オンライン診療対応クリニック病院検索・クリニック動画紹介のイシャチョク

  • 一般会員
  • 医師会員

イシャチョク

一般
会員
医師
会員

最終更新日:2022年7月6日

喉のぶつぶつの原因は?痛い、白い、腫れる…症状別の病気を解説

こちらの記事の監修医師
医療法人社団仁明会安部医院
安部浩一

(画像=Sick women suffering from sore throat on gray background w/ copy space. Causes of throat pain include flu, common cold, bacterial infections, allergies, smoke, GERD or tumor. Close up./stock adobe.com)

喉にぶつぶつができたときは、何らかの病気の可能性が高いです。喉にぶつぶつができた場合、口内炎や咽頭炎・扁桃炎などよくある病気のことも多いですが、中には咽頭がんなど、命に関わる重大な疾患の場合もあります。そこでここでは、喉にぶつぶつができる原因と病気について解説します。

喉のぶつぶつは病気が原因?

喉の腫れぼったさ、イガイガとした感じ、ものを飲み込んだときの痛みなどがあるなど、喉に違和感があるときは、喉にぶつぶつができていることが多いです。

喉のぶつぶつは多くの場合、ウイルスや細菌感染によって炎症が起きている状態です。

喉は、食べ物や飲み物などの通り道であるだけではなく、体に病原菌などの異物が入らないようにシャットアウトする役割もあります。舌のつけ根の両側にある扁桃腺は、こういった異物を体内に入れないための免疫であり、免疫のおかげで健康的な毎日を過ごすことができるのです。

ところが、疲れやストレス、寝不足、病気など、何らかの原因で免疫が低下すると、いつもなら侵入を阻止することのできるものを阻止できず、抵抗力が落ちて、細菌やウイルスに感染してしまいやすくなります。

重大な病気のサインである場合も

喉のぶつぶつは、多くの場合それほど重大な病気ではなく、ゆっくり休んだり、薬を飲んだりすることで短期間で治ります。しかし中には、がんなど命に関わる病気もあるので、「大したことないから大丈夫」と放置することは危険です。

喉のぶつぶつで考えられる病気

喉のぶつぶつは、さまざまな病気の症状として見られます。喉のぶつぶつで考えられる主な病気について解説します。

丸く白いぶつぶつで痛い…「口内炎」

口内炎とは、細菌やウイルスによって口や喉の粘膜に炎症を起こしている状態で、感染するウイルスや細菌によって症状が違います。

単純性ヘルペスウイルスに感染すると、丸い小さい水疱状のぶつぶつができ、痛みを伴うことが特徴です。ひどいと発熱することもあり、子供にもよく起こります。

カンジダという真菌が感染して起こる口内炎では、痛みはほとんどありません。白い苔のような斑点状のぶつぶつが現れ、剥がれ落ちます。口の中の衛生状態が悪いときや薬の影響など、原因はさまざまです。

喉が痛い、腫れる…「急性咽頭炎・扁桃炎」

急性咽頭炎は、ウイルス感染によって喉の奥の咽頭という部分に炎症を起こした状態です。喉のヒリヒリとした痛みや腫れが主な症状で、膿がたまると白いぶつぶつのように見えることもあります。最近では、PM2.5や黄砂などの影響で急性咽頭炎を発症する人も増えています。

扁桃炎とは、扁桃腺が細菌感染を起こしたものです。扁桃腺が発赤し、腫れ、白っぽく膿がたまります。

扁桃炎では、喉の痛みや発熱、悪寒など症状が辛く、食事をまともに摂ることができない場合も多いです。重症になると周りにも炎症が及び、入院や手術が必要になることもあります。

大人も子供もなる…「喉頭乳頭腫」

喉頭乳頭腫とは、喉頭に生じる良性の腫瘍です。咽頭乳頭腫は再発率が高く、子供のうちに発症した場合、何度も手術が必要になることがあります。成人の場合は、放置しておくと稀に悪性に変わることもあるため、定期的に受診する必要があります。

呼吸困難の原因にもなる…「喉頭蓋のう胞」

咽頭蓋のう胞とは、食べ物が誤って器官に入り込まないようにするための蓋である喉頭蓋に、のう胞というできものができる病気です。

のう胞が小さいときはほとんど症状がありませんが、のう胞が大きくなると、喉の違和感や嚥下障害が起こるようになります。のう胞が巨大化すると呼吸困難になることもあり、入院治療や手術などが必要になります。

