オンライン診療対応クリニック病院検索・クリニック動画紹介のイシャチョク

  • 一般会員
  • 医師会員
  • 法人会員

イシャチョク

一般
会員
医師
会員
法人
会員

最終更新日:2022年10月7日

部下のメンタル不調を防ぐには?「パワハラになるコミュニケーション」の例③ ~一見問題なさそうな「同意や賞賛」も、実は…

こちらの記事の監修医師
合同会社パラゴン
櫻澤 博文

(写真=PIXTA)

今、パワハラ対策は喫緊の課題

大企業には2020年から、中小企業にも2022年から「労働施策総合推進法(通称:パワハラ防止法)」が課せられています。そんな中、喫緊の課題となっているのが「上司によるパワハラへの対策」です。厚生労働省が「労働者の心の健康の保持増進のための指針」で示したケア方法の一つ、「管理職による支援(ラインによるケア)」の実行力を各段に向上させるには、どうすればよいのでしょうか? メンタル産業医の命名者・櫻澤博文医師(合同会社パラゴン代表社員)が、積極的傾聴の提唱者トーマス・ゴードンが区分した「12の悪いコミュニケーション」を基に解説します。

今回は「6 反対、批評、批判、非難」、「7 同意、承認、賞賛」、「8 侮辱、愚弄、レッテル貼り」、「9 解釈、分析」を紹介します。6と8はわかりますが、7や9はどうしてなのでしょうか? 本稿にて、事例に即して理解しえる内容にしました。

 

★「12の悪いコミュニケーション」1~2の解説はコチラ>>

★「12の悪いコミュニケーション」3~5の解説はコチラ>>

6 反対、批評、批判、非難(Disagreeing, judging, criticizing, or blaming)

〈事例〉~電話帳を片手に、1ページから順番に電話をかけては自社サービス『豊健康経営V2.0』(=産業医の代わりに保健師に産業医の業務をさせるスタイル)への乗り換えを提案する…。そんな昭和時代の営業を強いられていた駆け出し営業職・山田君。

ロクに休憩を取ることもできず、不本意ながら残業をして挽回を狙いました。ところがそれさえ上司・荒居からお咎めを受けてしまい、へこみようがないくらいへこんでいます。

 

部下・山田:「荒居先輩! 報連相が大切なことくらいはわかっています。でも先輩が私に命じていたのですよ。午前に残業しなさいと!(おっと、ちゃんと反論できた!)」

上司・荒居:「ヤーマダー! お前はいつから管理職になったのだ。人件費は今月の予算額が決められているのに、困るじゃないか。管理するのは俺なんだよ。大川社長から叱られるのは俺なのだ。オオコワ…

(ふと、思いついたように)お前に俺は残業を命じてはいないし、お前から会社に、残業するという明示もない中だよな。お前が勝手に残業してもらっても困るのだよ。お前もわかるように、この会社は契約先にホワイトニングを持ちかける、ホワイトな会社なのだからさ。いいかい! 今回はお前が会社にいただけにしておく。いいな!」

 

【解説:なぜ悪いのか?】

このように、悪いのは相手と決めつけて、ひたすら反対するためだけの反論を述べるばかりでは、指摘されたほうは心を閉ざすほかありません。

7 同意、承認、賞賛(Agreeing, approving, or praising)

驚くべきことに、トーマス・ゴードンは、相手に同意したり、認めたり、褒めたりすることを「コミュニケーションを妨害する12類型」の1つに位置付けています。

 

〈事例〉~先ほどの続き。山田君が残業を命じたのは先輩であると反論したら、「残業は山田の独断だ。当社は、契約先にホワイトニングを持ちかけるホワイトな会社だ!」と反論されてしまい…。

 

部下・山田:「先輩。確かに弊社の大川社長が、どこかの社長が書いた本をもとに『社員の心を折らせない5ステップ』を日ごろから述べているので、知っていますよ。でも集まってくる医師は高齢者だし、保健師も未経験者ばかりだから、乗り換えるほうの会社も“安かろう、悪かろう”で致し方ないと割り切っているのではないでしょうか?」

上司・荒居:「そうだよ」

部下・山田:「ですよね。当社の『豊健康経営V2.0』は、産業保健や労働衛生への支出を削減したいという、もとからブラックな会社向けのサービスであって、そういった悪徳企業しか当社の商材は使わないのではないですかね?」

上司・荒居:「ヤーマダ! お前はよくわかったな。そうなのだよ。『名ばかり』とか『名義貸し』の産業医でよしとしていたことからも、顧客候補はもとからブラックな会社だ。法律のことなんて、まるでわかっていない。もとから何もしていない産業医と契約していることが法律違反なのは知っている。でも、保健師に代わりを担ってもらえることが法律違反なことまではわかっていない。それでもコンプライアンスが向上するということを、まったく疑っていない…。こんな簡単なまやかしすらもわからない連中なのさ。まさか電話するときに、“おたくはブラックですか?”と確認するわけにもいかないだろう」

 

【解説:なぜ悪いのか?】

同意・承認・賞賛と内容が良い概念であっても、「6 反対、批評、批判、非難」と同じく悪いか良いかの違いでしかなく、評価を与えられたことに違いはありません。6と同じように、コミュニケーションはこの段階で止まってしまいます。また、いわゆる「上から目線」を感じさせてしまっては、対等なコミュニケーションにならなくなってしまいます。

