オンライン診療対応クリニック病院検索・クリニック動画紹介のイシャチョク

皮膚がん

最終更新日:2021年10月9日

ひふがん皮膚がん

皮膚がん

まとめ

皮膚がんは皮膚に生じる悪性腫瘍である。皮膚の表面はは表皮、その下が真皮、さらにその下が皮下脂肪と呼ばれ、皮膚の内部は表皮角化細胞、汗腺、脂腺、毛、血管、リンパ管、神経、筋などの成分で構成される。皮膚がんは多種類に分類されるが、多くは表皮内の組織で発生する。日本人は基底細胞がんが最多で、次いで有棘細胞がんの発症が多い。悪性度が高い皮膚がんとして、ほくろに生じるメラノーマ(悪性黒色腫)が知られる。

この病気の原因

皮膚がんの種類により発症の原因は異なるが、長期間紫外線にさらされると発症することがある。基底細胞がんの発症原因は明らかではないが、顔や頭に発症することから紫外線に長期間さらされることが一因とされる。有棘細胞がんは紫外線に加え、外傷、熱傷などの慢性的刺激が原因とされ、子宮頸がんの発症原因となるヒトパピローマウイルスとの関連も指摘されている。メラノーマは手足の裏側への発生が多いことから、皮膚への継続的な刺激が原因といわれる。

主な症状

基底細胞がんは、黒い皮疹が現れ、数年間で徐々に増大して潰瘍ができる。有棘細胞がんは初期段階はしこりとして出現し、徐々に増大するほか、潰瘍ができることもある。巨大化すると悪臭を放つことがある。メラノーマ初期段階は黒いしみ状で、徐々に不規則な形で増大して色むらが生じたり、結節をつくる。初期段階はほくろやしみのように見え、悪性腫瘍との違いがわかりにくい。メラノーマは、左右非対称の形、りんかく線がギザギザして、境界部分がはっきりしない、色むらがある、徐々に増大することが特徴であり、これらが見られる場合はメラノーマの発生を疑う。どの種類の皮膚がんも、基本的に初期段階で痛みはない。

検査/診断の方法

視診にて皮膚の状態を確認し、ダーモスコープという拡大鏡にて皮膚の腫瘍やほくろなどを確認するダーモスコピー検査を行う。皮膚がんの可能性が高い場合は、病変部分の組織の一部を採取して顕微鏡で調べる病理検査を行い、腫瘍が良性/悪性かを調べる。メラノーマを疑う場合、病変部全体を切除して検査することが多い。転移の可能性のある皮膚がんはエコー、CT、MRI、PET-CTなどの画像検査にて腫瘍の性状や拡大範囲を調べる。

主な治療方法

皮膚がんの種類や進行度などを判断して治療方法を決定する。基本的には腫瘍切除手術を行う。腫瘍に加えその周囲の皮膚ごと切除するが、切除範囲が大きい場合は太ももなどから皮膚を移植する植皮手術を行う。状況に応じて化学療法、免疫療法、放射線療法を行う。有棘細胞がんやメラノーマの場合、リンパ節に転移している可能性があるため、センチネルリンパ節生検を行う。転移の状況によりリンパ節を切除するリンパ節郭清を行う。

治療後に注意すべき点/予防対策

初診に適した診療科目

腫瘍内科 がん内科 腫瘍外科 皮膚科

腫瘍内科 がん内科 腫瘍外科 皮膚科のオンライン診療対応クリニック

    • 東京都品川区東五反田5-9-22地図を見る
    • 03-3448-6111
    • JR山手線 五反田駅
    • 救急科 循環器内科 消化器内科 脳神経内科 腎臓内科 血液内科 腫瘍内科 リウマチ科 心療内科
    ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

    0

     
    08:30 - 11:00
    13:00 - 15:00
    -
    -
    -
    -
    -
    -

    • 日本内科学会総合内科専門医
    • 日本小児科学会小児科専門医
    • 日本皮膚科学会皮膚科専門医
    • 日本外科学会外科専門医
    • 日本整形外科学会整形外科専門医
    • 日本産科婦人科学会産婦人科専門医
    • 日本眼科学会眼科専門医
    • 日本耳鼻咽喉科学会耳鼻咽喉科専門医
    • 日本泌尿器科学会泌尿器科専門医
    • 日本麻酔科学会麻酔科専門医
    • 日本病理学会病理専門医
    • 日本消化器病学会消化器病専門医
    • 日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医
    • 日本循環器学会循環器専門医
    • 日本呼吸器学会呼吸器専門医
    • 日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡専門医
    • 日本血液学会血液専門医
    • 日本内分泌学会内分泌代謝科専門医
    • 日本糖尿病学会糖尿病専門医
    • 日本腎臓学会腎臓専門医
    • 日本肝臓学会肝臓専門医
    • 日本感染症学会感染症専門医
    • 日本消化器外科学会消化器外科専門医
    • 日本呼吸器外科学会呼吸器外科専門医
    • 日本小児外科学会小児外科専門医
    • 日本神経学会神経内科専門医
    • 日本気管食道科学会気管食道科専門医
    • 日本大腸肛門病学会大腸肛門病専門医
    • 日本リハビリテーション医学会リハビリテーション科専門医
    • 日本救急医学会救急科専門医
    • 日本超音波医学会超音波専門医
    • 日本核医学会核医学専門医
    • 日本リウマチ学会リウマチ専門医
    • 日本口腔外科学会口腔外科専門医
    • 日本東洋医学会漢方専門医
    • 日本臨床細胞学会細胞診専門医
    • 日本透析医学会透析専門医
    • 日本精神神経学会精神科専門医
    • 日本ペインクリニック学会ペインクリニック専門医
    • 日本乳癌学会乳腺専門医
    • 日本婦人科腫瘍学会婦人科腫瘍専門医
    • 日本脳神経血管内治療学会脳血管内治療専門医
    • 日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医
    • 日本心療内科学会心療内科専門医
    • 英語対応可
    • 中国語対応可
    • 指定自立支援医療機関(育成医療・更生医療)
    • 指定自立支援医療機関(精神通院医療)
    • 入院設備(有床施設)あり
    • 母体保護法指定医師在籍医療機関
    • 視能訓練士(ORT)在籍
    • 理学療法士(PT)在籍
    • 作業療法士(OT)在籍
    • 言語聴覚士(ST)在籍