発熱や喉の腫れを伴う…「ウイルス感染症」

喉の粘膜にウイルス感染症が起こると、喉の腫れ、痛み、違和感などが生じます。喉に炎症を起こすウイルスには、風邪の大部分を占めるライノウイルス、インフルエンザウイルス、ヘルパンギーナなどがあり、新型コロナウイルスも一因となります。治療は、症状を和らげるための対処療法やそれぞれのウイルスに合わせた投薬が行われます。

普段からうがいや手洗い、消毒などを徹底することが有効な予防策となります。

違和感、声が出ないことも…「咽頭がん」

咽頭がんとは、咽頭にできる悪性の腫瘍で、上咽頭がん、中咽頭がん、下咽頭がんと、腫瘍ができた部位によって分けられます。

咽頭がんの初期症状には、のどの軽い痛みや違和感がありますが、よくある風邪の症状と似ているため、ほとんどの人は気が付きません。症状が進むと、飲み込みにくさや息苦しさを感じるようになり、入院や手術が必要になります。命に関わるケースもあるので、早くに治療を開始する必要があります。

喉のぶつぶつは病院に行くべき?

喉にぶつぶつができたときは、痛みの有無に関わらず、病院を受診することをおすすめします。

自分では大したことがないと思う症状でも、もしかすると、がんなどの重大な疾患の初期症状かもしれません。また、咽頭炎や扁桃炎は、風邪を引いたときによく起こる症状ですが、放置すると重症化し、入院や手術が必要になることがあります。

「たかが喉のぶつぶつだから」とあなどらず、念の為、専門医に診てもらうようにすると安心です。

喉のぶつぶつでの受診の目安

喉のぶつぶつに加え、痛み、発熱、だるさなどの全身症状がある場合は、早めの受診が必要です。ものの飲み込みにくさ、声がかれている、膿が溜まっているのがみえる、口臭がする等の場合も、専門医に診てもらってください。

痛みのないぶつぶつが1週間以上たってもなくならない場合は、何からのウイルスや細菌に感染している可能性があります。風邪の症状がないのに喉にぶつぶつができている場合も、病院に行きましょう。

喉のぶつぶつで受診するなら何科?

喉にぶつぶつができている場合、受診する診療科は、耳鼻咽喉科です。内科でも診てもらうこともできますが、耳鼻咽喉科のほうが専門的な治療を受けられるでしょう。

耳鼻咽喉科で診察をしてもらった際、違う診療科で治療が必要だと医師が判断した場合は、他の病院を紹介してもらうことができます。

まとめ

喉のぶつぶつは病気であることが多いので、症状の重症度に関わらず、病院を受診すると安心です。予防のためには、普段からうがいや手洗いなどに努めて清潔にすることを心がけ、感染症にかからないようにすることが大切です。また、飲酒や喫煙などの習慣のある人は、喉への負担軽減と健康のため、控えめにしましょう。

こちらの記事の監修医師

医療法人社団仁明会安部医院

安部浩一

〇病院名 :医療法人社団仁明会安部医院
〇医師  :安部浩一
〇アクセス:東京都西東京市保谷町3-24-2
〇診療科 :耳鼻咽頭科
〇経歴:
昭和61年東邦大学医学部卒
昭和62年東邦大学大森病院耳鼻咽喉科
平成1年国立医療センター(現:国立国際医療研究センター)耳鼻咽喉科
平成6年安部医院開業、現在に至る
【所属学会・認定医など】
日本耳鼻咽喉科学会 認定専門医
補聴器適合判定認定医
日本耳鼻咽喉科学会東京都地方部会 代議員
北多摩耳鼻咽喉科学会 常任理事

    • 東京都西東京市保谷町3-24-2地図を見る
    • 西武柳沢
    • 042-461-0781
    • 内科 小児科 皮膚科 耳鼻咽喉科
    ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

    0

    常勤医師3名(女医1名)、非常勤医師5名(女医3名)で1つの診療所で複数科の医療を提供できるワンストップ医療体制が特徴です。また、新型コロナウイルスPCR検査を15分で判定できる医療機器5台、41種類...

     
    09:00 - 12:30
    15:00 - 18:30
    -
    -
    -
    -
    -
    -

    • オンライン診療
    • 電話診療可
    • 駅徒歩5分圏内
    • クレジットカード対応
    • バリアフリー対応
    • ...