オンライン診療対応クリニック病院検索・クリニック動画紹介のイシャチョク

  • 一般会員
  • 医師会員
  • 法人会員

イシャチョク

一般
会員
医師
会員
法人
会員

最終更新日:2021年11月29日

「好きなモノ、手軽なモノばかり食べる生活」を続けると、どうなるの?

こちらの記事の監修医師
六本木・寺林治療院院長
寺林陽介

からだの不調 暴飲暴食

(画像はイメージです/PIXTA)

どんな時代も、生きるうえで絶対に欠かすことができないものが食事です。忙しい日々の中では、「気がついたら、いつも好きな食品やファストフード系を選んでいる」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は、そんな「好きなモノ」の危険性について解説します。

目次

  1. 「好きなモノ、手軽な食品」は腎臓の負担大
  2. 食生活の欧米化により「高尿酸予備軍」が増加中
  3. ビールの飲み過ぎで疲れるのは肝臓だけではない
    1. 痛風になると治療に行くのも精一杯
  4. 痛風を予防するカギは「わかめ、昆布、ひじき」
    1. 「味が染みていておいしい」のワナ
    2. 「食後すぐ寝る人」は疲れがとれなくて当然

「好きなモノ、手軽な食品」は腎臓の負担大

肉や、味の濃いもの、食後にはデザートなどの甘いもの。「体にはよくなさそうだけど、美味しいから」「時間がないからつい」と手を出してしまうことも多いでしょう。そんな食生活のなにがいけないのでしょうか。

実はこれらは「高タンパク、高カロリー、塩分過多」の三拍子で、腎臓に多大な負担をかける食事なのです。

食生活の欧米化により「高尿酸予備軍」が増加中

食生活の欧米化により、高尿酸予備軍の人が増えています。

尿酸とは、飲食することで体内に入った「プリン体」という物質が体内で分解されたときにできる燃えカスです。プリン体が多く含まれる物としてはレバー、あん肝、白子、いくらなどの肝や魚卵系、干物系ですが、なんといっても一番多いのは「ビール」です。

白子や、レバーをどんぶり一杯に食べる人は少ないでしょうが、「ビールならいくらでも飲める」という人は大勢いると思います。ビールを飲み、しょっぱいものをつまんで、またビール…。これは往復ビンタの如く腎臓にダメージを与える食べ方です。

ビールとしょっぱいものを摂りすぎると、血液中の水分や塩分が増えるので血圧が上がります。たとえば、ホースで水を撒く様子をイメージしてみてください。蛇口を目いっぱいまで開けたら、ものすごい勢いで水が出てきますが、そのときホースにはそれだけ圧力がかかっています。

水分や塩分を摂りすぎて血圧が上がると、腎臓は「血管に負担をかけてはいけない」と、血圧を下げようとして頑張るため、疲れてしまいまうのです。

ビールの飲み過ぎで疲れるのは肝臓だけではない

しょっぱいものを食べたり、お酒を飲んだりして体内に入ったプリン体は、肝臓で「いらないもの」と判断されて尿酸に変わります。その尿酸が大量に腎臓に流れて来ると、糸球体というフィルターの穴を塞いでしまうようになり、他の老廃物が流れづらくなってしまいます。

痛風になると治療に行くのも精一杯

先日、私の患者さんが痛風になってしまいました。地方へ出張に行っていた際、急に足の親指に激痛が走り、這って歩く思いで帰ってきたそうです。そして「通院するのもしんどいです。すみませんが、次回の治療はキャンセルさせてください」とのこと。尿酸が足の親指にたまってしまったようです。

仕事柄会食も多く、体育会系で目上の方々から可愛がられるタイプの人なので「まぁ、飲んで、食べて」ということのようです。お酒が強い分、たくさん飲めてしまうのも災いとなりました。

「プリン体がダメなら、ビール以外のお酒ならいいのか?」と思う人もいるでしょう。気持ちはわかりますが、そうもいきません。

なぜなら、アルコールそのものが肝臓での尿酸発生を増加させ、アルコールが体内で分解されるときに作られるアセトアルデヒドは、腎臓からの尿酸排出を阻害するからです。

痛風を予防するカギは「わかめ、昆布、ひじき」

「風が吹いても痛い」という痛風。ならないようにするにはどうしたらいいのでしょうか。

プリン体の多いものを摂らないようにするのが一番ですが、ビール片手に友人や恋人と語らい、美味しいものを食べるというのは、なによりも楽しい時間です。ここで「ビールをお代わりしたら、また尿酸値が上がるかな」なんて気にしていたら、それだけで酔いが覚めてしまいそうですし、美味しいものも味気なくなってしまいます。

