オンライン診療対応クリニック病院検索・クリニック動画紹介のイシャチョク

  • 一般会員
  • 医師会員
  • 法人会員

イシャチョク

一般
会員
医師
会員
法人
会員

最終更新日:2022年10月22日

「尿の出口が痛い」「チクチク・ムズムズする」女性に多い膀胱炎の原因と治し方

こちらの記事の監修医師
東京医科大学病院講師(常勤)外来:火曜AM 土曜AM/ 新宿つるかめクリニック泌尿器科(非常勤医)外来:第1・3・5土曜PM
平澤 陽介

尿の出口が痛い 女性
(画像=stock adobe.com)

尿の出口が痛い場合、さまざまな原因が考えられますが、女性であれば「急性膀胱炎」や「尿道炎」が疑われます。どちらも排尿時の痛み(排尿痛)があり、症状を放置すると重症化する危険性もあるので注意してください。また「尿道カルンクル」という外尿道口6時方向にできる良性腫瘍のこともあります。女性の場合に疑われる尿の出口の痛みの原因、医療機関を受診した方が良いケースについてまとめました。

女性に多い尿の出口の痛みは「急性膀胱炎」が原因?

尿の出口が痛いときに考えられる原因のひとつが「急性膀胱炎」で、これは女性に多い病気です。女性は尿道が短く、肛門に近いこともあって、男性よりも細菌が尿道から膀胱へ侵入しやすい構造になっています。

膀胱に侵入した細菌によって起こる炎症が膀胱炎で、「急性」と「慢性」の2種類に分類されます。急性膀胱炎を繰り返すことで慢性的に症状が継続するのが慢性膀胱炎なので、急に痛みを感じるようになったなら急性膀胱炎だと考えられます。

トイレを長時間我慢していると膀胱で細菌が増えやすくなるため、長時間のデスクワークなどですぐにトイレへ行けないようなケースにも注意しましょう。

排尿時以外も痛むことがある

膀胱炎は排尿時以外に痛みを感じるケースもあります。排尿を終えるタイミングで痛むことが多いものの、「間質性膀胱炎」という種類だと尿が溜まっているときにヒリヒリとした感じや違和感が出ます。

必ずしも排尿のタイミングだけではないことを覚えておきましょう。

膀胱炎は生理中になることも多い

生理中の経血が付着した状態だと菌は繁殖しやすくなります。そのため、生理中は菌が膀胱に侵入する危険性も高いので注意してください。こまめにナプキンを交換するなどして、できるだけデリケートゾーンは清潔な状態を保ちましょう。

また、生理中は普段より免疫力が低下していることも多いです。免疫力が低下しているとさまざまな病気にかかりやすくなります。「しっかりと栄養を摂取する」「十分な睡眠をとる」「ストレスを溜めない」「体を冷やさない」などに注意して、免疫力を低下させないようにすることも大切です。

急性膀胱炎は頻尿・血尿を伴うこともある

急性膀胱炎の主な症状はチクチク、ムズムズする不快感や排尿時の痛みです。しかし、そのほかにも頻尿や尿の濁り、残尿感、血尿を伴うこともあります。膀胱炎の種類によって症状は異なるので、排尿時の痛みなどを感じたら医療機関で検査・治療を受けましょう。

重症化するリスクもあるので早めに病院へ

膀胱炎は「腎盂腎炎(じんうじんえん)」を併発するケースもあります。腎盂腎炎は膀胱炎と同じような症状がありますが、そのほかに発熱、倦怠感、腰や背中の痛みなども伴います。

重症化した場合は命に関わる危険性もあるので、疑わしい症状があるときはすぐに病院へ行きましょう。

排尿時に尿の出口が痛いときは「尿道炎」も考えられる

排尿時に尿の出口が痛いときは尿道炎の可能性もあります。膀胱炎と同じく排尿痛や血尿などの症状がありますが、原因菌によっても症状は異なります。尿検査などで原因菌を特定した上で、抗生物質による治療が基本です。

女性の尿道炎で注意すべき特徴

女性の場合、尿道だけに炎症を起こすケースは多くありません。尿道と膀胱の両方に炎症を起こすこと、膀胱のみで炎症を起こすことが多いです。これは女性の尿道は短く、菌が膀胱まで侵入しやすいためです。

その一方で、尿道炎で生じる膿のような分泌物は男性に多い症状です。このような性別による違いはあるものの、女性も尿道炎になる危険性はあるので注意してください。

尿道炎は性感染症で起こることも多い

尿道炎は性行為が感染経路になることも多いです。原因菌によって「クラミジア性尿道炎」や「淋菌性尿道炎」などに分類されます。これらは性行為によってパートナーへ感染する危険性があるので、一緒に治療を受けることが重要です。

また、菌が抗生物質に対して耐性を持っていることもあります。完治するまでしっかりと医療機関に通うようにしてください。

女性の尿の出口の痛みは医療機関を受診した方が良い?

女性の尿の出口に感じる痛みは、基本的に医療機関を受診した方が良いです。膀胱炎などは症状が進行する可能性もあるため、排尿時の痛みや尿の出口に違和感があったら医療機関を受診しましょう。

早期に受診すべきケースとは?

中でも以下のようなケースは早期に医療機関を受診するようにしてください。

・激しい痛みがある場合
・高熱がある場合
・血尿がある場合
・背中や腰に痛みがある場合
・症状を繰り返す場合
・免疫系の病気がある場合
・妊娠している場合

何科を受診したら良い?

