オンライン診療対応クリニック病院検索・クリニック動画紹介のイシャチョク

  • 一般会員
  • 医師会員
  • 法人会員

イシャチョク

一般
会員
医師
会員
法人
会員

最終更新日:2022年11月18日

部下の悩みは「黙って聴く」が正解。積極的傾聴でメンタル不調を防ぐ

こちらの記事の監修医師
合同会社パラゴン
櫻澤 博文

(写真=PIXTA)

部下や同僚、家族など、周囲の人々をメンタル不調から守るにはどうすればよいのでしょうか? 他人の悩みを聞いたり、相談に乗ったりするのにはコツが必要です。パワハラに繋がる恐れもある「12の悪いコミュニケーション」を基に、人間関係に起因するメンタル不調を防ぎ、人間関係の好転にも繋がる対処法を見ていきましょう。“メンタル産業医学”の創設者として知られる櫻澤博文医師(合同会社パラゴン代表社員)が解説します。

「同意」や「助言」等はパワハラに繋がることも

これまで計4回にわたり、トーマス・ゴードンによる「12の悪いコミュニケーション」に沿って、部下のメンタル不調を招きかねない「パワハラになるコミュニケーション」の例を紹介してきました。

 

<悪いコミュニケーションの12区分>

1 命令や指示、指図

2 警告、注意、脅迫

3 助言、提案、解決策の呈示

4 論理的に説得、解説のうえ同意を得る

5 説教

6 反対、批評、批判、非難

7 同意、承認、賞賛

8 侮辱、愚弄、レッテル貼り

9 解釈、分析

10 安心させる、同情、慰め

11 質問、探り、尋問

12 話題変更、話題反らし、ご機嫌取り

 

★「12の悪いコミュニケーション」1~2の解説>>

★「12の悪いコミュニケーション」3~5の解説>>

★「12の悪いコミュニケーション」6~9の解説>>

  ★「12の悪いコミュニケーション」10~12の解説>>

 

上記12のコミュニケーションがどうしてよろしくないのか、釈然としない方は多くいらっしゃるでしょう。私も当初はそうでした。そこで、なぜいけないのかを新たな視点で確認してみましょう。

共通概念は「非受容」

上記のうち1~5については、3の「助言」や「解決策提示」の4の「論理的説得」も含めて、“あなたの代わりに私が対応を教えてあげる。あなたは解決策さえ考えられないようだから”といった、いわゆる上から目線で対応しているというメッセージを相手に伝えてしまう恐れがあります。

6~11については、7の「同意」や「賞賛」、9の「解釈」「分析」、10の「同情」や「説得」でも、相手そのものを受容しているというよりは、“あなたと私とは別!”と突き放したような、いうならば“あなたはおかしいのではないか?”といった批判を暗に伝えてしまう恐れがあります。

12の「話題変更」や「ご機嫌取り」については、“その話はもう聞きたくない”、“関心がない”といった拒否の念を示していると受け取られかねない恐れがあります。

解決のカギは「受容」

以上の解釈を読まれてみると、当初に感じた「そうなのか!?」がすんなりと「確かにそうだ!」となりませんでしょうか。以上の12のパターンはすべて、“私はあなたを受容していない”というメッセージを伝えていることが理解できたでしょう。

そうなのです。部下や同僚はおろか、妻や子供であっても他人です。相談してきた相手が感じ、考えていることを、自身のこころや気持ちで理解するには、その他人がどう感じたのか、どのように考えたのかを、あたかもそのまま、ありのままを追体験するような態度や覚悟で臨むことが基盤として必須となります。

 

「どう感じたのか」は他人の感覚や感情を感じ直すことです。

「どのように考えたのか」は他人の思考や考察を事実として把握することです。

 

9の「解釈」も「分析」も、7の「賞賛」や「同意」を行う前に、他人が抱く思考や感情が事実であり真実であることを、聞き手側がまず受け入れなければなりません。そうです、「受容」です。他人の思考や感情を受容することこそ、相談者の言外の思考・感情を理解しえたことを示す態度や行動なのです。

受容していることを態度・行動を示すには?

