オンライン診療対応クリニック病院検索・クリニック動画紹介のイシャチョク

  • 一般会員
  • 医師会員

イシャチョク

一般
会員
医師
会員

最終更新日:2022年7月6日

のろういるすいちょうえんノロウイルス胃腸炎

こちらの記事の監修医師
医療法人若葉会 六甲病院
光齋 久人

ノロウイルス胃腸炎こども

概要

ノロウイルス感染症はノロウイルスによって引き起こされ、嘔吐や下痢、発熱などの胃腸炎様症状が出現します。感染力が非常に強く、こどもの場合、幼稚園や学校などで集団感染を引き起こす可能性もあります。嘔吐や下痢などの消化器症状が強く、中には脱水症状を伴う症例もありますが、症状は数日から1週間程度で収まる場合が多く、基本的には水分補給や栄養補給のみで経過観察となります。こどもの場合には、特に水分補給に注意する必要があり、水分や電解質などを効率的に吸収できる経口補水液(OS-1など)を使用するのがおすすめです。家庭内での感染にも十分な注意が必要であり、こどもの世話をする両親や兄弟にも感染が拡大してしまうことがあります。

原因

ノロウイルスはカキなどの二枚貝に多く含まれているウイルスであり、胃腸炎を引き起こすウイルスとして知られています。感染経路は経口感染であり、感染者の吐物や糞便中に含まれるウイルスが手指を介して経口的に体内に取り込まれることで感染が成立します。トイレのドアノブなどにウイルスが付着している場合も多く、トイレの中で手を洗っても、その後ドアノブに付着しているウイルスによって感染するということもあります。また、ノロウイルスはエンベロープをもたないウイルスであるため、一般的にアルコール消毒剤が効きにくいことが知られています。石鹸と流水による物理的な洗浄を心がけましょう。学校などでこどもが嘔吐をしてしまった場合には、ウイルスが大きく飛散する懸念があります。吐物処理時に部屋の換気も行うなど、感染対策に関する正しい知識をもって対応することが大切です。

症状

ノロウイルスの主な症状は、激しい下痢や嘔吐などの消化器症状です。発熱を伴う場合もありますが、比較的熱は軽度であることが多いです。また、ウイルスの潜伏期間は24~48時間と言われており、早期に感染が拡大するという特徴があります。経過観察のみでも症状が軽快する症例が多い一方、こどもや高齢者では脱水症状に十分注意する必要があります。

検査・診断

ノロウイルスには特異的な抗原検査キットが存在します。しかし、保険適応範囲に制限があり、3歳未満・65歳以上の人や悪性腫瘍などで免疫が低下している人にしか用いることができません。一般的には、臨床症状や地域的なウイルスの感染状況などから総合的に判断して臨床診断されます。

治療

ノロウイルス胃腸炎に対する特異的な治療薬はありません。水分補給と栄養補給で経過観察が行われるのが一般的です。受診時に脱水症状がみられる症例に対しては、点滴薬などを用いて治療を行う場合もあります。対症療法が治療の基本であり、発熱などが認められる場合には解熱薬が使用されることもあります。下痢止めの使用はウイルスの排泄を遅らせ、症状を遷延・増悪させる可能性があるため注意が必要です。

予防/治療後の注意

ノロウイルスはカキなどの二枚貝に含まれていることがあるため、予防には十分な加熱が重要です。ノロウイルスはアルコールに耐性があるため、石鹸と流水で手を洗う習慣をつけておくことも大切です。

こちらの記事の監修医師

医療法人若葉会 六甲病院

光齋 久人

〇診療科 :医師 医学博士(感染症疫学)
〇アクセス:兵庫県神戸市灘区土山町5-1 医療法人若葉会 六甲病院

【経歴】
2007年 東北大学医学部入学。
2011年 同大学院に編入するMDPhDコースへ 特別進学。
フィリピンにおける小児肺炎の疫学研究で、2015年博士号(医学)取得。
在学中、(株)アカツキにて新規事業立ち上げを行う。
医学部に復学し、2018年医師免許取得。
水戸協同病院での初期研修の傍ら、 東北大学、 東北メディカル・メガバンク機構 
分子疫学分野非常勤講師、大学発ベンチャー (株)S’UIMINのコンサルタントなどを併任。
現在は医療法人若葉会 六甲病院にて緩和ケア内科に所属。

治療に適した診療科目

感染症内科 内科

感染症内科、内科のおすすめクリニック