オンライン診療対応クリニック病院検索・クリニック動画紹介のイシャチョク

  • 一般会員
  • 医師会員

イシャチョク

一般
会員
医師
会員

最終更新日:2022年4月14日

せんもうせん妄

こちらの記事の監修医師
つきじ心のクリニック
榊原 聡

概要

せん妄とは、突然発症する意識の傷害や認知機能の低下全般を指します。症状のパターンには様々なものがありますが、幻覚や妄想などの精神症状が出現するタイプから、認知機能が著しく低下することで、時間や場所などがわからなくなってしまうといったものまで、いろいろなタイプの症状が出現するのが特徴です。基本的には時間とともに回復しますが、せん妄の原因を取り除く(治療する)までは、定期的にせん妄症状が出現する可能性も高いため、早く原因を特定して対応を行うことが重要といえます。せん妄そのものが疾患なのではなく、何らかの原疾患によってせん妄症状が出現しているというイメージをすると理解しやすいでしょう。せん妄は高齢者に多く見られる症状であるため、しばしば認知症と混同されることもありますが、認知症とせん妄は別物です。薬剤の副作用、大きな手術や入院などのストレス、認知症、感染症、肝機能障害など、様々な要因がせん妄発症の原因となります。

原因

せん妄の原因には様々なものがあり、感染症や臓器障害など内科系の疾患はもとより、脳機能そのものの異常や精神的なストレスによっても発症することがあります。せん妄は突発的に起こる症状であるため、注意深く問診を行い経過を観察することで、原因の特定や推測は比較的容易です。脳卒中、認知症、パーキンソン病、脱水や栄養不足、腎機能障害や肝機能障害、低酸素血症、がん疾患などが原因疾患となります。手術時の麻酔や抗精神病薬などもせん妄の原因となり得ます。入院や病室の移動を契機にせん妄が悪化することもあります。特に薬剤性のせん妄には様々なものがあり、麻薬性の鎮痛薬であるオピオイド、ベンゾジアゼピン系の抗不安薬、抗うつ薬などが原因薬剤として挙げられます。

症状

せん妄の症状は突発的に現れるのが特徴です。せん妄の出現によって思考力や集中力の低下、注意力の低下などが引き起こされます。時間や場所などの感覚がわからなくなる見当識障害とよばれる症状が特徴的です。また、精神的に不安定になることで、幻覚・妄想を伴う錯乱状態になる場合もあります。人格や気分の不安定さなどが出現したり、強い眠気を訴えて意思疎通が難しくなるといった症状が出現することもあります。

検査・診断

医師の問診や経過の評価によってせん妄の診断を行うことが可能です。せん妄の原因は比較的分かりやすく、手術や入院、投薬開始などが契機となっている場合には、原因を取り除くことが基本となります。また、せん妄出現の背景には大きな病気が潜んでいる可能性がありますので、原因疾患の特定を行うための各種検査が追加される場合もあります。せん妄の診断を行うためには、病歴や治療歴(投薬歴)、生活環境や生活の状況などを詳しく聞き取ることが重要となります。

治療

せん妄の治療では、せん妄発症の原因を取り除くことが最も重要となります。原因疾患の治療はもとより、場合によっては、原因薬剤を中止するために別の薬剤の投薬を検討する(薬剤の変更)などの対応が必要になります。また、幻覚・妄想などの激しい精神症状を呈している場合には、興奮を抑えるための処置を行うことも重要です。せん妄を起こしている人は、ベッドから転落しやすかったり、歩行時に転倒しやすかったりするため、生活環境や入院環境を整えて、せん妄に関連する2次的な傷害が発生しないように務める必要があります。

予防/治療後の注意

せん妄が出現する原因には様々なものがあるため、まずはせん妄の原因を突き止めることが重要になります。原因薬剤の中止、原因疾患の治療、環境の改善、ストレス要因の排除などがせん妄治療の基本となります。せん妄に対して抗精神病薬を投与することもありますが、この方法では根本的な解決は難しいため、できるだけ原因を解決するような対応が大切といえます。

こちらの記事の監修医師

つきじ心のクリニック

榊原 聡

〇診療科目 :心療内科

《 経歴 》
茨城県に生まれ育つ。千葉県出身。
旭川医科大学医学部卒業(1994年)
北海道大学附属病院精神科勤務(1994-95年、1998-2002年)
北海道大学大学院医学研究科卒業(2002年)
北海道立向陽ヶ丘病院(網走)(1995-97年)
札幌花園病院(1997-98年)
国立十勝療養所(2002-03年)
国立国際医療センター精神科(2003-04年)
国境なき医師団(2004年:パレスチナ自治区、新潟中越地震にて活動)
札幌トロイカ病院精神科副院長(2004-11年)
東京都立松沢病院精神科医長(2011-17年)
つきじ心のクリニック院長(2017年)
鑑定経験は計61件(起訴前鑑定27件、公判鑑定17件、簡易鑑定13件、医療観察法鑑定4件)(2021年5月現在)

《 資格・所属学会 》
精神保健指定医
精神科専門医・指導医
医学博士
日本医師会認定産業医
学会認定精神鑑定医
国境なき医師団海外派遣医師
日本精神神経学会
日本睡眠学会
日本司法精神医学会

治療に適した診療科目

精神科

精神科のおすすめクリニック