オンライン診療対応クリニック病院検索・クリニック動画紹介のイシャチョク

  • 一般会員
  • 医師会員
  • 法人会員

イシャチョク

一般
会員
医師
会員
法人
会員

最終更新日:2022年10月31日

フケの原因はシャンプー?ストレス?男性・女性・子供でも違う?

こちらの記事の監修医師
成増駅前かわい皮膚科
河合徹

フケ 原因
(画像=stock adobe.com)

いつもキレイに髪の毛を洗っているのに、なぜか出てくる真っ白いフケ。 不潔にしているから出るものだと思われがちなフケは、実は、清潔にしていても出てしまうものです。フケの原因は、シャンプーの仕方や肌の乾燥などのほか、年代や体質によっても違いがあります。ここでは、フケの原因について解説します。

フケはなぜ出る?フケの原因菌について

頭皮には、マラセチア菌(癜風菌)という皮膚常在菌がいます。マラセチア菌は真菌(かび)の一種ですが、通常であれば、頭皮環境を健康に保ってくれる働きがあります。しかし、皮脂や汗などが多くなると、これらを栄養としてマラセチア菌が増えすぎて悪さをするようになり、脂漏性皮膚炎などの病気を引き起こします。

頭皮は、身体の中でもとりわけ皮脂の分泌が盛んな部位です。特に、気温や湿度の高い季節には、マラセチア菌が繁殖しやすく、頭皮のターンオーバーのサイクルが乱れ、頭皮の生まれ変わりで発生する角質が大量に剥がれ落ちるようになります。

脂漏性皮膚炎になると、頭皮がベタベタと脂っぽい感じになって痒みを伴ったり、匂いが気になったりすることもあります。

フケの原因はフケのタイプによって異なる

フケは、ベトつきのある脂性フケと乾燥フケの2つに分けられます。フケのタイプ別の原因について詳しく解説します。

脂性フケの原因はシャンプーの仕方

脂性フケの原因のひとつは、シャンプーが不十分であることです。皮脂や余分な角質などが残っていると、そこにマラセチア菌が繁殖して、頭皮が脂っぽくなります。また、ワックスなどの整髪料が残っていたり、きちんとすすぎができていなかったりなど、頭皮環境を悪化させる原因となります。

乾燥フケの原因は頭皮の乾燥やシャンプーのしすぎ

乾燥フケの原因は、頭皮の乾燥が原因です。顔や体などがもともと乾燥しやすい人は、頭皮も乾燥しやすくなります。

シャンプーのしすぎが乾燥肌を招く原因にもなります。頭皮は、程よく皮脂があることによって、バリア機能を保っています。ところが、洗う回数が多かったり、洗浄力の強いシャンプーを使っていたりすると、皮脂が足りなくなってバリア機能が衰え、パラパラと白っぽいフケが出やすくなります。また、加齢によって皮脂の分泌量が減ることでも、頭皮が乾燥しやすくなります。

共通する原因はストレスや生活習慣の乱れ

脂性フケも乾燥フケも、どちらにも共通する原因が、ストレスや生活習慣の乱れによるものです。

ストレスや生活習慣の乱れは、自律神経のバランスを乱します。自律神経がアンバランスになると、肌が乾燥しやすくなったり、逆に皮脂の分泌が過剰になったりして肌荒れを起こしやすくなり、頭皮環境が乱れるようになります。

性別・年齢別に見る、よくあるフケの原因

フケの原因は、性別や年齢によっても違いがあります。

男性に多い原因

皮脂の分泌を司るのが、男性ホルモンです。男性ホルモン分泌のピークは10代後半から20代にかけてで、その後徐々に下降していきます。男性は、60歳くらいまで皮脂の分泌量が多いため、脂性フケが出やすくなります。

女性に多い原因

女性にも、男性ホルモンが分泌されています。女性は30歳代までは皮脂分泌が多いため脂性フケがでやすく、その後は乾燥しやすくなるため、乾燥フケが出やすくなります。

また、40代から50代にかけては、更年期の症状によって肌荒れが起こりやすくなり、それによってもフケが出やすくなることがあります。

中学生・高校生など成長期の子供に多い原因

幼い子供は、皮膚のバリア機能が未熟なため、乾燥フケが出やすくなります。また、自分ひとりでお風呂に入るようになっても、うまく髪の毛を洗うことができていないと、洗い残しやすすぎが不十分でフケが出ることがあります。

成長期の子供は、皮脂の分泌が活発になるため、男女ともに脂性フケが出やすくなります。活動量が多く代謝も活発であるため、べとつきやフケなど、頭皮トラブルが起こりやすくなります。

自分でできるフケ対策

フケがあると、清潔にしているのに不潔に見えて、大きな悩みとなってしまいます。フケを防ぐためには、日頃から対策をすることが大切です。自分で簡単にできるフケ対策についてご紹介します。

フケ対策用のシャンプー・リンスを使う

すでにフケが出ている人は、市販品のフケ対策用のシャンプーやリンスを使いましょう。乾燥性のフケに悩む人は保湿成分配合のもの、脂性フケの人は抗菌成分配合のものなど、フケのタイプによって選ぶことがおすすめです。

敏感肌や乾燥肌など肌が弱い人は、無添加のものを選ぶといいでしょう。一部の皮膚科では、クリニック専売のシャンプーが販売されています。あまりにもフケがひどい場合はクリニックを受診し、医師に相談してみてください。

