オンライン診療対応クリニック病院検索・クリニック動画紹介のイシャチョク

  • 一般会員
  • 医師会員

イシャチョク

一般
会員
医師
会員

最終更新日:2022年7月21日

耳の中でポコポコ音がする…原因と治し方を解説

こちらの記事の監修医師
医療法人瀬尾記念会理事長 瀬尾クリニック
瀬尾 達

(画像=stock adobe.com)

耳の中でポコポコ音がするときに考えられる原因はいくつかあります。ストレスや疲れが原因の場合もありますが、治療が遅れると治りにくい病気を発症しているケースもあるため注意が必要です。そこで今回は耳の中でポコポコ音がするときに考えられる6つの原因と治し方、耳鼻科を受診する目安を紹介します。

耳の中でポコポコ音がする原因  

耳の中でポコポコ音がする原因は、おもに以下の6つのケースが考えられます。

耳が詰まった感じがする:耳管狭窄症・耳管開放症

耳が詰まった感じがあってポコポコ音がする場合は、耳管狭窄症や耳管開放症を発症している可能性があります。

  • 耳管狭窄症(じかんきょうさくしょう):耳管が塞がったり狭まったりする病気です。風邪や副鼻腔炎、アレルギー性鼻炎、咽頭炎、扁桃炎などが原因で発症します。治療には点鼻療法や漢方療法、耳管処置が行われ、場合によっては手術が必要なケースもあります。
  • 耳管開放症:耳管が開きっぱなしになる病気です。中耳炎や急な体重減少、ピル内服、妊娠、体調不良が原因と考えられ、運動して汗をかくと病状が悪化することがあります。治療方法は内服薬や点鼻薬、咽頭口からの薬液噴霧などが挙げられます。

耳管放症と耳管狭窄症は症状がほとんど共通しています。

【症状】

  • 耳鳴りがする
  • 音がこもって聞こえる
  • 耳が詰まった感じがする
  • 自分の声や呼吸音が耳に響く
  • 自分の声の大きさを把握しづらい 

頭痛を伴う:急性中耳炎

耳の中でポコポコ音がするだけでなく頭痛を伴う場合、急性中耳炎が原因の可能性があります。鼻と中耳は耳管で繋がっていますが、風邪をひいた際などに鼻や喉の中にいた病原体が耳管を通じて耳の中に侵入すると感染を起こして中耳炎になります。

【症状】

  • 耳の奥が痛い
  • 耳が聞こえにくい
  • 発熱・頭痛がある
  • 耳が詰まった感じがする

治療は抗菌薬の内服がメインですが、必要があれば鼓膜を切開して膿を出すこともあります。中耳炎を放置すると治りにくくなるため、症状が現れたらなるべく早めに耳鼻科を受診しましょう。

鼻水・鼻づまりが続く:滲出性中耳炎(しんしゅつせいちゅうじえん)

急性中耳炎が完治せずに長引くと、滲出性中耳炎(しんしゅつせいちゅうじえん)になるケースがあります。滲出性中耳炎とは鼓膜の奥の「中耳」に滲出液という液体がたまり、鼓膜の振動が悪くなる病気です。

【症状】

  • 鼻水・鼻づまりが続く
  • 耳の詰まった感じがある
  • 呼びかけても反応しない
  • 話すときの声が大きくなる
  • 耳が聞こえにくく、何度も聞き返す

滲出性中耳炎は痛みが出ないため発見が遅れることが多いですが、慢性化すると治りにくくなるケースがあるため注意が必要です。治療は消炎剤や抗ヒスタミン薬などの内服のほか、鼓膜の切開やチューブの挿入によって膿を出す処置が行われます。

子供に多い:外リンパ瘻(こぶ)

外リンパ瘻(こぶ)は内耳の蝸牛に穴が空き、外リンパ液が中耳に漏れてくる病気です。

あまり知られていない病気ですが子供に多く、「強く鼻を噛む」「管楽器を吹く」「ジェットコースターに乗る」といったありふれた出来事がきっかけで発症します。

【症状】

  • 嘔吐
  • 胃のムカつき
  • 難聴・耳鳴り
  • 冷や汗・頭痛
  • 耳鳴り・めまい
  • 耳のつまった感じ
  • 気分の不調・うつ状態

外リンパ瘻の症状は多岐にわたり、人によって現れ方が異なります。水の中で空気がポコポコいうような音が聞こえたり、「キーン」「ザーッ」といった耳鳴りがする場合もあります。外リンパ瘻の治療は安静にして蝸牛の穴がふさがるのを待つのが基本ですが、場合によっては手術が必要になるケースもあります。

ストレスが蓄積している:筋肉の痙攣

ストレスや疲労が蓄積していると、耳の周囲の筋肉や耳の鼓膜を引き締める筋肉が痙攣を起こして「ポコポコ」「トコトコ」といった耳鳴りが起こることがあります。筋肉の痙攣による耳鳴りは数秒から数分程度続いてから一旦治まるものの、再び聞こえるようになります。ただ、しっかり睡眠時間を確保して十分に休息すれば自然に治るケースが多いです。

あくびをするとポコポコ音がする:一時的な耳管の開放

あくびや耳抜き、唾を飲むと鼻と中耳を繋ぐ「耳管」が一瞬開放されてポコポコ音がすることがあります。この場合は特に心配ありませんので、様子をみましょう。

耳の中でポコポコ音がするときの治し方

睡眠不足や疲労、ストレスによる筋肉の痙攣によってポコポコ音がする場合、安静にしてゆっくり休養することで症状が改善します。ただ、病気が原因でポコポコ音がする場合は耳鼻科で治療する必要があるため、早めに受診しましょう。

こんなときは耳鼻咽喉科の受診を

耳の中でポコポコ音がする状態が1週間以上続く・安静にしても治らない場合は、耳鼻咽喉科を受診して診察してもらうことをおすすめします。病気が原因の場合は早期発見・早期治療が大切なため、気になる症状がある場合は早めに検査を受けましょう。

こちらの記事の監修医師

医療法人瀬尾記念会理事長 瀬尾クリニック

瀬尾 達

〇診療科目:耳鼻咽喉科

【学歴】
大阪星光学院高校 卒業
兵庫医科大学医学部 卒業
京都大学医学部大学院 修了

【職歴および資格】
日本耳鼻咽喉科学会 専門医 
厚生労働省指定臨床研修医療機関 指導医
京都大学 医学部 講師
兵庫医科大学 講師
大阪歯科大学 講師
京都大学医学部大学院 専門職学位
兵庫県立大学 講師
兵庫県立総合衛生学院 講師
身体障害者福祉法 指定医
日本耳鼻咽喉科学会認定 難聴担当医
兵庫県 指定難病医療機関
兵庫県立尼崎総合医療センター 研修管理委員

    • 兵庫県尼崎市七松町1-2-1フェスタ立花北館3F302地図を見る
    • JR神戸線(大阪〜神戸) 立花駅
    • 06-6415-3387
    • アレルギー科 耳鼻咽喉科
    ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

    0

     
    09:00 - 12:00
    16:00 - 19:00
    -
    -
    -
    -
    -
    -

    9:00〜12:0016:00〜19:00木・土曜AMのみ受付8:30〜11:3015:30〜18:30臨時休診あり

    ※新型コロナウィルス感染拡大により、診療時間・休診日等が表示と異なる場合がございます。ご了承ください。