オンライン診療対応クリニック病院検索・クリニック動画紹介のイシャチョク

  • 一般会員
  • 医師会員
  • 法人会員

イシャチョク

一般
会員
医師
会員
法人
会員

最終更新日:2022年11月6日

花粉症がきっかけで果物アレルギーに?花粉症が誘発するリスクと症状を解説

こちらの記事の監修医師
アルバアレルギークリニック
続木 康伸(つづき・やすのぶ)

(画像=stock adobe.com)

花粉症が原因となって、果物アレルギーや野菜アレルギーが引き起こされることがあります。これは花粉・食物アレルギー症候群(pollen-food allergy syndrome:PFAS)と呼ばれており、近年増加しています。国や地域の植生や食文化などによって異なるリスクや、食べられなくなる食物の種類、注意すべき症状などについて解説します。

花粉症と果物アレルギー・野菜アレルギーの関係

果物アレルギーや野菜アレルギーは、花粉症が引き金となって発症するケースが多くあります。単純な表現でその仕組みを説明すると、

花粉のアレルギー成分:A、B、C、D
果物のアレルギー成分:C、D、E、F

このように、花粉と果物・野菜が持っているアレルギーを起こす成分が一部同じ構造をしているため、花粉症を患っている人の体は、同じ成分を持つ果物・野菜をアレルギー物質だと認識してしまうことがあります。これが、花粉症から果物アレルギーや野菜アレルギーが引き起こされる仕組みで、花粉・食物アレルギー症候群(pollen-food allergy syndrome:PFAS)と呼ばれています。

地域によっても異なる花粉症と果物アレルギーのリスク

花粉症の原因植物は、国はもとより地域でも大きく異なります。地域によって、飛散する花粉の種類が異なるからです。私のクリニックがある北海道では、花粉症の主な原因はシラカバです。次いでイネ科、ヨモギの花粉症が続き、近年は5~6月に飛ぶブナ・コナラの花粉症が急激に増加している印象があります。

一方で、北海道以外の地域ではスギやヒノキの花粉症が中心です。

花粉・食物アレルギー症候群(PFAS)の原因となる花粉は、シラカバが圧倒的です。シラカバ花粉症の患者の約30~50%が、花粉・食物アレルギー症候群を発症すると報告されています。次いでハンノキが約30%、ヨモギが約40%、イネ科が約20%、スギが10%と続きます。

シラカバは北海道に数多く生息し、東北の一部、中部地方にも生息しています。北海道では、シラカバ花粉症が原因で花粉・食物アレルギー症候群(PFAS)を引き起こし、リンゴや桃などの果物アレルギーになる患者数が多いということになります。一方で、東京や大阪などのスギやヒノキの花粉症が中心の地域では、その患者数は少なくなります。

世界的な花粉症患者の増加とともに、果物アレルギーも増加している

花粉症は世界中で年々増えています。日本も例外ではありません。

地球温暖化により、ヨーロッパではブタクサが、日本ではイネ科、キク科の花粉が増加しています。特にイネ科はまだ患者数が少ないものの、重症化する傾向にある印象です。

今後はますますイネ科、キク科花粉に関連した果物・野菜アレルギーが増えてくると私は思っています。

シラカバ花粉症による果物アレルギー患者の北海道の状況

このような現状は、私のクリニックが北海道にあることにも由来しています。

北海道の花粉症は東京や大阪のスギ花粉症と違い、その年によって200倍も花粉の飛散量に差があります。多くの人は、風が強い日など、たまにしか眼や鼻のかゆみが出ません。自分が花粉症であることに気が付きにくいのです。果物アレルギーや野菜アレルギーが引き起こされるまでになって初めて、「言われてみれば、毎年この時期に目や鼻が……」と自覚を持つ方がほとんどです。

このため、スギに比べてシラカバ花粉症の発症年齢は結果的に高くなります。

数年前までは、私の患者さんで花粉・食物アレルギー症候群(PFAS)を起こす方の平均年齢は、小児で11歳、成人が37歳でした。印象としては、早ければ5歳で、概ね小学校高学年~17歳くらいまでに、果物アレルギーや野菜アレルギーが引き起こされています。年齢の高さの上限はなく、90歳代でなってしまう方もいます。しかし、発症年齢は低下傾向にあると感じています。

花粉症から引き起こされやすい果物アレルギーの種類

すべての果物・野菜がアレルギーの原因になります。しかし、シラカバに関連したバラ科の果物の割合は特に高く、50%を占めます。野菜は花粉症が原因で引き起こされる割合が30%程度と低く、比較的珍しい部類に入ります。代表的なものを紹介します。

〈花粉症と関連して起こりやすい果物アレルギー〉

バラ科・・・リンゴ、モモ、ナシ、サクランボ、プラム、ウメ、イチゴなど
イネ科・・・メロン(野菜)、スイカ(野菜)、ブドウ、カキ、ライチ

ウメやイチゴの果物アレルギーは珍しいですが、イチゴは近年増えている印象です。
バラ科以外の果物では頻度は少なくなりますが、イネ科の花粉症と関連して起こりやすいアレルギーもあります。