シャンプーの仕方を見直す

シャンプーの仕方が不十分だったり、すすぎ残しがあったりすると、マラセチア菌が繁殖しやすくなります。

たくさんシャンプーを使っていても、しっかり頭皮まで泡がいきわたっていなければきれいになりません。髪の毛先を洗うことよりも、頭皮をマッサージするように根元や毛穴を洗うことを心がけるといいでしょう。毛穴をしっかり洗うために、シャンプーブラシを使うこともおすすめです。

頭皮マッサージで頭皮環境を整える

頭皮マッサージは、頭皮の血行を良くして、ターンオーバーを促す効果があります。また、血行が良くなることで栄養がいきわたりやすくなり、育毛促進も期待することができます。

頭皮マッサージをする際は、両手で頭全体を包み込むようにして指先を頭皮に当て、指先を回すようにマッサージしてみましょう。力を入れ過ぎたり、爪を立てたりすると頭皮を傷つけてしまうので、指の腹を当てて程よく力を入れる程度で行うことがポイントです。

頭皮専用の電動マッサージャーやシャンプーブラシの使用もおすすめです。シャンプー前にマッサージをすると、シャンプーによって毛穴の汚れが落ちやすくなります。

食生活・生活習慣を見直す

頭皮を健やかに保つためには、食生活や生活習慣など、普段の生活に気をつけることも大切です。

食事からとった栄養は、生きるために必要な臓器に優先的に運ばれるため、栄養不足になると肌荒れや髪の毛のトラブルが起こりやすくなります。頭皮や髪の毛のことを考えるなら、しっかり栄養をとり、睡眠や休息を取ってリラックスすることが必要です。

夜ふかしや暴飲暴食はやめて、健康的な生活を心がけてください。

対策しても改善しないときは病気が原因の可能性も

さまざまなフケ対策をしても改善しないときは、頭皮の病気の可能性があります。

フケの原因となる病気

フケの原因となる病気には、脂漏性皮膚炎、頭部白癬、尋常性乾癬などがあります。いずれもひどくなると、セルフケアでは改善がむずかしく、投薬が必要になることも多いため、早めに専門医を受診しましょう。

受診の目安

フケ対策用シャンプーを使ったり、生活習慣やシャンプーの仕方を見直したりしても改善しない場合は、病院を受診しましょう。

かゆみがひどく、頭皮に炎症を起こして膿んでいるなどの場合は、早急に受診が必要です。悪化すると治りが遅くなるだけでなく、周囲に広がってつらい症状を呈することがあります。見た目にも影響することがあるため、早めに専門医に診てもらいましょう。

受診するなら何科?

フケで受診するなら、皮膚科です。一般的な皮膚科の他、男性や女性の薄毛、頭皮トラブルに特化した美容皮膚科でも診てもらうことができます。

まとめ

フケはよくある頭皮トラブルですが、治らないと大きな悩みに発展しがちです。日頃から頭皮を清潔にすることはもちろん、生活習慣や食事に気をつけ、頭皮を健やかに保つための生活を心がけましょう。

フケだけでなく、頭皮のひどい痒みや赤み、膿が出るなどの症状があれば、速やかに受診が必要です。

この症状を治したい。記事を読んで今すぐ医師の診断を受けたいあなたへ。

イシャチョクでは、予約無しでオンライン上の「仮想待合室」に入れば、診療科目毎の医師が順番に診察してくれる、ラディアル型のオンライン診療システムを提供しています。以下のボタンをクリックして、オンライン診療に対応しているクリニックを検索してみてください。

全国のクリニックから検索したいあなたへ。

  • クリニックを探すクリニック検索

  • 病気・医療情報検索

こちらの記事の監修医師

成増駅前かわい皮膚科

河合徹

〇診療科 :一般皮膚科・小児皮膚科・老年皮膚科・皮膚外科・形成外科・美容皮膚科・アレルギー科・当日手術・レーザー治療

【経歴】
台湾生まれ、東京都板橋区出身。
台湾大学医学部卒業。
日本国医師免許および台湾医師免許のダブルライセンス。
東京大学医学部皮膚科助教(2017年~2019年)。
皮膚科専門医・がん治療認定医・産業医。
2020年11月、板橋区に成増駅前かわい皮膚科(https://kawai-hifuka.jp/)を開業。

ラディアル型オンライン診療対応の医療機関募集中

イシャチョクでは、予約無しでオンライン上の「仮想待合室」に入れば、診療科目毎の医師が順番に診察してくれる、ラディアル型のオンライン診療システムを提供しています。以下のボタンをクリックして、オンライン診療に対応しているクリニックを検索してみてください。

    • 東京都板橋区成増2-17-13ヒューリック成増2F地図を見る
    • 東京メトロ有楽町線 地下鉄成増駅東武東上線 成増駅
    • 03-3938-1112
    • 皮膚科 小児皮膚科 形成外科 美容皮膚科 アレルギー科
    ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

    0

     
    09:30 - 12:30
    10:00 - 13:00
    15:00 - 19:00
    -
    -
    -
    -
    -
    -
    -
    -
    -
    -
    -
    -
    -
    -

    ※新型コロナウィルス感染拡大により、診療時間・休診日等が表示と異なる場合がございます。ご了承ください。

    • バリアフリー対応
    • 駅徒歩5分圏内
    • 予約可
    • エレベーターあり
    • クレジットカード対応
    • ...