8.侮辱、愚弄、レッテル貼り(Shaming, ridiculing, or labeling)

〈事例〉~残業しなくていいと理解した山田君。時刻はもう19時30分を回ろうとしているので、帰り支度していたところ…

 

上司・荒居:「(不平そうに)ヤーマダ! お前、誰が帰っていいといった。“ここに存在していたい”と態度で示していたのはお前だろうが。俺も考えたよ。何しろ定時の18時以降も成約はゼロだろう。このままでは『永遠にゼロ』だぞ。お前、明訓の山田君やヤクルトの山田哲人と同じ姓で恥ずかしくないのか。俺だったら、恥ずかしいから名前を換えるゾ! 『だめだ』と呼んでくださいって。明日から『だめだ』と名乗ったらどうだ!!」

 

【解説:なぜ悪いのか?】

説明するまでもありませんね。

9.解釈、分析(Interpreting or analyzing)

〈事例〉~先ほどの続き。

 

上司・荒居の心の声:“なぜ山田は帰らないのだろうか!?(はたと机を打ちつけ、山田君ビックリ)

――わかったよ。この時間、まだまだ暑い。自宅もそうだろう。自宅ならクーラーの電気代を支払わないといけないが、ここだったら支払わなくて涼めるからだろうな。なんてケチな奴だ!”

 

部下・山田:「…」(←先ほど荒居が机をゲンコで殴った後、ビクビクしているところ)

上司・荒居:「ヤーマダ!! (水島新司による漫画『ドカベン』で出てくる明訓高校野球部1番打者岩鬼正美ばりに)お前、何 電気代 ケチってんだ!

部下・山田:「え、そんなことないですよ(この人突然キレる! しかも意味わからないこと述べている…頭がおかしい!!!!)」

上司・荒居:「お前、俺が帰れといったのに帰らないのは、クーラー代をケチっているからだろうが!」

部下・山田:「(この人、まるでわかっていない。これでは心が折れる…思いっきりブラックだ…)」

 

【解説:なぜ悪いのか?】

確かに、積極的傾聴法では「聞き返し」や「オウム返し」、そして「是認」をすることは文字通り是認されています。しかしながら、このように解釈を間違った上で、そうだと決めつけては、相手の心をかえって閉じさせるだけではなく、相手に間違った解釈さえも与えてしまいかねません。

 

*****************************************

さあて、ここまで侮辱を受けた山田君。この後どうする!? 次回は、トーマス・ゴードンによる「悪いコミュニケーション」の12区分のうち、「10 安心させる、同情、慰め」、「11 質問、探り、尋問」、「12 話題変更、話題反らし、ご機嫌取り」を紹介します。11と12はわかりますが、10はどうしてなのでしょうか? 次回記事の公開日、10月10日をお楽しみに。

 

※参考文献:トーマス・ゴードン著、近藤千恵訳『ゴードン博士の人間関係をよくする本 自分を活かす 相手を活かす』(大和書房、2002年)

※注:事例はフィクションであり、実在する組織や団体、商品内容、人物とは似ているものがあったとしても非なるものです。

この症状を治したい。記事を読んで今すぐ医師の診断を受けたいあなたへ。

イシャチョクでは、予約無しでオンライン上の「仮想待合室」に入れば、診療科目毎の医師が順番に診察してくれる、ラディアル型のオンライン診療システムを提供しています。以下のボタンをクリックして、オンライン診療に対応しているクリニックを検索してみてください。

全国のクリニックから検索したいあなたへ。

  • クリニックを探すクリニック検索

  • 病気・医療情報検索

こちらの記事の監修医師

合同会社パラゴン

櫻澤 博文

医師、労働衛生コンサルタント、日本産業衛生学会指導医、メンタル産業医学の創設者。

産業医科大学医学部卒業、京都大学大学院社会健康医学修士号や医学博士号を取得。

その後世界的ITコンサルタント会社にて、時給10万円もの経営コンサルタントから把握し得たハイパフォーマンスの実現方法を分析。

うち「早寝・早起き・朝ご飯」という滋養作用には、確かにストレス耐性を向上させる効果が把握し得たので、複数の英文学術誌が紹介。

「運動」による強壮効果については指導員資格取得やスキーレース大会出走と自身の肉体を通じて検証中。

2013年プロフェッショナル産業医のみを集めた職能集団 合同会社パラゴンを設立し、企業に対して「ストレスをプログレスに」「正しいことを正しく」「best among the best」を主是とした「健幸経営」という労務、人的資産(人財)管理を産業医として提供中。

広く市民にもアンチエイジング効果ある認知症支援方法を以下の書籍、メディアや講演などを通じて提供中。

【主要書籍】
『働きやすい職場づくりのヒント』(金剛出版、監修・共著)
『もう職場から“うつ”を出さない』(労働調査会)
『メンタル不調者のための復職・セルフケアガイドブック』(金剛出版)
『「メンタル」産業医入門』(日本医事新報社)

遺言作成時の立会や不動産譲渡時の認知機能評価サービスも展開し、相続の争族化防止という公益性ある支援にも邁進している。

ラディアル型オンライン診療対応の医療機関募集中

イシャチョクでは、予約無しでオンライン上の「仮想待合室」に入れば、診療科目毎の医師が順番に診察してくれる、ラディアル型のオンライン診療システムを提供しています。以下のボタンをクリックして、オンライン診療に対応しているクリニックを検索してみてください。