オンライン診療対応クリニック病院検索・クリニック動画紹介のイシャチョク

  • 一般会員
  • 医師会員

イシャチョク

一般
会員
医師
会員

最終更新日:2022年4月13日

らんし乱視

こちらの記事の監修医師
菅原眼科クリニック
菅原 道孝 

概要

人がものを見るということは、「見ているもの」からくる光を目で感じているということです。 通常、目に入る光は目の中でレンズの役割をする部分(角膜と水晶体)で適度に曲げられ(これを屈折といいます)、目の奥の網膜で一点に集まります(焦点といいます)。 網膜に焦点を結んでいるときにはっきりものが見えます。乱視とは、目のレンズの働きをする部分(角膜や水晶体)がゆがんでいるため焦点が合わない状態を言います。光を屈折させるレンズがゆがむと光は1点に集まりません。このようにレンズがゆがむと、光もゆがめられて一点に集まらずにずれてしまいます。この状態が乱視です。 ゆがみにより目から入る光の屈折が乱れるために焦点が集まらなくなってしまいます。乱視があると、ものの距離に関係なくピントが合わなくなり、全体的にものがぼやけて見えるようになり、その結果、眼精疲労も生じます。乱視は、眼球のカーブがラグビーボールのように楕円状になっていることや、炎症や外傷などによって角膜などが不規則に障害を受けることなどを原因として発症します。眼鏡やコンタクトレンズによる矯正で対応することが可能です。しかし、角膜の変形が不規則である場合は眼鏡での矯正は無効であり、コンタクトレンズが必要になります。また、場合によっては、屈折矯正手術が適応になることもあります。

原因

乱視は正乱視と不正乱視とに分けられます。正乱視は角膜や水晶体のカーブが方向によって違うため(例:ラグビーボール)、屈折力が縦と横、あるいは斜めで異なり、焦点を一点に合わせることができません。主に角膜のひずみが原因ですが、近視や遠視と組み合わさって起こる場合がほとんどです。正乱視があると一方向の線のみが明確に見えますが、他の方向はぼやけて見えます。不正乱視は炎症やケガなどによって角膜表面に凹凸が生じたために正常に像が結ばれない状態を言います。

症状

乱視では、距離にかかわらずに、ものがぼやける、にじむなどといった症状が現れます。また、眼球がどの方向に歪むかによって縦方向が見えにくいのか、横方向が見えにくいのかなどが異なってきます。眼精疲労の原因にもなります。その他、幼少期の乱視では、網膜にうまく焦点を合わせることができなくなり、視覚の発達に支障を来し、弱視を発症する危険性も伴います。

検査・診断

乱視の検査ではまずオートレフケラトメータと呼ばれる機械を用いて、乱視の度数と角度を測定する検査を実施します。目に弱い赤外線を当てて、光が目の中でどのように屈折しているかを調べます。この検査によって、乱視の有無やその程度がある程度わかります。その後、放射線状に線が描かれた検査表を見せて、線の太さや濃さを答える乱視の度数や角度を調べる検査をします。不正乱視の場合は角膜形状解析を用いて目の表面の形状を詳しく測定することもあります。

治療

眼鏡やコンタクトレンズによる矯正や、屈折矯正手術などが選択されます。乱視の多くは正乱視と呼ばれるタイプであり、眼鏡やコンタクトレンズで矯正が可能です。しかし、角膜に対する炎症や外傷により生じた不正乱視の場合は、眼のひずみ状況が一定ではないため、眼鏡による矯正が不可能であり、コンタクトレンズ(特にハードコンタクトレンズ)で矯正されることになります。矯正できない場合や希望がある場合には屈折矯正手術が選択されることもあります。角膜を削ったり内部にレンズを挿入したりすることで、網膜にピントが合うように調整することが可能となります。手術後は、合併症などの確認のために定期的に検診を受けていただく必要があります。

予防/治療後の注意

異常を早期発見することが症状の悪化を防ぐ大切なポイントです。目の異常を早めに発見するには、子どもの日常の動作をチェックすることが大切です。子どもの場合は目を細めたり他の人よりまぶしがるなどの行動がみられた時、また、大人でも暗い場所でものがにじんで見えたりピントが合いにくい場合乱視の可能性があるため、眼科を受診しましょう。定期的に眼科を受診し目の状態合ったコンタクトレンズや眼鏡を処方することが大事です。

こちらの記事の監修医師

菅原眼科クリニック

菅原 道孝 

〇診療科 : 眼科

【経歴】  
平成11年3月順天堂大学医学部 卒業
平成11年5月東邦大学医学部付属佐倉病院眼科入局
平成16年4月杏林大学眼科非常勤臨床助手(国内留学)
平成18年4月東邦大学医療センター佐倉病院眼科病院助手
平成19年4月医療法人社団済安堂井上眼科病院入職
平成22年10月医療法人社団済安堂井上眼科病院医局長
平成24年10月医療法人社団済安堂井上眼科病院副院長
平成27年4月医療法人社団八光会菅原眼科クリニック理事長

治療に適した診療科目

眼科

眼科のおすすめクリニック