ここは一つ、尿酸を体外に排出してくれる「腎臓に負担をかけないこと」を考えてみましょう。塩分を摂りすぎないことが大切なのですが、気にしすぎると、上記のビールと同じ話になってしまいますね。

そこで、「わかめ、昆布、ひじき」です。これらの食品はアルカリ度が強く、尿酸が溶けやすくなります。そして、お水を飲んであげると更に尿として排出しやすくなります。鍋にわかめを入れて食べるとよいのですが、最後のおじやはいけませんよ。

プリン体は水に溶けやすい性質なので、お肉なら焼肉よりも、しゃぶしゃぶがおすすめです。肉をお湯でしゃぶしゃぶするだけで約50%カットできるそうです。

「味が染みていておいしい」のワナ

プリン体をカットする調理法としては、魚なら煮物ということになりますが、煮汁には大量のプリン体が流れ出ていますので、捨てるのがベストです。煮物や肉じゃがは「味が染みていて美味しい料理」ですが、その旨味成分には大量のプリン体が含まれているのです。

そして、デザートが食べたいと思ったらバナナがオススメです。バナナにはカリウムが多く含まれています。カリウムは腎臓で塩分と結びついて、摂り過ぎた塩分を尿として排出してくれる働きがあります。

ですが、「バナナも食べたし、じゃあ寝るか」とすぐに寝てはいけません。

「食後すぐ寝る人」は疲れがとれなくて当然

起きているあいだ働き続けた内臓たちは、睡眠中に疲れをとり、明日に向けてまた力を蓄えます。ところが寝る前に食べてしまうと、内臓は働かなくてはならなくなります。自分は寝ていても、内臓は休むことができません。

ですので、最低でも食事から2時間、できれば4時間は寝ないほうがいいのです。そのタイミングでお酒も切り上げれば、更に翌朝の目覚めが楽になります。そして、朝起きたら水を飲んでなるべく尿を薄めつつ、バナナを食べましょう。

ただ、残念ながら腎臓病の人だとバナナは厳禁です。腎臓で処理できなかった余分なカリウムが心臓の働きを妨げて、不整脈などを引き起こしてしまう可能性があるからです。

むくみは腎臓が疲れているサイン。女性は足に出やすいのでわかりやすいですね。男性は足にはあまり出ませんが、朝起きて顔がむくんでいることがあると思います。そんなときは腎臓のことを思い出し、労わってあげましょう。

この症状を治したい。記事を読んで今すぐ医師の診断を受けたいあなたへ。

イシャチョクでは、予約無しでオンライン上の「仮想待合室」に入れば、診療科目毎の医師が順番に診察してくれる、ラディアル型のオンライン診療システムを提供しています。以下のボタンをクリックして、オンライン診療に対応しているクリニックを検索してみてください。

全国のクリニックから検索したいあなたへ。

  • クリニックを探すクリニック検索

  • 病気・医療情報検索

こちらの記事の監修医師

六本木・寺林治療院院長

寺林陽介

1996年にあんまマッサージ指圧師、鍼師、灸師の国家資格を取得し、父の治療院で本格的に修業を開始。
24歳のときから一人で治療院を運営し、現在に至る。
2008年には南青山でも完全紹介制・完全予約制の治療院を開設し、2014年4月、東京都港区六本木に移転。
患者に心から満足してもらえる治療院を追求している。
どこに行っても楽にならなかったという患者ほど違いを実感する「疲れとりマッサージ」を行い、多くの著名人から評判を得ている。
著書『疲れをとりたきゃ腎臓をもみなさい』(アスコム刊)は30万部のベストセラーになり、テレビ、雑誌など多数のメディアで注目を集めた。

ラディアル型オンライン診療対応の医療機関募集中

イシャチョクでは、予約無しでオンライン上の「仮想待合室」に入れば、診療科目毎の医師が順番に診察してくれる、ラディアル型のオンライン診療システムを提供しています。以下のボタンをクリックして、オンライン診療に対応しているクリニックを検索してみてください。