尿の出口の痛み、排尿痛などを扱うのは基本的に泌尿器科です。また、内科や女性であれば婦人科で診察を受けられるケースもあります。内科や婦人科の場合、膀胱や尿道の専門医がいるとは限りません。泌尿器科以外を受診するときは、あらかじめ確認するようにしましょう。

市販の薬では治らない?

痛みの原因にもよりますが、尿の出口の痛みは、基本的に市販薬では治りません。尿の出口に痛みを感じたときは泌尿器科などで治療を受けるようにしてください。

ただし、軽度な残尿感や尿漏れなどの排尿に関するトラブルには市販薬も販売されており、骨盤底筋を鍛えることで症状が改善されることもあります。

症状によっては処方薬以外で改善・予防できるため、そのほかの症状もある人は医療機関を受診するタイミングで医師に相談してください。

尿道カルンクルの治療はどうすればいい?

尿道カルンクルの場合、患部の腫れ・炎症を鎮める作用のあるステロイド系の軟膏が処方されます。ステロイド系の軟膏によって患部の腫れがある程度引けば、そのまま経過観察にすることも多いです。

尿道カルンクルはなるべく患部を刺激しないように注意しましょう。
外部的な刺激を受けると、腫瘍が巨大化したり、痛みが出たりしやすいため、締め付けのきつい下着の着用や、自転車のサドルでこするなどの刺激は避けてください。

出血・痛みがひどい場合や、保存的治療で十分な効果が得られない場合は、手術によって患部を摘出する外科的治療が行われます。保険適応のある手術ですので、手術を行っている病院の泌尿器科であれば、どこでも受けられる外科的治療となります。

日帰り手術を行っているところもあり、手術自体も30分-1時間程度で終了しますので、手術をしてしまった方が良い場合を多くみられます。

いずれにしてもまずは泌尿器科を受診して、診断と適切な治療を受けましょう。

女性で尿の出口が痛いときは膀胱炎などが考えられる|必ず重症化する前に受診を

女性で尿の出口が痛い場合、膀胱炎が原因として考えられます。膀胱や尿道などの症状は泌尿器科で診てもらえるので、症状が出たら早めに医療機関を受診しましょう。治療せずに放置していると症状が進行したり、別の病気を誘引したりするので注意が必要です。

命に関わるようなケースもあるため、重症化する前に診断・治療を受けるようにしてください。

この症状を治したい。記事を読んで今すぐ医師の診断を受けたいあなたへ。

イシャチョクでは、予約無しでオンライン上の「仮想待合室」に入れば、診療科目毎の医師が順番に診察してくれる、ラディアル型のオンライン診療システムを提供しています。以下のボタンをクリックして、オンライン診療に対応しているクリニックを検索してみてください。

全国のクリニックから検索したいあなたへ。

  • クリニックを探すクリニック検索

  • 病気・医療情報検索

こちらの記事の監修医師

東京医科大学病院講師(常勤)外来:火曜AM 土曜AM/ 新宿つるかめクリニック泌尿器科(非常勤医)外来:第1・3・5土曜PM

平澤 陽介

〇診療科 :泌尿器科

【学歴・職歴】
2008年3月 北海道大学医学部医学科卒業
2010年3月 横浜労災病院 初期研修修了
2011年4月 慶應大学病院 泌尿器科 助教
2014年4月 東京医科大学病院 泌尿器科 助教
2018年4月 東京医科大学病院 泌尿器科 助教・医長 医学博士取得
2019年5月 Cedars Sinai (アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス)にResearch fellowとして留学
2021年4月 東京医科大学病院 泌尿器科 講師

【資格】
日本泌尿器科学会 専門医・指導医
日本内分泌学会 専門医
日本ロボット外科学会 専門医 国内B級ライセンス
日本ロボット外科学会 (ダビンチ)認定医 certificate取得
泌尿器ロボット手術 プロクター認定医 手術指導医

【受賞歴・獲得助成金】
①アメリカ泌尿器科学会ベストポスター賞(2012年, アメリカ, アトランタ)
「Transurethral enucleation with bipolar versus open prostatectomy for patients with large prostate > 70cc」
②ヨーロッパ泌尿器科学会ベストポスター賞(2016年, ドイツ, ミュンヘン) 
「Impairment in Activities of Daily Living after radical cystectomy among elderly aged over 80. Assessment based on 6778 cases」
③埼玉地方会 ベストプレゼンテーション賞 (2011年)
後腹膜繊維症に対する腹腔鏡下尿管剥離術の検討
④科学研究費 2017-2018年 難治性前立腺癌に対するタキサン系抗癌剤とNFκB阻害剤を用いた新規治療戦略開発
⑤上原記念生命科学財団 海外リサーチフェローシップ 2020年 膀胱癌に対する新規免疫治療の効果予測バイオマーカーの開発
⑥佐々記念賞 「Sarcopenia as a Novel Preoperative Prognostic Predictor for Survival in Patients with Bladder Cancer Undergoing Radical Cystectomy Yosuke Hirasawa, Jun Nakashima, Daisuke Yunaiyama et al.」
⑦東京医科大学科研費フォローアップ助成金 去勢抵抗性前立腺癌に対する新規治療戦略の確立

他、著作論文多数。

ラディアル型オンライン診療対応の医療機関募集中

イシャチョクでは、予約無しでオンライン上の「仮想待合室」に入れば、診療科目毎の医師が順番に診察してくれる、ラディアル型のオンライン診療システムを提供しています。以下のボタンをクリックして、オンライン診療に対応しているクリニックを検索してみてください。