを検索してみてください。