オンライン診療対応クリニック病院検索・クリニック動画紹介のイシャチョク

  • 一般会員
  • 医師会員
  • 法人会員

イシャチョク

一般
会員
医師
会員
法人
会員

最終更新日:2022年10月1日

圧迫骨折とは?主な原因と日常生活でできる予防方法を解説

こちらの記事の監修医師
おおたけ整形外科・内科  院長
大武 修一郎

(画像=stock adobe.com)

圧迫骨折とは骨折の一種で、骨が潰れた状態を指します。骨が脆くなっていると、小さな衝撃でも圧迫骨折することがあるので注意してください。圧迫骨折を起こさないためには、日常生活を見直して、骨の老化を防ぐことが重要です。圧迫骨折とは何か、その原因と日常生活での予防方法についてまとめました。

圧迫骨折とは何?

圧迫骨折とは多数ある骨折の種類のひとつです。骨折には「骨が折れた状態」だけでなく、「骨にひびが入った状態」や「骨の一部分が欠けた状態」なども含まれます。そして、圧迫骨折は「骨が潰れた状態」です。

圧迫骨折の症状

繰り返しになりますが、圧迫骨折も骨折の一種です。転倒などが原因で圧迫骨折した場合は、そのほかの骨折と同様に骨折部位に痛みが生じます。

また、圧迫骨折によって背中が丸くなると、身長が低くなります。骨折した骨が神経を圧迫すれば、痺れや神経麻痺を起こすこともあり、寝たきりになる危険性もあるので注意が必要です。

その一方で、転倒などの原因がなく、自らの重みで骨が潰れた場合は、なかなか圧迫骨折に気づけません。「身長が低くなった」「背中や腰が曲がった」「腰に痛みを感じる」などは圧迫骨折が原因の可能性もあるため、不安なことがあるときは早めに医療機関を受診しましょう。

圧迫骨折しやすい場所

転倒などが原因の場合、圧迫骨折しやすいのは「胸椎」や「腰椎」です。つまり、背中や腰です。

圧迫骨折により背中が丸まれば、吐き気や食欲不振などの症状に繋がることもあります。また、1箇所の圧迫骨折でも、治療せずに放置しておくとその上下の骨に骨折が広がっていくケースも多いので注意してください。

圧迫骨折の主な原因

圧迫骨折の主な原因3つについて解説します。

外部からの強い衝撃

圧迫骨折の原因の1つ目は「外部からの強い衝撃」です。転倒するなどでその部位に強い力がかかり、圧迫骨折に繋がります。ただし、圧迫骨折のきっかけは外部からの衝撃でも、根本的な原因に骨の老化が影響しているケースも多いです。

骨粗しょう症

圧迫骨折の原因の2つ目は「骨粗しょう症」です。前述の骨が老化した状態が骨粗しょう症であり、骨が脆くなっているため、小さな衝撃でも圧迫骨折する場合があります。

例えば、「くしゃみをする」「重いものを持ち上げる」「中腰の体勢を取る」などです。骨密度が低下している場合、健康的な骨と比較して骨折しやすくなるので注意しましょう。

がんの骨への転移

圧迫骨折の原因の3つ目は「がんの骨への転移」です。がんが骨へ転移すると、その部分の骨は弱くなります。骨が弱くなることで小さな衝撃でも圧迫骨折し、強い衝撃が加わればより重症化する可能性があるため危険です。

圧迫骨折の治療方法と治療期間

基本的に圧迫骨折では「保存治療」を行うことが多いです。骨折している部位をギプスやコルセットで固定して、骨折が治るのを待ちます。通常は1ヶ月程度で骨が治り始め、徐々に痛みもおさまっていきます。

ただし、治療にかかる期間は骨折の状態などによっても変わり、リハビリ治療、手術などが必要なケースもあります。また、圧迫骨折の原因が「がんの骨への転移」である場合は、がんの治療が必要です。

圧迫骨折に特に注意すべき人と日常生活での予防方法

圧迫骨折の原因について説明してきましたが、多くの人が注意すべきなのは「骨粗しょう症」を原因とするケースです。

骨密度が低下し、骨が脆くなっていれば、小さな衝撃でも圧迫骨折する危険性があります。加齢によって骨も老化するので、できるだけ骨を健康な状態で維持することが重要です。

骨の老化が進んでいる高齢者、特に骨粗しょう症になりやすい閉経後の女性は注意してください。閉経後、ホルモンバランスが変化する関係で、骨密度が低下しやすく、骨粗しょう症になる女性が多いです。

