オンライン診療対応クリニック病院検索・クリニック動画紹介のイシャチョク

  • 一般会員
  • 医師会員

イシャチョク

一般
会員
医師
会員

最終更新日:2022年7月6日

にきび(じんじょうせいざそう)ニキビ(尋常性ざ瘡)

こちらの記事の監修医師
平和台皮フ科
種田 研一

尋常性ざ瘡(ニキビ)

概要

ニキビは尋常性ざ瘡(じょうじんせいざそう)ともよばれる疾患です。ニキビはれっきとした皮膚の疾患であるため、適切な治療を行って治療することが可能です。皮脂分泌、ホルモン、汗、汚れ、など、様々な要因によって毛穴が閉塞し、皮脂の溜まった毛穴にアクネ菌が繁殖することで皮膚に病変が形成されます。顔面、胸、肩、背中などを中心に、面皰(めんぽう)とよばれる毛穴の詰まりが出現します。さらに面皰内に皮脂が溜まって白くなったり、感染を起こして赤く腫れ上がる場合もあります。ニキビの状態や正常に応じて、黒色面皰、白色面皰などに分類することが可能であり、一般的には、黒ニキビ、白ニキビ、赤ニキビなどとよばれています。ニキビは多くの人が経験する疾患であり、多くの場合健康上の問題とはならず、疾患や病気とは考えられていない場合もあります。しかし、多くの症状が出現することで外見上の問題が生じ、それが精神面に大きな影響を及ぼす可能性もあります。症状が気になるという人は、早めに治療を開始することが効果的です。

原因

ニキビの原因菌はアクネ菌とよばれる細菌です。しかし、毛穴の詰まりや毛穴に皮脂が蓄積することがより根本的な原因であり、毛穴の詰まりを無くし、毛穴に皮脂がたまらないようにすることでニキビができにくい皮膚になります。ニキビは状態によって様々な名称でよばれており、黒色面皰(黒ニキビ)、白色面皰(白ニキビ)、吹き出物や丘疹(赤ニキビ)、膿疱や結節(黄色ニキビ)などが存在します。いずれの場合であっても、これらのニキビの発症原因は、ストレスなどの環境、皮膚の状態、ホルモンバランス、アクネ菌などであり、単純にアクネ菌の除菌のみを行うだけでは治療をすることはできません。その他にも、化学療法(抗がん剤治療)やステロイドなど、医薬品の副作用でニキビが出現することもあります。

症状

ニキビは多くの場合、顔面、首、肩、背中、胸の上部などにできます。炎症のない小さな毛穴の詰まりである黒色面皰や白色面皰の他、感染や炎症症状が見られる吹き出物や丘疹などの皮膚症状が出現します。軽症の場合、多少のかゆみや違和感はありますが、多くの場合は皮疹のみで症状はありません。炎症などが起こることで、患部の痛みや腫れ、熱感などが出現する場合もあり、ニキビが「熱を持った」ような症状を呈する場合もあります。強い炎症を起こしている場合やニキビを激しく潰したような場合には、皮膚の深部が傷つくことでニキビ跡が残ることがあります。また、ニキビそのものの症状だけではなく、ニキビによる外見上の問題から精神的なトラウマを抱えてしまう人も多く、社交性が著しく低下したり、対面でのコミュニケーションが取れなくなったり、引きこもりがちになるなど、様々な精神症状を合併するケースも少なくありません。

検査・診断

ニキビは問診と視診で診断することが可能です。ホルモンの影響などを確認するためには、月経周期なども有効な診断材料となります。ストレスの影響を調べるために、生活環境や人間関係、精神的なトラブルなどを確認する場合もあります。

治療

軽症例の場合、生活習慣や食生活など改善することで徐々にニキビが出現しなくなります。 思春期など、年齢的にニキビが出現しやすくなっている場合には、積極的な治療を必要としないケースも多いです。治療を行う場合には、面皰の形成を防ぐ(毛穴の詰まりをなくす)ための治療が基本となります。皮膚を薄くするためのピーリングとよばれる処置が行われる他、アダパレンや過酸化ベンゾイルとよばれる外用薬を使用します。明らかな感染や化膿が認められる場合には抗菌薬を使用することもあります。面皰内の皮脂や汚れを圧出する処置が行われることもあります。面皰の圧出や毛穴の詰まりを取り除くことは効果的ですが、自分自身で面皰を圧出しようとして、逆に皮膚を傷つけたり、感染を起こしたりする場合があるため、基本的に面皰には触らないようにしましょう。

予防/治療後の注意

ニキビは良くなったり悪くなったりを繰り返す疾患です。一時的に抑え込んだとしても、根本的な原因を解決しない限り、すぐに再発してしまいます。原因は精神的なストレスや身体的な疲れ、ホルモンバランス、寝不足などにある場合も多く、生活環境を見直し改善する必要もあります。外見の変化から精神的な症状を合併する場合も多いため、ニキビが気になる人は、早めに医療機関を受診し、適切な治療を受けることが大切です。

こちらの記事の監修医師

平和台皮フ科

種田 研一

〇病院名 :平和台皮フ科
〇医師  :種田 研一
〇アクセス:東京都練馬区平和台4-21-10 クリエシェンテ練馬平和台 2階
〇診療科 :皮膚科 小児皮膚科 美容皮膚科

【経歴】
2004年 順天堂大学医学部卒業
医師国家試験合格
2004年〜2006年 順天堂大学病院研修医
2006年〜2010年 順天堂大学大学院医学研究科
[2010年 博士号取得]
2006年〜2014年 順天堂大学皮膚科医局勤務
2014年〜 種田医院勤務
2021年1月 練馬区平和台に平和台皮フ科を開業

治療に適した診療科目

皮膚科 美容皮膚科

皮膚科、美容皮膚科のおすすめクリニック