オンライン診療対応クリニック病院検索・クリニック動画紹介のイシャチョク

  • 一般会員
  • 医師会員
  • 法人会員

イシャチョク

一般
会員
医師
会員
法人
会員

最終更新日:2022年10月28日

くしゃみが止まらない原因は?対処法についても解説

こちらの記事の監修医師
医療法人瀬尾記念会理事長 瀬尾クリニック
瀬尾 達

くしゃみが止まらない
(画像=stock adobe.com)

くしゃみが止まらない原因は風邪やアレルギー性鼻炎、寒暖差などさまざまです。この記事では、くしゃみが止まらなくなる具体的な原因と原因別の対処法について解説します。「たかがくしゃみ」と考える人もいるかもしれませんが、くしゃみが続くと別の疾患につながる可能性があるため、いざという時のためにもぜひ参考にしてください。

くしゃみが止まらない原因

くしゃみが止まらない原因はさまざまです。ここではなぜ止まらなくなるのか、具体的な原因について解説します。くしゃみが止まらなくて困っている人、なぜ止まらないのか不安な人はぜひ参考にしてください。

風邪

くしゃみが止まらない原因の1つが風邪です。風邪の場合、体にウィルスが侵入しようとする際に、体が異物に反応することでくしゃみが出る仕組みです。花粉症との区別がつきにくいかもしれませんが、風邪は発熱やのどの痛みを伴うケースが多いとされています。

なお、風邪が長引くと中耳炎を発症する可能性があるため、なかなか治らない場合は病院を受診して治療しましょう。

アレルギー性鼻炎

風邪をひいたわけでもないのにくしゃみが止まらない場合、アレルギー性鼻炎の可能性があります。アレルギー性鼻炎の場合、くしゃみが止まらないことに加えて、透明なさらっとした鼻水が出る、鼻がつまる、目が痒くなるなどの症状が現れる点が特徴です。

アレルギー性鼻炎によるくしゃみは、アレルギー反応を引き起こす物質から体を守るための防御反応であるため、くしゃみが出ているということは、体が適切に対応しているといえるでしょう。

なお、アレルギー性鼻炎には、特定の季節に起こる季節性のものと、1年を通して起こる通年性のものがあります。季節性のものには花粉症が挙げられます。

花粉症というと春のスギやヒノキが有名ですが、他の季節の植物でも花粉症を発症するケースがあるため注意してください。また、通年性のものにはハウスダストやペット、ダニなどがあります。

寒暖差

寒暖差が原因でくしゃみが出ることもあります。これは寒暖差が自律神経に作用することで、自律神経が乱れるためです。自律神経が乱れると、花の粘膜の血管収縮がうまくできなくなり、鼻の粘膜が広がって腫れてしまうためくしゃみが出ます。

春先や秋口といった季節の変わり目は1日の中でも気温の変化が大きいため、寒暖差によってくしゃみが出ることが多くなります。なお、寒暖差によってくしゃみが出ることは、血管運動性鼻炎や寒暖差アレルギーと呼ぶケースが一般的です。

刺激物質

呼吸をする際に、ホコリやゴミなどを吸い込むことで花の粘膜が刺激されくしゃみが出ることがあります。刺激物質によるくしゃみは、体が体外にホコリやゴミを出そうとして起こっている正常な反応であるため特に問題ありません。

モーニングアタック

モーニングアタックとは、起床時にくしゃみや鼻水が止まらなくなることです。起床時の自律神経のバランスが乱れていることが原因だとされています。

自律神経は、活発に動いているときに優位に機能する交感神経とリラックスしているときに優位に機能する副交感神経から構成されています。交感神経は、血管を収縮させることでくしゃみを抑えることができますが、起床後は副交感神経から少しずつ交感神経へと切り替わるタイミングで、交感神経が十分に機能していません。そのため、くしゃみが止まらなくなることがあります。

なお、アレルギー性鼻炎の人は、モーニングアタックのリスクが上がるとされています。

くしゃみが止まらない時の対処法

ここでは先ほど紹介したくしゃみが止まらない原因への対処法について解説します。原因がわかれば適切な対応を取ることができます。くしゃみが止まらなくて困っている人はぜひ参考にしてください。

風邪

風邪によってくしゃみが出ている場合は、風邪を治すことが大切です。そのため、安静にしてしっかりと睡眠を取りましょう。また、鼻の粘膜が冷たい空気に触れることで刺激されくしゃみが出やすくなるため、室内の空気を温めることもポイントです。

そのほかにも、乾燥は鼻にとってよくないため、加湿器を使って湿度を一定以上にキープするようにしましょう。

アレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎の場合、アレルギーの原因となる物質を取り除くことが対処法となります。ハウスダストやダニなどが原因の通年性アレルギー性鼻炎の場合、こまめに部屋を掃除することが大切です。また、カーペットやソファなどは、布製品のものを置かないようにしましょう。

布団にダニが潜んでいることもあるため、定期的に掃除機をかけるほか、天気のいい日は太陽光にしっかりと当てることも対処法となります。

動物がアレルギーの原因である場合は、できるだけペットを飼わないようにしましょう。すでに飼っている場合は、ペットの居住空間を分けることが大切です。

花粉のような季節性のアレルギー性鼻炎の場合、まずはマスクを着けて花粉が体内に侵入しないようにしてください。また、帰宅時には玄関の前で花粉をしっかりと払いおとすことも重要です。