〈野菜など他の食品のアレルギー〉

代表例・・・大豆
ほか野菜・・・レタス、サツマイモ、ニンジン、セロリ、ズッキーニ、ナス、ニンニク
スパイス・・・クミン、コリアンダー

野菜であれば、圧倒的に多いのは大豆です。しかし、あまり一般になじみのないアレルギーもあります。スパイスで多いのはクミンやコリアンダーです。居住国や地域で、果物アレルギーや野菜アレルギーを起こしやすい食べ物も大きく異なるという点に注意が必要です。

人ごとに異なる果物アレルギーの症状。国や環境にも左右される

ほとんどの果物アレルギー、野菜アレルギーが「口の中がかゆい」程度で済む一方で、果物や野菜の種類、個人の重症度や環境によっては、その限りではありません。

例えば、フランスに居住している私の妹は、花粉・食物アレルギー症候群(PFAS)のために、フランスでは食べられる野菜が限られています。果物はさほどでもありませんが、ルッコラやポロネギで強い腹痛を繰り返します。

このような軽度で済まない例は、リンゴ、モモ、ナシのようなポピュラーな果物アレルギーも同様で、当然アナフィラキシーを起こすリスクはあります。「ナシのアレルギーで気管支喘息の大発作を起こし、救急搬送される」などの事態も起こり得ます。

通説は通らない!アレルギーの症状と原因はケースバイケース

しかし、どちらかといえば、皆さんが聞いたことのない野菜アレルギーの方がひどくなる傾向があります。

ニンジンやセリによる鼻出血、ニンニクでの喘息発作、クミン・コリアンダーも高い頻度でアナフィラキシーを起こすなど、いろいろと例が挙げられます。キャベツで全身に蕁麻疹が出たり、サツマイモで痙攣したりすることもあります。

また、通説となっている「果物アレルギーや野菜アレルギーがあっても、加熱すれば食べられる」というのは、あくまでも「多くの人がそうである」というだけに過ぎません。

アレルギー成分は、加熱してもゼロにはならないと考えます。リンゴやモモを加熱しても、食べられない人は食べられません。また、大豆やネギ、ジャガイモアレルギーでは、アレルギー成分は加熱しても変化しないため、全く食べられません。

次回は、このような花粉症由来の食物アレルギーの症状や、アナフィラキシーのリスクについて解説します。

参考文献

・続木康伸. 小児と成人の花粉・食物アレルギー症候群の検討. 日本花粉学会誌. 65(1):21-24. 2019.
・続木康伸.ナシ摂取後に重篤な喘息発作を起こした1例. 小児内科. 52(5):709-711. 2020.
・長尾みずほ. 果物・野菜アレルギー. 小児食物アレルギーUP DATE. 小児科 55(5)  2014
・杉井京子、田知本寛、宿谷明紀, 他 :アレルギー 2006; 11(55), P1400-14008.
・徳田玲子、長尾みづほ、近藤真理、他 :小児における果物抗原への感作状況について.第25回日本アレルギー学会春季臨床大会 2013年5月
・ Ferna´ndez-Rivas M, Benito C, Gonza´ lez-Mancebo E, et.al :Allergies to fruits and vegetables. Pediatr Allergy Immunol 2008; 19, P675–681.
・Caballero T, Martin-Esteban M, Garcia-Ara C, et.al: Relationshi p between pollinosis and fruit or vegetable sensitization. Pediatr Allergy Immunol 1994: 5: 218-222.
・杉山剛、斎藤圭一、齋藤翔:日小ア誌 2012; 26: 251-257
・H. Teranishi, etal. Aerobiologia (2006) 22:91–95.
・佐藤広行、他. 日本花粉学会会誌. 64(1); 1-5, 2018.
・本田耕平.アレルギー・免疫 24(3):14-19, 2017.
・武内伸治.道衛研所報 63: 9-13, 2013.

この症状を治したい。記事を読んで今すぐ医師の診断を受けたいあなたへ。

イシャチョクでは、予約無しでオンライン上の「仮想待合室」に入れば、診療科目毎の医師が順番に診察してくれる、ラディアル型のオンライン診療システムを提供しています。以下のボタンをクリックして、オンライン診療に対応しているクリニックを検索してみてください。

全国のクリニックから検索したいあなたへ。

  • クリニックを探すクリニック検索

  • 病気・医療情報検索

こちらの記事の監修医師

アルバアレルギークリニック

続木 康伸(つづき・やすのぶ)

岩手医科大学歯学部卒業後に、岩手医科大学医学部卒業
札幌徳洲会病院アレルギー科医長、北海道教育庁健康保健体育局アレルギー疾患教育担当などを歴任
2017年に札幌徳洲会病院アレルギー科医長に就任
2020年にアルバアレルギークリニックを開院

ラディアル型オンライン診療対応の医療機関募集中

イシャチョクでは、予約無しでオンライン上の「仮想待合室」に入れば、診療科目毎の医師が順番に診察してくれる、ラディアル型のオンライン診療システムを提供しています。以下のボタンをクリックして、オンライン診療に対応しているクリニックを検索してみてください。