骨に良い栄養を摂取すること

健康な骨を維持するためには食事が重要です。骨に良い栄養素をしっかりと摂取するようにしましょう。例えば、カルシウムやビタミンD、ビタミンKなどです。

摂取したカルシウムのすべてが吸収されるわけではありません。ビタミンDはカルシウムの吸収を助け、ビタミンKはカルシウムの骨への沈着を促します。そのほかにもマグネシウム、タンパク質、各種ビタミンなどをバランス良く摂取してください。

適度な運動を行うこと

適度な運動を行うことも骨粗しょう症の予防に役立ちます。軽いウォーキングや筋力トレーニングなどを行いましょう。運動することで生じた刺激は骨の強度を増すので、骨粗しょう症の予防に効果的です。

また、筋力やバランス力を維持することは、骨折の原因になる転倒を防止するのにも有効です。無理な運動は怪我の原因になるので、できる範囲で体を動かすようにしてください。

喫煙など骨に悪影響のある習慣をやめること

タバコに含まれるニコチンには血流を悪くする効果があります。血流が悪くなると胃腸の働きが弱まり、食欲不振になり、カルシウムは吸収されにくくなります。また、タバコは骨からカルシウムが流出するのを防ぐ「エストロゲン」というホルモンの働きも阻害します。

そのため、喫煙者の骨はタバコを吸わない人に比べて脆くなりやすいです。タバコは肺へ影響するイメージが強いですが、さまざまな健康被害の原因になるため注意してください。

圧迫骨折とは骨が潰れることで生じる骨折|高齢者は定期的な検査も重要

圧迫骨折とは何かについて説明してきました。骨粗しょう症などで脆くなった骨は、外部からの衝撃によって圧迫骨折を起こしやすくなっています。骨の老化が進んでいれば、重いものを持ち上げたり、くしゃみをしたりでかかった力でも圧迫骨折することがあります。

日常生活の動作の中で圧迫骨折が起きた場合、骨折していることに気が付かないケースもあるので注意してください。

骨折した箇所の上下の骨に負担がかかり、骨折部位が広がることも考えられます。「背中や腰が丸まった」「身長が低くなった」などの違和感があるときは、早めに医療機関で診察を受けましょう。

また、高齢者の方は骨粗しょう症の予防のために生活習慣を見直すこと、定期的に検査を受けて骨密度を測ることも大切です。

この症状を治したい。記事を読んで今すぐ医師の診断を受けたいあなたへ。

イシャチョクでは、予約無しでオンライン上の「仮想待合室」に入れば、診療科目毎の医師が順番に診察してくれる、ラディアル型のオンライン診療システムを提供しています。以下のボタンをクリックして、オンライン診療に対応しているクリニックを検索してみてください。

全国のクリニックから検索したいあなたへ。

  • クリニックを探すクリニック検索

  • 病気・医療情報検索

こちらの記事の監修医師

おおたけ整形外科・内科  院長

大武 修一郎

〇プロフィール
日本整形外科学会認定整形外科専門医
日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
日本整形外科学会認定リウマチ医
日本脊椎脊髄病学会認定脊椎脊髄外科指導医
BKP(KYPHON Balloon Kyphoplasty )資格認定医
日本スポーツ協会公認スポーツドクター
日本医師会認定産業医 
身体障害者福祉法指定医(肢体不自由)
難病指定医
医学博士

ラディアル型オンライン診療対応の医療機関募集中

イシャチョクでは、予約無しでオンライン上の「仮想待合室」に入れば、診療科目毎の医師が順番に診察してくれる、ラディアル型のオンライン診療システムを提供しています。以下のボタンをクリックして、オンライン診療に対応しているクリニックを検索してみてください。

    • 東京都北区王子1-8-1王子パークビル6F地図を見る
    • JR京浜東北線 王子駅都電荒川線 王子駅前駅
    • 03-3914-1177
    • 内科 糖尿病内科 整形外科 リウマチ科 リハビリテーション科
    ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

    0

    おおたけ整形外科・内科はJR王子駅から徒歩1分にあります。診療時間は、平日は19時までのため仕事帰りや通学の後でも受診ができます。診察科目は整形外科を行っていて骨折治療や骨粗しょう症の改善治療を手掛け...

     
    09:00 - 12:30
    15:00 - 19:00
    -
    -
    -
    -
    -
    -

    AM9:00~12:30・PM15:00~19:00(※科によって異なる)診療受付:午前は8:50から・午後は14:50から開始。木曜午後は通常の整形外科外来に加えて「装具外来」も行っています。   平日午後の診療受付時間は・初診・再診18:00まで となります。

    ※新型コロナウィルス感染拡大により、診療時間・休診日等が表示と異なる場合がございます。ご了承ください。

    • 駅徒歩5分圏内