どうしても症状が治まらない場合は、耳鼻咽喉科で治療を受けることもできます。耳鼻咽喉科では、内服薬や点鼻薬を処方してもらえるほか、粘膜を少なくする鼻腔粘膜焼灼術や粘膜の奥にある骨を削る粘膜下下鼻甲介骨切除術、アレルギーに関係する後鼻神経の凍結術・切断術などの手術を受けることも可能です。

手術をすることで、アレルギー性鼻炎の原因となっている部分を取り除くことができるため、原因の根本的な解決が期待できるでしょう。

寒暖差

寒暖差によるくしゃみを防ぐためには、体が寒暖差を感じないようにすることが大切です。例えば、カーディガンなど着脱できる衣類を着用することで温度調節ができるため、寒暖差を小さくすることができます。

また、寒暖差によるくしゃみは手術によって症状を軽減することも可能です。生活に支障が出るほど症状がひどい場合は、一度耳鼻咽喉科に相談してみるといいでしょう。

刺激物質

刺激物質によるくしゃみは、体の防御反応であり、一時的なものであるため基本的に治療は必要ありません。しかし、日常的にくしゃみが出る場合は、アレルギー性鼻炎の可能性があるため、一度アレルギー検査を受けるといいでしょう。

モーニングアタック

モーニングアタックに対処する場合、起床後すぐに起き上がらずに、布団の中で交感神経が活発になるように体を動かすことが大切です。例えば、指先を動かすだけでも交感神経は活発になります。また、こまめな掃除や加湿器の活用など、アレルギー性鼻炎の時に行う対処法はモーニングアタック対策にもなります。

くしゃみが止まらないと体に悪影響が及ぶ可能性

くしゃみに対して「たかがくしゃみ…」と考えている人もいるかもしれませんが、場合によっては体に悪影響を及ぼします。例えば、くしゃみを繰り返すことで鼻や耳、喉などにダメージが蓄積され、疾患につながる恐れがあります。また、骨粗しょう症の人だと、くしゃみをするだけで骨折する可能性もあるため注意しなければなりません。

くしゃみが止まらない時は病院で検査を

くしゃみが止まらない場合は、一度病院を受診することをおすすめします。診療科は耳鼻咽喉科となります。耳鼻咽喉科は鼻や耳、喉を専門的に診てくれるため、くしゃみや鼻づまりといった鼻炎症状の治療に最適です。受診すると、問診のほか、血液検査や鼻鏡検査などを行ってくれます。

また、子どもの場合、耳鼻咽喉科以外にも小児科を受診することもできます。これは、薬の選び方や量が大人と子どもとで異なることがあるためです。子どもを専門としている小児科の方が治療に適している可能性があります。

くしゃみが止まらない場合はコロナの可能性も

くしゃみが止まらない人の中には「新型コロナウィルスに感染したのでは?」と思う人もいるかもしれません。

実際にくしゃみが続いていた人が、当初は花粉症と勘違いしていたものの、その後咳や発熱、頭痛なども発症し、陽性となったケースがあります。そのため、くしゃみが続いている場合やくしゃみ以外の症状が見られる場合は、念のため検査をしておくといいでしょう。

まとめ

今回はくしゃみが止まらない原因と対処法について解説しました。くしゃみが止まらない原因は風邪やアレルギー性鼻炎、寒暖差などさまざまです。くしゃみが止まらない場合は、原因に応じた対処法が必要となります。

たかがくしゃみ、としていると別の疾患につながる可能性もあるため、今回紹介した対処法に取り組むなどしっかりと対処することが大切です。また、必要に応じて耳鼻咽喉科を受診するようにしましょう。

この症状を治したい。記事を読んで今すぐ医師の診断を受けたいあなたへ。

イシャチョクでは、予約無しでオンライン上の「仮想待合室」に入れば、診療科目毎の医師が順番に診察してくれる、ラディアル型のオンライン診療システムを提供しています。以下のボタンをクリックして、オンライン診療に対応しているクリニックを検索してみてください。

全国のクリニックから検索したいあなたへ。

  • クリニックを探すクリニック検索

  • 病気・医療情報検索

こちらの記事の監修医師

医療法人瀬尾記念会理事長 瀬尾クリニック

瀬尾 達

〇診療科目:耳鼻咽喉科

【学歴】
大阪星光学院高校 卒業
兵庫医科大学医学部 卒業
京都大学医学部大学院 修了

【職歴および資格】
日本耳鼻咽喉科学会 専門医 
厚生労働省指定臨床研修医療機関 指導医
京都大学 医学部 講師
兵庫医科大学 講師
大阪歯科大学 講師
京都大学医学部大学院 専門職学位
兵庫県立大学 講師
兵庫県立総合衛生学院 講師
身体障害者福祉法 指定医
日本耳鼻咽喉科学会認定 難聴担当医
兵庫県 指定難病医療機関
兵庫県立尼崎総合医療センター 研修管理委員

ラディアル型オンライン診療対応の医療機関募集中

イシャチョクでは、予約無しでオンライン上の「仮想待合室」に入れば、診療科目毎の医師が順番に診察してくれる、ラディアル型のオンライン診療システムを提供しています。以下のボタンをクリックして、オンライン診療に対応しているクリニックを検索してみてください。