オンライン診療対応クリニック病院検索・クリニック動画紹介のイシャチョク

  • 一般会員
  • 医師会員

イシャチョク

一般
会員
医師
会員

最終更新日:2022年7月6日

てんねんとう(とうそう)天然痘(痘そう)

こちらの記事の監修医師
TMG宗岡中央病院
小室 哲也

天然痘(痘そう)

概要

痘そうとは、天然痘ウイルスによる感染症です。別名天然痘とも呼ばれることもあります。天然痘ウイルスの特徴としては非常に感染力が強いことなどがあげられます。世界中で多くの死者を出したパンデミックが起こった歴史があります。1980年に世界保健機関(WHO)によって痘瘡根絶宣言が発表されたため、一般の人が感染することは基本的にありません。

原因

天然痘は、天然痘ウイルスへの感染により発症します。感染すると口の中や咽頭に皮疹ができます。この皮疹から天然痘ウイルスが唾液飛沫となって体外へ排出されます。そして、この飛沫を他者が吸い込むことで感染します。また、飛沫からだけではなく、ウイルスが付着した衣類やリネン類から舞い上がったウイルスからも、それを吸い込むことでも感染すると考えられています。

症状

重症型の症状は感染の7~17日後に現れます。39℃以上の高熱、頭痛、背部痛、倦怠感、嘔吐が生じます。さらに、重度の腹痛が生じたり、せん妄に陥ることがあります。その後、いったん熱が下がりますが、2~3日後に、赤い斑点状の平坦な発疹が顔や口の中に現れます。それからすぐに、発疹は体幹に広がり、次に手と足に広がります。強い痛みや灼熱感を伴う斑状の皮疹です。 皮疹は、皮膚の盛り上がった斑状の丘疹と呼ばれる症状から始まり、経過とともに水疱と言われる水ぶくれとなります。さらに水疱の内容物が膿となる膿疱と呼ばれる状態を形成した後にかさぶたとなって治癒するという経過をたどります。さらに、皮疹が水疱になる頃にいったん下がっていた熱が再び上昇するのが天然痘の特徴です。発疹が現れるまでは、ほかの人に感染することはなく、発疹が出てから7~10日間が最も感染力が高い時期です。また、肺や脳、骨に感染することがあります。天然痘にかかった人の多くの場合は発症後2週目に亡くなり、約30%が死亡します。少数の重症型の患者では、より強い初期症状が早期に現れます。さらに、数少ない事例ではありますが、出血性の天然痘では出血が生じます。わずか数日で、皮膚、粘膜、消化管に出血が起こり、ほとんどの場合、5~6日で死に至ります。治った人には、外観を損なうほどの大きなあとが残ることがあります。重症でない型は重症に比べはるかに少ないが、似た症状が出るものの軽症です。発疹がみられる範囲も狭く、死亡率は1%未満です。治癒後に落ちたかさぶたにも強い感染力があります。さらに、敗血症や肺炎、脳炎などを合併することがあり、それらの合併症が死因となることも少なくないため予後の注意が重要です。

検査・診断

この病気に特有の斑点が、特に天然痘が流行している時期に現れた場合は、天然痘が疑われます。天然痘の診断は、血液や唾液、水疱や膿疱からサンプルを採取して天然痘ウイルスの遺伝物質(DNA)を検査します。サンプルを顕微鏡で調べたり、検査室に送ってウイルスを増殖させる培養検査を行う場合もあります。また、PCR法と呼ばれる方法で遺伝子検査を行ったりすることで、ウイルスの存在を確認します。それらの検査により天然痘ウイルスが確認されれば診断が確定します。ただし、国内において、PCR法が行える医療機関は限られています。

治療

天然痘に対する特別な治療法はありません。ただし、感染してから4日以内であればワクチンが効果を発揮すると言われています。ワクチンにより、発症や発症したとしても、重症化を防ぐことが可能になります。その他の発症後の天然痘の治療は、支持療法です。脱水補正・水分補給や疼痛症状の緩和、呼吸補助(フェイスマスクによる酸素供給など)、血圧維持のための治療などを行います。

予防/治療後の注意

天然痘の脅威には予防接種で対処するのが最も有効です。しかし、1980年にWHOが痘瘡根絶宣言を発表してから、世界でも痘瘡患者は発生しておらず、一般的に広く予防接種を行うことはなくなりました。そして、疑わしい症状がある人は、隔離することで感染の拡大を防ぎます。隔離された人と接触した人は、隔離は行われませんが、感染症の最初の兆候が現れたらすぐに対応(隔離)できるように、注意深く観察する必要があります。

こちらの記事の監修医師

TMG宗岡中央病院

小室 哲也

〇病院名 :TMG宗岡中央病院
〇医師  :小室 哲也
〇アクセス:埼玉県志木市上宗岡5丁目14−50
〇診療科 :総合内科

【経歴】
2004年埼玉医科大学卒業。
総合内科専門医、循環器専門医、集中治療専門医の3つの専門医資格もっており、現在は内科を中心とした総合診療行っている

治療に適した診療科目

感染症内科 内科

感染症内科、内科のおすすめクリニック