オンライン診療対応クリニック病院検索・クリニック動画紹介のイシャチョク

  • 一般会員
  • 医師会員

イシャチョク

一般
会員
医師
会員

最終更新日:2022年7月6日

しみしみ

こちらの記事の監修医師
クリスタル医科歯科クリニック
中島 由美

しみ

概要

しみとは、皮膚の内部で産生されたメラニンと呼ばれる色素が皮膚に増加し、皮膚の色が地肌より濃くみえる部分の総称です。原因は、メラニンの生成や皮膚のターンオーバー(新陳代謝)に異常が生じる病気によるものもありますが、紫外線暴露や加齢によるものが大半を占めます。一般的に、しみの多くは治療の必要はありませんが、美容外科以外にも、一般的な皮膚科でも希望に応じてしみを改善する治療を行うケースが増えています。レーザー治療、光治療、ケミカルピーリングなど特別な治療を実施する場合もあります。

原因

しみの根本的な原因は、長年紫外線を浴び続けることで皮膚の内部でメラニンと呼ばれる色素が過剰に産生されたり、加齢やホルモンバランスの乱れにより皮膚の新陳代謝が滞り、メラノサイト(メラニン形成細胞)が皮膚にたまり続けることによって、皮膚の一部の色が濃くなることで発生します。そのほか、しみの中には、そばかすのような遺伝が関与している場合もあります。また、皮膚がんや色素性乾皮症など病気が原因で色素沈着が起こる場合もあります。喫煙やストレスは老化を促す原因の一つである活性酵素を増やしメラニンを過剰産生させてしまいます。他にも不規則な生活や過労などで血行が悪くなっても、メラニンの排出が遅れてしまいます。

症状

皮膚の一部の色が濃くなるといった外見的に目立つ症状が現れます。全身に発生する可能性はありますが、紫外線の刺激などを受けやすい顔、首、腕、背中などに発生しやすくなります。しみの色調や大きさ、触感などは原因や体質によって大きく異なります。基本的にしみは年単位で大きくなっていき、色調はほぼ均一です。一方、胸・腹・背など、日光に当たらない部位に発生したり、しみの中にただれ(潰瘍)ができてきたり、平坦だったのが、徐々に盛り上がってきたり、短期間に目立って大きくなったり、痛みやかゆみを伴うなう場合や色調がまだらなケースは皮膚がんなどの他の病気の可能性もあるため注意が必要です。

検査・診断

しみの多くは紫外線の刺激や加齢などが原因で生じるものであり、重篤な健康被害はありません。そのため、特別な検査や治療は必要ありません。一部、皮膚がんなど、何らかの病気が原因であることが疑われる場合には、必要に応じた検査を行うことがあります。

治療

しみそのものは病気ではなく、すぐに治療が必要な皮膚病変ともいえません。そのため、基本的には治療の適応にならないことが多く、日常生活の改善などで「今以上にしみを作らない努力」をしていただくことが大切です。しかし、審美的(美容的)な観点から、しみを治療したいと希望される方は多く、ビタミン剤などを使用する薬物療法、レーザー治療、ケミカルピーリングなど、保険適応外の治療が行われる場合もあります。

予防/治療後の注意

しみを予防するためには、紫外線からのダメージを予防することが重要といえます。紫外線が強い夏場だけではなく、一年を通して紫外線対策を行うことが大切です。日焼け止めや帽子、日傘やサングラスなど、基本的な紫外線対策がシミ予防には有効です。また、しみを予防、改善するためには、肌の新陳代謝をアップさせることが大切です。規則正しい生活習慣や栄養バランスの整った食事、ストレスをためない暮らしなど、毎日の生活スタイルの改善は、しみの改善にも効果的です。その他にも、マッサージなどで血行を促進したり、抗酸化作用のあるビタミンEやメラニン色素の生成を抑えるビタミンCを積極的に摂取することも有用です。一方、喫煙や過剰なストレスは、活性酵素を増やし、メラニンの過剰産生を招くといわれているため注意が必要です。

こちらの記事の監修医師

クリスタル医科歯科クリニック

中島 由美

〇アクセス:福岡県福岡市中央区舞鶴3丁目9−39 福岡舞鶴スクエア 1F
〇診療科 :内科 美容皮膚科 アレルギー科 アンチエイジング外来 女性外来 漢方 産業医

【経歴】
ニューヨーク州バッファロー市生まれ
金沢医科大学 医学部 卒
金沢医科大学病院にて小児科・内科研修
大阪・神戸・東京・福岡の病院で内科と皮膚科を担当
2018年8月クリスタル医科歯科クリニック内に内科、美容皮膚科、アレルギー科を開設

【資格】
日本内科学会 認定内科医
日本医師会 認定産業医
抗加齢医学会 専門医

治療に適した診療科目

皮膚科 美容皮膚科

皮膚科、美容皮膚科のおすすめクリニック