さて、ここから紹介するのは、青雲の志を抱く部下の「成長したい」とか「自分を試したい」といった気持ちを上手に引き出しつつ、自分自身も支援者としてラクに、部下や子ども、さらには伴侶にまで行動変容を促せるようになる方法です。

アラフィフの読者であれば、NHKアニメ『名犬ジョリィ』が記憶にあるでしょう。エンディングテーマで、主人公の悩みは『ふたりで半分こ』とあったように、『名犬ジョリィ』は悩みを半減しえる方法を教示しています。

 

1 傍にいるという安心・安寧感を示す

オンライン面談や電話であっても、「私はここにいて、いつでも/何時まで あなたの対応させてもらいます」と表明することで、傍にいるよという安心感や安寧感を示すことは可能です。

 

2 注意を払っているという態度を示す

オンライン面談だと、通常は画面に映された相談相手の顔を見ながら会話するために、視線が合いにくいと感じるかもしれません。しかしオンライン面談の場合でも、いわゆる「カメラ目線」を使えば容易です。画面内の相手の顔でなくカメラのほうを視ながら、そして、その際に頭を前に傾けて頷くことで、相談相手に対して注意を払っていることが示せます。

 

3 黙って聴くことに徹する

「聞こえてくる」ことと「聴くようにする」こととは違います。一口に「きく」といっても、門構えの中に耳がある「聞く」もあれば、心が込められている「聴く」もあります。さらに「積極的傾聴」とは、「聴く」ことを徹底させることを示します。

この「積極的傾聴」を表現するならば、「聴く」ことしかせず喋ることはしないという、いわば「沈黙」…黙って聴くようにする、ということです。フジテレビ系のドラマ『silent』第6話で、難病を患う主人公・佐倉創が、自分に色々な制度や手段、方法を紹介するのではなく、自身の抱く辛さや困難さをわかってもらうために、ただ話を聴いてもらいたかったことを吐露するシーンが描かれていました。

聴力が喪失していくという大変な戸惑いの中にあるのみならず、大切なサッカー仲間や恋人さえも失っていくという悲劇の中にある創でも「ただ聴いて欲しかった」。

そうなのです。ここでも、積極的傾聴がいかに大切なのかが描写されています。

なお、日経新聞朝刊のコラムでも取り上げられるくらいに我々の心を切なくさせ、多くの方々の涙腺を「崩壊」させていることが、十分に理解しえました。

名犬ジョリィも、傍にいて沈黙しているだけで、主人公の悩みは半減されたわけです。

 

【参考文献等】

トーマス・ゴードン著、近藤千恵訳『ゴードン博士の人間関係をよくする本 自分を活かす 相手を活かす』(大和書房、2002年)

東京カウンセリングオフィス『クライエント中心療法』(https://tokyoco.jp/motivation-interview/)

この症状を治したい。記事を読んで今すぐ医師の診断を受けたいあなたへ。

イシャチョクでは、予約無しでオンライン上の「仮想待合室」に入れば、診療科目毎の医師が順番に診察してくれる、ラディアル型のオンライン診療システムを提供しています。以下のボタンをクリックして、オンライン診療に対応しているクリニックを検索してみてください。

全国のクリニックから検索したいあなたへ。

  • クリニックを探すクリニック検索

  • 病気・医療情報検索

こちらの記事の監修医師

合同会社パラゴン

櫻澤 博文

医師、労働衛生コンサルタント、日本産業衛生学会指導医、メンタル産業医学の創設者。

産業医科大学医学部卒業、京都大学大学院社会健康医学修士号や医学博士号を取得。

その後世界的ITコンサルタント会社にて、時給10万円もの経営コンサルタントから把握し得たハイパフォーマンスの実現方法を分析。

うち「早寝・早起き・朝ご飯」という滋養作用には、確かにストレス耐性を向上させる効果が把握し得たので、複数の英文学術誌が紹介。

「運動」による強壮効果については指導員資格取得やスキーレース大会出走と自身の肉体を通じて検証中。

2013年プロフェッショナル産業医のみを集めた職能集団 合同会社パラゴンを設立し、企業に対して「ストレスをプログレスに」「正しいことを正しく」「best among the best」を主是とした「健幸経営」という労務、人的資産(人財)管理を産業医として提供中。

広く市民にもアンチエイジング効果ある認知症支援方法を以下の書籍、メディアや講演などを通じて提供中。

【主要書籍】
『働きやすい職場づくりのヒント』(金剛出版、監修・共著)
『もう職場から“うつ”を出さない』(労働調査会)
『メンタル不調者のための復職・セルフケアガイドブック』(金剛出版)
『「メンタル」産業医入門』(日本医事新報社)

遺言作成時の立会や不動産譲渡時の認知機能評価サービスも展開し、相続の争族化防止という公益性ある支援にも邁進している。

ラディアル型オンライン診療対応の医療機関募集中

イシャチョクでは、予約無しでオンライン上の「仮想待合室」に入れば、診療科目毎の医師が順番に診察してくれる、ラディアル型のオンライン診療システムを提供しています。以下のボタンをクリックして、オンライン診療に対応しているクリニックを検索してみてください。